IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】玩具/おもちゃ業界の現状・動向・課題について

更新日:2020年11月06日

就活の業界・企業研究

玩具業界の推移をみると、平成17年から平成19年までは業界規模は着実に増加していました。しかし、平成19年以降になると、各社ともに業績が減少する傾向を見せ始めていきました。特に家庭用ゲームについては、世の中の人たちのゲーム離れが進むと同時に、スマートフォンゲームの台頭などが影響して、玩具業界全体にも大きな影響を及ぼすようになりました。中でも有名なのが、任天堂の業績不振です。任天堂は平成19年ごろまでは「Wii」の売り上げが好調でしたが、が一巡したことで業績が伸び悩むようになりました。他の会社も同様で、現状を打破するために新たなゲーム機を立て続けに発売したのですが、苦戦を強いられています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

玩具業界の現状

玩具業界の推移をみると、平成17年から平成19年までは業界規模は着実に増加していました。しかし、平成19年以降になると、各社ともに業績が減少する傾向を見せ始めていきました。特に家庭用ゲームについては、世の中の人たちのゲーム離れが進むと同時に、スマートフォンゲームの台頭などが影響して、玩具業界全体にも大きな影響を及ぼすようになりました。中でも有名なのが、任天堂の業績不振です。任天堂は平成19年ごろまでは「Wii」の売り上げが好調でしたが、が一巡したことで業績が伸び悩むようになりました。他の会社も同様で、現状を打破するために新たなゲーム機を立て続けに発売したのですが、苦戦を強いられています。

また、玩具業界を構成するもう一つの分野であるおもちゃについては、少子化の影響を受けて、売り上げが伸び悩んでいる企業がたくさんあります。これから玩具業界が成長していくためには、新しい市場の開拓と今までにない製品の開発が必要になってくるでしょう。最近でも任天堂は新しいゲーム機を発売しましたが、この動きに付随する売り上げは、玩具業界全体が注目しています。業界研究をするのでは、玩具業界を形成する各社がどのような戦略をとっていくかしっかり見極める必要があります。また、社会の動向に左右されやすい業界でもあるので、時事ネタについても細かく研究していくことを推奨します。

現状1:基本情報

おもちゃの分野は苦戦が強いられてきたとお伝えしましたが、最近、「妖怪ウォッチ」が大ヒットしたことにより、多くのキャラクターグッズが売上を伸ばしています。また、「妖怪ウォッチ」はか土曜日の分野においても救世主となりました。平成25年に発売されたニンテンドー3DSのソフトは大ヒット記録。玩具業界に希望の光をもたらすことになりました。また、「妖怪ウォッチ」はアニメやマンガ、映画にも派生して、子供だけではなく大人の中でも認知されるようになりました。それに伴い、玩具業界全体の売上も向上。この事実が示したことは、「玩具業界では1つのヒットを創造すれば、業界全体が追い風になる」ということです。これからも様々なキャラクターが社会に出てきます。その中でヒットを1つでも記録すれば、玩具業界全体はさらに活発になることでしょう。業界研究をする方は、社会の流行などもしっかり調べておくといいかもしれません。下記に下記対象企業一覧(玩具業界)16社の売上高を元にして割り出した業界データを記載しますので、業界研究の参考にしてください。

業界規模:3兆4,836億円 労働者数:21,844人 平均年齢:38.7歳 平均勤続年数:9.8年 平均年収:709万円

現状2:業界シェア上位3位

売上高は9,792億円。プレイステーションを開発した企業として、家庭用ゲームをする人の中では知らない人はいないと言っても過言ではありません。最近でも新しい機種を発売しており、ゲーム自体の進化を追求し続けています。根強いファンだけではなく、新たなファンも着実に増やしており、家庭用ゲームノミナラズ、玩具業界全体を盛り上げる鍵を握る企業として認知されています。

売上高は5,717億円。ファミリーコンピューターやスーパーファミコン、Nintendo64、Wiiなど、家庭用ゲーム機の歴史を形成する様々なゲーム機を世界に発信してきた会社です。任天堂の社名は世界中で知られており、作り出すゲームは各国で楽しまれています。特にマリオシリーズは複数人でも楽しめるコンセプトが多くの人から好評で、グローバル規模のゲームという地位を確立しています。最近も新しいゲーム機を発売しており、その動向に多くの企業が注目しています。

売上高は5,076億円。以前はバンダイとナムコで別々の会社としてしのぎを削っていましたが、合併することでシナジーを構成。それが5,000億円以上という売上高に結びついています。バンダイナムコホールディングスから発信されるおもちゃやゲームは、今も大人から子供まで、幅広い年代に支持されています。学生の間でも非常にの高い企業で、毎年、多くの学生がエントリーしています。玩具業界全体を把握するためにも、バンダイナムコホールディングスの業界研究は必須と言えます。

現状3:平均年収上位3位

平均年収は1,351万円。ゲームをする人の中で、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーと聞いて「知らない」と答える人は1人もいないでしょう。それほど有名なゲームを作り続けている会社です。これらのゲームが発売する時は、店の外に長蛇の列ができて、社会現象を巻き起こすことも少なくありません。それほど大きな影響力を持つ企業だけに、利益も高く、待遇・福利厚生も充実しています。

平均年収は890万円。アミューズメントゲーム機などの分野で着実に売り上げを伸ばしている企業です。事業内容自体は常に変化し続けており、時代に合うビジネスを展開する企業として玩具業界の中では認知されていきます。社会のニーズに応え続けることで、安定的な業績を残し続けており、平均年収も世の中の水準と比較すると高いことがわかります。玩具業界の中では会社規模ガ有数3に入ることはありませんが、ぜひ、業界研究の対象にしたい企業です。

平均年収は888万円。業界3位の規模を誇る企業は、売上をできるだけ社員に還元する社風が浸透しています。待遇・福利厚生についても、業界内で充実している企業として認知されており、腰を据えて働く人が少なくありません。平均年収自体も、世の中の相場よりも高く、社員にとって優しい会社であるといわれています。待遇・福利厚生について玩具業界全体の業界研究をする上で、バンダイナムコホールディングスを研究することは大きな価値があります。

業界の動向

アクセスランキング