IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゼノ「xeno」の意味・ドラゴンボールゼノ・「zeno」とは

初回公開日:2018年03月21日

更新日:2020年05月17日

記載されている内容は2018年03月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

ゼノという言葉があります。人気作品のドラゴンボールや遊戯王でもゼノが使われることがあり、エンターテイメントでもこれから使われていくでしょう。そんなゼノの意味を理解すれば、もっとゲームが楽しくなります。ゼノの意味を学んで、これからの遊びに活かしてみましょう。

ゼノとは

ゼノは英語で書くと「xeno」になります。名称や略称、あるいは人名にも使われるので汎用性が高いです。またゼノサーガやゼノブレイドなど、ゲームのタイトルにも積極的に使われています。そのため、エンターテイメントにとっては馴染みの深い言葉とも言えます。 日常生活では聞き慣れない言葉でしょうが、ゲームの開発に携わっているとゼノを見聞きする機会が増えていきます。ゼノに限らず、外国語はタイトルとして扱われることが多いので、しっかりとその意味を理解することをおすすめします。わからなくても調べるのは簡単です。 ゼノの言葉にはいくつもの意味があり、また使い方も幅広いです。そしてゼノが由来する名称もたくさんあります。また、フィクションでもゼノを見る可能性があるので、その意味が気になったらぜひとも調べてみましょう。知識が深まりますし、また自分でも使えます。

英語の接頭詞xenoに由来する名称・略称

ゼノを由来とした名称はたくさんあります。上記で紹介されたゼノサーガやゼノギアス、そして冨樫義博氏が原作とする「HUNTER×HUNTER」に登場するゼノ・ゾルティックや「機動戦士ガンダムAGE」というアニメ作品のゼノというロボットも、この言葉に由来します。 ゼノとは基本的には異物を意味する言葉です。そのため、従来との違いを描きたい時にゼノの言葉を使ってみましょう。他にも外国人、外来、外来種などの意味も持ちます。また、外から持ち込まれたものを表現する時にも、ゼノが使われます。 これらの他にも、ゼノを由来とする言葉や名称はたくさんあるので、興味があれば調べてみましょう。もしかしたら、あなたの身近にある作品にもゼノがキーワードとなっている可能性があります。その時、ゼノの意味も知っておくと、作品がもっと楽しくなるでしょう。

説頭詞xeno-の意味

ゼノは接頭詞としても使われます。説頭語とも呼ばれて、単独ではなく他の言葉の上に付属することで意味を成立させる言葉です。「御話」の「御」や「小百合」の「小」が接頭詞の例と考えましょう。接頭詞のゼノはxenosというギリシャ語が由来となっています。 xenophileという英語もあります。外国、または外国人が好きな人を意味していて、旅行が好きな人に対して使われます。対義語はxenophobiaであり、外国に恐怖を抱いていることを意味します。phileは「愛する」、phobiaは「恐怖症」のことです。 このように、ゼノは接頭詞の意味も持ちます。またxenonという言葉もあり、こちらは希ガス元素の一種を意味します。冒頭で述べたように、ゼノという言葉はいくつもの意味もあるので、そちらも知っておきましょう。意味が理解できれば、勉強も楽しくなります。

意味:客

ゼノは外からやって来た人やものに対して使われます。そのため、来客を相手にしても意味が成立します。また、見知らぬ相手や他人にも意味が通じます。ただし、ゼノはギリシャ語なので、英語を使いたい時はゲストまたはカスタマーで表現しましょう。

意味:異人

異人とは外国人、または異国の人を意味します。特に西洋人に対して用いられることが多く、東洋では知られていない文化や性質を持つ人という意味を持ちます。他にも、もののけや霊的存在、あるいは障碍者や強引に連れて来られてきた人に対しても使われます。 また伝承で描かれる山の神や吸血鬼も異人として扱われていて、文学の主人公も自分とは違う他者という意味を持つことで異人となります。異人は服を運んでくると歓迎されることがあれば、災いを与えてくるという意味で疎まれる場合もありました。 日本では明治以来より兵庫や長崎などで、偉人が居住するために必要な異人館と呼ばれる住居が設立されました。現在では異人館は観光地として有名になり、また文化財保護法によって守られるようになりました。異人が日本に訪れたからこそ、現在の文化が残っています。

意味:外来の

外来とは、その名前のように外からやって来た存在を意味します。動物や植物に対しても使われて、海外からやって来た種別を外来種と呼びます。

意味:異種の

異種とは異なる種類を意味します。主に動物や植物に対して使われて、根本的に体の性質が違うことを表現ための言葉と考えましょう。またスポーツにも使われる言葉であり、剣道とフェンシング、またはプロレスとボクシングのようにルールが違う武道のことを言います。 異種試合という言葉があり、日本では明治時代から行われていました。剣道と銃剣術の対決や、また剣道となぎなたなど、多くの戦いが行われています。また両者のルールを上手く取り入れており、そして軍隊や自衛隊でも異種の武器を用いた戦闘も想定された訓練があります。 スポーツチャンバラやK-1も異種試合を前提としたルールを組まれたスポーツです。そして将棋とチェスの異種試合も行われたことがあり、このような異種試合は広く行われています。異なる文化を組み合わせて、その上で新しい何かを生み出すことも世の中には必要です。

意味:異物

関連タグ

アクセスランキング