IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

名前に使わないほうがいい漢字一覧を紹介!素敵な名前を付けよう!

更新日:2022年11月21日

名前

名前に使わない漢字はどのようなものがあるのか、興味がある方もいるでしょう。本記事では名前に使用しないほうがいい漢字、名前を付ける時に知っておくべき事などを紹介していきます。これからパパやママになるという方は、ぜひ参考にしてください。

ゆっくり時間をかけて考える

子供の名前は一生を左右するものです。これから生まれてくる大切な我が子のために、ゆっくり時間をかけてどのような漢字にするか考えましょう。 名前に使用できる漢字は、先ほど紹介したとおり、字人名漢字、常用漢字あわせて約3,000字と膨大です。その中から「これだ」と思える字を見つけることは、思っていたよりも時間がかかる可能性があります。 ある程度名付けには時間がかかることを見越しておくことが大切です。赤ちゃんが生まれてからは慌ただしく、ゆっくり名前を決める時間を取れないこともあるでしょう。 生まれた日を含めて14日以内に出生届を役所に提出しなければなりません。その時までに、名前を決めておく必要があります。 できれば、安定期に入り性別が分かった辺りから、込めたい願いやイメージ、名前の響き、気に入った漢字など、少しずつでも検討する方向で動いてみてください。 出典:赤ちゃんが生まれたら|京都市情報館 参照:https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000246639.html

社会性を考慮する

子供の名前は、自分たち保護者が気に入れば良いというものでもないでしょう。生まれてくる子供の将来を考えると、読みやすさ、書きやすさなど、社会性を考慮する必要があります。 生きていると名前で呼ばれる機会は多々あります。その度に、読みにくい漢字にしてしまうと「なんという名前ですか?」と聞かれたり、読み間違えて呼ばれてしまったりすることが増えてしまいます。 当て字など、一般的に読まない読み方で漢字を使用してしまうと、社会性として問題がある名前になる可能性が高いでしょう。その子が大人になって時、「嫌だな」「恥ずかしいな」と思わない名前かという点も重要です。 また、画数が多い名前や、複雑な部首やつくりの漢字にすると、名前を書く時に時間がかかってしまい、誰かに名前を書いてもらう際に間違えて書かれることも増えてしまいます。 口答でも、名前の漢字を説明する機会はあるため、一般的に目にする機会が少ない漢字も止めたほうが良いでしょう。

名前に使わないほうがいい漢字を知って素敵な名前を付けよう

名前に使わないほうがいい漢字について紹介しましたが、子供の名付けの参考として知識が深まったでしょうか。名付けはその子の一生を左右すると思って、慎重に考えましょう。 もしも将来、子供が名前を変更したいと思ってもそう簡単にはできません。家庭裁判所の許可が必要になり、名前の変更は簡単にはできません。 本記事を参考に、悪い意味や運気が下がってしまう漢字など、名前に使わないほうがいい字を知った上で、素敵な名前を付けましょう。 子供がどのように育っていってほしいか、名前にどんな願いを込めたいかなど、イメージを膨らませて我が子に相応しい名前や漢字を見つけてみてください。 出典:名の変更許可|裁判所 参照:https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_06_20/index.html

初回公開日:2022年07月20日

記載されている内容は2022年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング