IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男の子にセンスのいい名前を付けよう!名付けのポイントを紹介!

更新日:2022年11月21日

名前

この先一生使い続ける大切な我が子の名前。どのように決めたらよいか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。本記事では、男の子にセンスのいい名前を付けるポイントや具体的な名前を紹介しています。これから男の子が生まれてくる予定のある方はぜひ参考にしてください。

龍馬(りょうま)利通(としみち)慶次(けいじ)
信長(のぶなが)大(まさる)歳三(としぞう)
光秀(みつひで)栄一(えいいち)宗一郎(そういちろう)
隆盛(たかもり)英世(ひでよ)秀吉(ひでよし)
勇(いさみ)博文(ひろふみ)家康(いえやす)

【双子編】男の子に付けるセンスのいい名前

ここからは双子の男の子に付けるセンスのいい名前を紹介します。 双子の名前で人気のある名付け方は語尾を揃えることです。 統一感があり双子らしく仲が良さそうな印象があります。 しかし、双子といっても別々の人間なので語尾で選びたくはないという考えの方もいるのではないでしょうか。 それぞれの個性をいかしながら、統一感を持たせる方法としておすすめなのが、名前のジャンルを揃えるという方法です。 例えば天気だと「晴」と「虹」、花だと「桃」と「桜」など、それぞれの個性をいかしながら統一性のある名前を作ることができます。 そして双子の男の子にセンスのいい名前を付ける際は、区別のつく名前にすることと、不公平感が出ないように注意しましょう。 なぜ双子の名前を付ける時に語尾を揃える人が多いのかというと、似た響きの名前でも区別がつきやすいからです。 似た響きにしたいなら「ゆうた」と「ゆうじ」のように名前の前側を揃えるという方法もありますが、このような場合だと略称はどちらも「ゆうちゃん」になってしまいます。 名前の前側は略称にした時呼ばれやすく、統一すると区別がつきにくいため、気を付けるようにしましょう。 双子に限らず兄弟でも言えることかもしれませんが、名前の由来や画数に不公平感が出るのはよくありません。 一方は簡単な漢字なのに、もう一方はこだわりある複雑な漢字であったり、一方はきちんと由来があるのに、もう一方はなんとなく付けたりするなどした場合は、子どもとしても周囲からしてもあまりよい印象を持たないでしょう。 双子は特に名前を見比べられることが多いので、揃って見た時のバランスを意識して名付けることが大切です。

空翔(くうと)海翔(かいと)大悟(だいご)彰悟(しょうご)
大河(たいが)洸河(こうが)響(ひびき)奏(かなで)
朝陽(あさひ)夕陽(ゆうひ)和(かず)拓(たく)
碧(あおい)翠(みどり)桔平(きっぺい)徹平(てっぺい)
準也(じゅんや)俊也(しゅんや)健太(けんた)優太(ゆうた)

名付けで気を付ける3つのポイント

ここまで紹介したものにも注意すべきことはありましたが、ここからはどんな名付けをする際にもぜひ気をつけたいポイントを紹介します。 これから生まれてくる男の子にセンスのいい名前を付けるため、後悔することがないようにしっかりと注意点を押さえておきましょう。

1:漢字の意味

響きや読みで名前を決めた時におこりがちなことですが、名付けた漢字が縁起の悪いものや、悪い印象のあるものである場合があります。 「冥」「邪」「哀」「枯」などは人名漢字に含まれており、実際に名前の中に入っているという人もいる漢字ですが、死や衰退を連想させるマイナスで暗いイメージを持つ漢字です。 このように人名漢字に含まれていながら、よくない意味を持つ漢字は複数存在します。 読みばかりに重きを置かず、漢字の持つ意味もきちんと考えて名付けをするようにしましょう。 また、漢字というのは組み合わせによって違う意味を持つこともあります。 例えば「里子(さとこ)」と付けたはずが里子(さとご)と読めてしまったり、「達磨(たつま)」と付けたのに達磨(だるま)と読まれてしまったり、なぜわざわざその名前にしたのかと思われてしまうので、漢字の組み合わせも意識するようにしましょう。

2:姓名判断

姓名判断に根拠はありませんし、絶対に画数を意識すべきというわけではないので、気にしないという意見があってもいいと思いますが、親が子どもに縁起のよい名前を付けてあげたいと思うことはとても素敵なことです。 姓名判断は書籍やインターネットなどで簡単に占うことができるので、興味があるという方はぜひお試しください。 使いたい漢字がどうしてもいい結果にならないという場合は、漢字の組み合わせを変えたり、漢字を二文字や三文字に変えたりして画数を調整することがおすすめです。 姓名判断には様々な流派があるため、複数の場所で占うと何に従うべきかわからなくなってしまいます。 ここぞと決めた場所で占うようにしましょう。

3:苗字との相性

センスのいい名前を付ける時は苗字との相性を考えることも大切です。 名前と苗字に同じ漢字もしくは同じ部首や字形が入っていないか、苗字と名前を組み合わせた時に違う意味を持つ漢字になってしまわないかなど注意しましょう。 またここまででも紹介してきましたが、苗字と名前の漢字の画数や文字数のバランスが悪いと、全体的にごちゃごちゃしたり寂しい印象になったりしてしまいます。 苗字と名前の境がわかりづらい名前も、読み手に間違えられてしまうことがあるため気を付けましょう。 名付けをする際は必ずフルネームで書いて、苗字と見比べるようにしてください。

将来本人が喜ぶようなセンスのいい名前を付けよう!

次のページ
初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング