IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

さいですかとは?言葉の意味や使い方についてわかりやすく説明

更新日:2022年07月21日

言葉の意味

さいですかという言葉の意味や使い方をご存じでしょうか。本記事では、さいですかの持ち合わせている意味や、正しい使い方を解説しています。併せて、類語や使うときの注意点も説明しています。言葉の意味を知りコミュニケーションの幅を広げたい人は、ぜひ読んでみてください。

「さいですかという言葉の正しい使い方を知りたい」 「アニメを見ていたら『さいですか』というセリフがあったんだけど、どのような意味があるの?」 「さいですかは、どのような人に対しても使えるの?」 このように、「さいですか」という言葉に対して、使い方や意味にさまざまな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。 本記事では、さいですかの基本的な意味や類語、使うときの注意点を解説しています。併せて、言葉の正しい使い方を2つの例文を用いて、わかりやすく説明しています。 本記事を読むことで、さいですかの示す意味をくわしく理解でき、相手に誤解のない正しい使い方ができるようになるでしょう。 言葉のスパイスを増やし、コミュニケーション能力を高めたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「さいですか」の意味

「さいですか」とは、「そうですか」の意味を持つ砕けた表現です。主に雑談の中で用いられ、言葉に含みを持たせます。 そうですかは、「なるほど」の丁寧表現で、相手の話を肯定するときなどに使います。一方、さいですかは、自分が呆れていることや興味がないことを相手に伝える言葉です。このように、2つの言葉はニュアンスに違いがあるため、使い分けに注意が必要となるでしょう。

「さいですか」の使い方と例

さいですかという言葉は、そうですかを投げやりにした表現です。相手に興味・関心がないことを伝えるときや、相手に対して呆れている様子を表すときに使うとよいでしょう。 ・「合コンで自分の特技をアピールしたが、相手は『さいですか』の一言だけだった。おそらく脈はないだろう」 ・「妹がまた同じような服を買って失敗したと言ってきたので、『さいですか』と答えた」 最初の例文は、合コンの相手は自分に興味がないことを悟り、ガッカリしている様子を表しています。もう1つは、同じような失敗を繰り返す妹に対して呆れている例文です。

「さいですか」はどこかの方言?

さいですかには、どこの方言という明確な根拠がありません。しかし、多くの人が「さいですかは関西弁」と主張していることから、関西の方言の可能性が高いといえるでしょう。 また、さいですかの語源は「左様(さよう)ですか」という言葉です。左様ですかは、そうですかの丁寧表現でビジネスシーンでも活用できます。「左様ですか」が「そうですか」と変化して、最終的に「さいですか」になまったといわれています。 ちなみに、「左様ならば」という言葉は、「さようなら」という挨拶の語源です。さいですかと同じような語源の言葉として、知識の泉に加えておきましょう。

「さいですか」の類語

ここからは、さいですかの類語を2つ紹介します。さいですかは、相手への返事として使う砕けた表現のため、どちらの類語も少しフランクな印象です。それぞれの類語が持つニュアンスを理解して、相手に失礼のない使い方をしましょう。

「そうでっか」

そうですかの「ですか」を言い換えた言葉が、「そうでっか」です。言葉の意味合いの1つに、呆れや関心のないことが含まれるため、さいですかの類語といえるでしょう。 そうでっかという言葉は、相手を少しからかうようなニュアンスを持ち合わせています。しかし、相手との関係性によっては、会話の中での冗談として取り入れることが可能です。

「さようでっか」

「さようでっか」は、「左様ですか」が関西訛りに変化したもので、さいですかの言い換え表現です。さいですかが持つような「呆れ」や「興味がない」といった要素は薄く、言葉にユーモアを持たせるようなニュアンスになります。

「さいですか」を使うときに気をつけたいこと

さいですかという言葉は、会話の切り替えや区切りとしての役割を持ちます。しかし、会話を楽しんでいる最中に話をさえぎってしまうと、相手が不愉快になる可能性があるため注意が必要です。また、目上の人との会話やビジネスシーンでは、失礼な印象を与えるため使えません。 さらに、自分が冗談として放った言葉だとしても、そのことを相手が理解していなければ誤解やトラブルに発展する場合があります。さいですかを使うときは、前後に続く言葉や話す表情を意識して、冗談であることを相手にアピールすることが大切です。

言葉の意味を知って正しく使おう

次のページ
初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング