IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャッチ−の意味とは?使い方や例文と類義語・対義語もあわせて紹介

更新日:2022年06月17日

言葉の意味

キャッチーの意味はと聞かれたら返事に困る人も多いでしょう。この記事ではキャッチーの意味や使い方、類義語などを解説していきます。使用例をみながら言葉の理解を深めましょう。語彙を広げたいと考えている人は参考にしてみてください。

「キャッチーな曲ってどんな曲?」 「クライアントにキャッチーなネーミングって言われたけど、イメージがわかない」 「私のキャッチーの使い方って合っているのかな?」 耳慣れたキャッチーというフレーズですが、いざ自分で使おうと思うと正しく使えるか不安になる人も多いでしょう。 この記事では、キャッチーの意味とともに使い方や類義語・対義語もまとめて紹介していきます。使い方ごとに例文もあげているため、具体的なイメージが持ちやすくなるでしょう。 正しく意味を理解すると、正しい使い方ができ、自分の思いを上手く相手に伝えられます。相手が使用した時も、相手の伝えたいことが分かるようになるでしょう。 正しく日本語を使ってよりよいコミュニケーションをとりたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「キャッチー」の意味

キャッチーとは「魅力的で、心に留まりやすいさま」という意味です。パッと見ただけ、聞いただけで心に残るような音楽や言葉、映像に使われます。好印象な場合に使うことが多いです。

「キャッチー」の語源と由来

語源は、英語の「catchy」で、「人気になりそうな、惹きつけそうな、受けそうな」といった意味です。「catchy」は捕まえるという意味の英語「catch」が由来になります。

「キャッチー」の使い方と例文

ではキャッチーの使い方を、一緒に使われやすい言葉ごとに説明していきます。それぞれで例文も紹介していくので、言葉のイメージを正しくつかむために参考にしてください。

キャッチーな言葉

印象的で心に残る言葉に対して使います。例文は次のようになります。 以前講演会で聞いたキャッチーな言葉が今でも忘れられないでいます。 とても印象的な話を聞けたことが伝わります。

キャッチーなフレーズ

心に残る心地いいリズムの言葉に対して使います。言葉よりフレーズといった方が、リズムがいい印象になるでしょう。例文は次のようになります。 彼の歌詞はとてもキャッチーなフレーズで大流行しました。

キャッチーな絵

印象的で惹きつけられるような絵に使います。絵の個性がはっきりしていて伝わりやすいときも当てはまるでしょう。 この広告はキャッチーな絵を多く用いて、消費者に印象を強く残しています。

キャッチーなネーミング

次のページ:「キャッチ−」の類義語
初回公開日:2022年06月17日

記載されている内容は2022年06月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング