IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男の子にセンスのいい名前を付けよう!名付けのポイントを紹介!

更新日:2022年07月21日

暮らしの知恵

この先一生使い続ける大切な我が子の名前。どのように決めたらよいか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。本記事では、男の子にセンスのいい名前を付けるポイントや具体的な名前を紹介しています。これから男の子が生まれてくる予定のある方はぜひ参考にしてください。

「男の子にセンスのいい名前をつけたい!」 「センスのいい名前ってどんな名前なの?」 「男の子の名前を決める時のポイントはある?」 子どもの名前は家族が我が子に初めて送る、一生モノのプレゼントです。 とても大切なものだからこそ、素敵なものをあげたくて頭を抱えてしまう人も多いのではないでしょうか。 本記事では、男の子にセンスのいい名前を付ける際のポイントや、具体的な名前を決め方別に紹介しています。 この記事を読むことで、名付けのポイントや沢山の名前を知ることができ、これから生まれてくる男の子にセンスのいい名前をプレゼントすることができるでしょう。 男の子にセンスのいい名前を付けたい、センスのいい名前の候補を沢山用意しておきたいという方はぜひ参考にしてください。

センスのいい男の子の名前にはどんなものがある?

センスのいい男の子の名前はどのように決めればよいのでしょうか。 センスのいい名前といっても好みやセンスは人によって違います。 まずは名前の響きや雰囲気、生まれた季節や偉人にちなんだ名前など、子どもの名前を決めるうえで大切にしたい由来を決めましょう。 それらを軸にして、漢字の意味や画数、苗字とのバランスなどを考えていきます。

【パターン別】男の子に付けるセンスのいい名前

ここからは男の子に付けるセンスのいい名前を紹介していきます。 雰囲気や文字数、季節や響きなど由来の軸になるものから具体的な名前を紹介していくので、ぜひこれから生まれてくる男の子の名前を決める際の参考にしてください。 また、明確に付けたい名前の由来が決まっていないという方も、具体的な名前を見ていけば理想のものが見付かるかもしれません。 紹介している名前の漢字はほんの一例なので、ご自身のお好きな漢字やご家庭の雰囲気に合わせて想像してみてください。

【読み方編】男の子に付けるセンスのいい名前

男の子の、響きがよくセンスのある名前にはどのようなものがあるのでしょうか。 これから一生呼ばれていく名前なので、つい口に出してしまいたくなるような響きのいい名前を選ぶのも素敵です。 響きのいい名前は可愛らしい印象になるものが多いです。 男の子なのでかっこいい雰囲気の名前がいいという方は漢字をこだわって付けるとよいでしょう。 そのまま柔らかく愛らしい雰囲気を大切にしたいという場合は、漢字ではなく平仮名の名前にするのもおすすめです。 ここでは男の子に付ける響きがよくセンスのいい名前を紹介します。

伊緒(いお)燈斗(ひと)玲央(れお)
羽衣(うい)雅玖(がく)聖夜(のえる)
緒斗(おと)奏多(かなた)那緒(なお)
慶(けい)隆(りゅう)凛玖(りんく)
詩音(しおん)楓真(ふうま)千隼(ちはや)
朝陽(あさひ)実智(みち)瑠衣(るい)
陽(はる)真優(まひろ)里音(りおん)
青空(そら)優心(ゆうしん)楓吾(ふうあ)
壱沙(いっさ)裕(ゆう)由沙(ゆさ)
叶愛(とあ)玲(れい)善(ぜん)

【文字数編】男の子に付けるセンスのいい名前

自分の名前を文字として見る時は、平仮名よりも漢字で見ることのほうが多いのではないでしょうか。 また苗字の文字数によって名前の文字数をこだわりたいという方もいると思います。 ここからは漢字の文字数別に男の子に付けるセンスのいい名前を紹介します。

一文字

漢字一文字の名前は、漢字の持つ雰囲気や意味が伝わりやすく、シンプルで覚えてもらいやすいのが特徴です。 漢字一文字の名前を付ける際は、難しい読みにしないことと、苗字とのバランスを考えるということに注意しましょう。 漢字には沢山の読み方があります。 漢字が二文字以上だと他の漢字の読みがヒントになり、読み間違えられることは少なくなりますが、一文字だと他にヒントがないため、相手によっては違う読み方をされてしまうかもしれません。 例えば「昌」という名前ですが、あなたはどのように読みますか。 実はこの漢字、名前だと「あき」「あきら」「しょう」「まさる」「まさし」など様々な読み方ができます。 このように漢字一文字だと、読めるけどどれで読むのかわからないという状況になってしまうのです。 また、苗字の画数が少ない場合に名前も画数の少ない漢字にしてしまうと、寂しい印象になってしまいます。 苗字も名前も画数が多いと今度は混雑した印象になるため、漢字一文字の名前にする時は、苗字の文字数や画数とのバランスに気を付けるようにしましょう。

尊(たける)幹(つよし)歩(あゆむ)
陸(りく)暖(だん)陽(はる)
蓮(れん)圭(けい)律(りつ)
葵(あおい)空(そら)翔(しょう)
蒼(あお)涼(りょう)楓(かえで)
誠(まこと)仁(じん)智(さとし)
玲(れい)岳(がく)樹(いつき)
俊(しゅん)昴(すばる)和(やまと)
想(そう)佑(たすく)周(しゅう)
洋(よう)輝(ひかる)瑞(みずき)

二文字

次のページ:【雰囲気編】男の子に付けるセンスのいい名前
初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング