IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

得手不得手の意味と使い方|由来・類語・対義語・例文や英語も紹介

更新日:2022年06月23日

言葉の意味

「得手不得手」という言葉がよく分からず困っている人は多いのではないでしょうか。この記事では、意味・読み方・使い方についてを大きく8つの項目に分けてご紹介しています。分かりやすい表現で説明していますので、ぜひ最後まで読んでビジネスシーンなどで役立ててください。

「得手不得手ってどういう意味?」 「得手不得手の読み方が分からない、でも誰にも聞けない」 など、意外とこの言葉の意味や読み方について知らない人が多いのではないでしょうか。 確かに、普段家族や友人との会話ではあまり使うことのない言葉です。しかし、ビジネスシーンにおいては時々耳にすることがあるでしょう。 特に採用試験の面接や初対面の取引先など、大切なシーンほどチャンスを台無しにしないように、この言葉について正しく理解しておきたいものです。 この記事では「得手不得手」という言葉の意味・読み方も含め、あなたに役立つポイントを8つの項目で詳しく説明していきます。 正しく理解することで、あなたのビジネスにすぐに活かしていけることでしょう。 ぜひ、この記事を最後まで読んでみてください。

得手不得手の意味とは

さて、ここからは「得手不得手」について次の3つの項目に分けて考えていきます。この項目について理解ができれば、あなたもすぐに正しい使い方ができるようになるでしょう。 普段使わない言葉を意識して使ってみることは、語彙力を養うためのとても良い方法です。 ぜひ興味を持って読んでみてください。

得手不得手の意味

では早速、得手不得手の意味について説明します。 「得手」は得意とすること、「不得手」は不得意とすることを意味します。自信を持って上手くできることと、そうでないことという意味です。 「得手不得手」は「得意不得意」「向き不向き」という言葉で言い換えることもできます。しかし大人同士の会話、特にビジネスシーンでは「得手不得手」の方がふさわしいでしょう。

得手不得手の読み方

「得手不得手」の読み方をあなたは知っていますか。「えてふえて」と読むのですが、 技芸など得意わざを「えてに入る」と言い表すことが所以と言われています。 「とくしゅふとくしゅ」ではありませんので、うっかり間違えないように覚えておいてください。大切なビジネスシーンで恥をかかないように、普段から読めない漢字はすぐに調べ、間違えないように気をつけましょう。

得手不得手の由来

「得手不得手」の言葉の由来についてご紹介します。 元々、猿を擬人化して「エテ公」と呼んでいたことが発端です。「勝る」「優る」と「真猿」をかけて、他より優れていることがらを「得手」と呼ぶようになったのです。 頭に打ち消しの意味の不をつけて他よりも劣ることがらや、得意ではないことがらを「不得手」と呼ぶようになり、「得手不得手」という言葉ができました。

得手不得手の類語

「得手不得手」の類語には前述した「得意不得意」や「向き不向き」などがあります。 相手によって使い分けるのも一つの方法です。例えば、ビジネスシーンで上司や年長者と話す場合は「得手不得手」を使用し、若い方との会話では「得意不得意」「向き不向き」を使用すると、相手にも理解しやすく会話がスムーズに行えるでしょう。 「不得意」の類語には「下手」「拙い」などもあります。

「不得手」と「不得意」・「苦手」の違い

次のページ:得手不得手の使い方
初回公開日:2022年06月23日

記載されている内容は2022年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング