IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ボーイミーツガールの意味とは?例文や使われている作品を紹介

更新日:2022年06月29日

言葉の意味

ボーイミーツガールという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、ボーイミーツガールの意味や作品について解説しています。誰もが知るあの有名作品も、「実はボーイミーツガール系だったの?」と驚かされる内容もございますので、ぜひご覧ください。

ボーイミーツガールという言葉の意味をご存じでしょうか。言葉は聞いたことがあっても、実際にその意味を深く考えたことがあるという方は少ないでしょう。 ボーイミーツガールは英語で書くと「Boy meets girl」で、直訳すると「男の子が女の子に会う」という意味になるため、男女の恋愛をイメージする人も多いことでしょう。 ですが、この「ボーイミーツガール」という言葉は、男女の恋愛という意味以外の使い方もあります。 この記事ではボーイミーツガールの意味や語源、さらには使い方や例文、使われている作品まで詳しく解説しています。 この記事を読み終わった頃には、きっとあなたもボーイミーツガールという言葉に驚かされることでしょう。 この機会にボーイミーツガールの意味を知り、ぜひ日常で使ってみてください。

ボーイミーツガールの意味は?

ボーイミーツガールの意味は2つあります。 1つ目は「Boy meets girl」の直訳で「少年は少女に出会う」という意味が転じて「少年少女が出会う恋」です。作品のカテゴリーも多様で、恋愛映画や楽曲、さらには日本の漫画やアニメ、ゲームにもボーイミーツガールが使用されています。 2つ目は、月並みな物語という意味です。「月並み」とはありふれていることを指しており、「月並みな言葉だ」とか「アイデアが月並み」といった具合で使われます。

ボーイミーツガールの使い方や例文

ボーイミーツガールは、主にネット界隈で恋愛作品の総称として使われています。 さまざまな掲示板では、「好きなボーイミーツガール映画は何?」というタイトルで数多くのスレッドが立ち上がっており、熱い議論が繰り広げられています。

ボーイミーツガールの類義語とは

ボーイミーツガールは、2つの意味を持っているので類義語も2つあります。 1つ目の少年少女が出会う恋という意味の類義語には、ラブコメディやロマンス、恋物語と言い換えることができます。 2つ目の意味の月並みな物語の類義語は、ありきたりな、ベタな、平々凡々なといった意味があります。 どれも、すでに似たようなものが多数存在しているという意味の言葉です。

ボーイミーツガールが使われている作品

ボーイミーツガールは映画や楽曲、さまざまなジャンルで使用されています。ボーイミーツガールの言葉の意味や語源となった作品を知ったあとは、身近な作品も詳しくみていきましょう。

「ボーイミーツガール」が使われている映画

ボーイミーツガールが使用されている作品の代表例として、最初に挙げられるのは「天気の子」です。 新海誠監督の傑作作品ともいえる大ヒット作品です。 あらすじは、高校1年生の森嶋帆高が離島での暮らしに閉塞感を覚え、それを機に東京に進出します。苦しい東京生活の中、偶然知り合った小さなオカルト系雑誌の編集プロダクションで不思議な雰囲気を醸し出している女の子、天野陽菜と出会うことがきっかけで恋が発展していく物語です。 まさに男の子が女の子に出会うという意味の、ボーイミーツガールの代表例と言っていいでしょう。

「ボーイミーツガール」が使われている曲

続いて、ボーイミーツガールが使用されている楽曲や歌について紹介していきます。 有名な邦楽として挙げられるのは、TRFの「BOY MEETS GIRL」です。90年代の独特なアップテンポ曲調に、男女の出会いとときめきが歌詞に描かれています。 その他、国内バンドBase Ball Bearのアルバム「夕方ジェネレーション」に収録されている楽曲、「BOY MEETS GIRL」があります。 洋楽でもボーイミーツガールの概念は存在しており、アメリカの「Boy Meets Girl」は恋愛を描いた作品を数々リリースしているバンドです。

ボーイミーツガールの意味を知って使ってみよう

いかがだったでしょうか。 ボーイミーツガールとは、男女の恋愛物語やありきたりな物語という意味で使われています。そして、ジャンルを問わずあらゆる作品で使用されており、その内容も多彩です。 みなさんの好きなボーイミーツガール作品は何でしょうか。ぜひ、ご友人やネット間でボーイミーツガールについて語ってみましょう。

初回公開日:2018年04月14日

記載されている内容は2018年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング