IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】眼鏡業界の現状・動向・課題について

更新日:2022年06月02日

就活の業界・企業研究

眼鏡業界では、平成16年から19年にかけては若干の市場規模アップがありましたが、平成19年から平成21にかけて市場規模は減少傾向に転じました。平成21年から24年までの間は市場規模が横ばいに。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

見出し1:眼鏡業界の現状眼鏡業界の現状

一時期はコンタクトレンズやレーシックによって眼鏡業界全体が押され気味の状態でしたが、最近では「眼鏡男子」「眼鏡女子」などの言葉が生まれたように、ファッションの1部として認識されつつあります。

消費者の間でも、眼鏡をファッションとして認識する人が増えており、形や色、材質などにおいてこだわりを見せ、複数の眼鏡を購入する人が増えています。いまでは、コンタクトレンズやレーシックの影響は徐々に少なくなっており、これから眼鏡業界全体として明るい兆しが見え始めています。

眼鏡業界の業界研究をする上で、社会とのつながりや、ファッションの動向などを調べることが必要不可欠です。

現状1:基本情報

平成21年では、リーマンショックに伴う個人消費の落ち込みや慢性的な需要の低迷などを原因として、眼鏡業界を構成する多くの会社は業績の低迷に苦しみました。その事実として象徴的なのが、大手5社の中で4社が最終赤字を記録してしまったことです。

しかし、この苦境はそう長く続きませんでした。また、リーマンショックの影響が徐々に薄れてきて、眼鏡業界内で個人消費の回復が出始めました。また、新しい企業もたくさん出てきて、ファッションセンスに富んだ様々な眼鏡が発売されることになりました。その象徴と言えるのが「JINS」です。

独自のSPA方式を武器にして、競合他社と比較してリーズナブルな価格帯を実現。最近では機能性を重視して独自に開発した眼鏡がヒットしました。パソコン用眼鏡『JINS PC』は、1年半で累計約150万本を販売しました。また、花粉症対策眼鏡など、これまで眼鏡業界にはなかった様々な用途の眼鏡を開発。世代を問わず多くの人から高い支持を得るようになっていきました。

今は、一時期のブームが落ち着いて業績は安定期に入っています。しかし、現在も眼鏡業界を牽引する様々な戦略を通じて、着実に成長し続けています。

現状2:業界シェア有数3社

「眼鏡の三城」という言葉は現在の社会で浸透しています。大規模な路面店を多く展開しており、眼鏡を初めてつける人、眼鏡を買うだけではなくサービスを重視する人から高い支持を獲得しています。業績も安定しており、眼鏡業界内では盤石な経営基盤を持つ会社として知られています。

「JINS」という名前で知られるブランドの眼鏡を開発している会社です。若者を中心にシェアを着実に広げており、だて眼鏡を購入する人も少なくありません。

また、バリエーション豊富な眼鏡が女性の心を確実に捉えて、若い女性の市場を開拓することに成功しています。加えて、前述したように機能的な眼鏡を多く開発しており、働く人々や花粉症に悩む人から高い支持を獲得しています。

テレビCMでもおなじみ、「眼鏡の愛眼」という言葉で有名な企業です。幅広い年代から支持を獲得しており、品質の高い眼鏡を提供する会社として認知されています。会社自体の歴史も非常に長く、眼鏡業界を長く支えてきた会社として業界内でも確固たる地位を確立しています。

現状3:平均年収有数3社

眼鏡業界における老舗企業です。長く続けることで形成した経営基盤は、経済の変化などをしっかりと受け止め、会社を守ってきました。平均年収も業界内で有数に立ちます。

若者から大きな支持を獲得。それを通じて盤石な経営基盤を確立することで、高い平均年収だけでなく、将来性に魅力を感じて入社する学生もいます。また、会社自体の雰囲気も非常に活発で、眼鏡業界のイメージを変える企業として大きな期待を集めています。

次のページ:業界の動向

アクセスランキング