IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スーツケースのおしゃれな目印・100均で手軽に手に入るもの

おでかけ

旅には欠かせない相棒のスーツケース。空港で探すのに苦労した経験のある方がほとんどででしょう。そんな苦労をなくすためにスーツケースの目印となるものやそれらを選ぶポイントについて考えてみました。より旅を楽しく快適にするスーツケースにしてみてはどうでしょう。

更新日時:

スーツケースのおしゃれな目印10選

シール

スーツケースの目印として、一番手っ取り早いのは、シールを貼って目立たせる事です。目印にするだけなら、旅行前日に思い立っても、家にあるシールをいくつかまとめて貼るなどの工夫をすれば、すぐに目印にすることができます。 おしゃれな感じにこだわりたい場合は、好きな感じかつ目立つシールを用意するといいでしょう。また預ける際に付けてもらえる航空会社のシールを記念も兼ねて貼ったままためていく目印もあります。

ステッカー

シールだと小さめなものが多いので、どうせ貼るならわりと長い期間、自分の好みのものを貼りたいという場合には、ステッカーがおすすめです。 シールよりもステッカーの方が、強度があるので、貼っていても長持ちしますし、スーツケースに合わせたものを綺麗に貼ると、そんなデザインのスーツケースであるように見せることもできます。 目印も兼ねているので、ステッカーの色や柄は遠目でも目立つデザインのものをなるべく探すようにしましょう。

マスキングテープ

シールやステッカーだと、はがした時にスーツケースに跡が残ってしまうのが気になるという方には、今ははがした時に跡が残らないマスキングテープがあるので、それを目印にするのがおすすめです。 もともとは引っ越しの時の養生テープの素材なので、品質も確かですし、ほんとうにきれいにはがれる割には粘着力も意外と強いので、スーツケースの目印としても十分に対応できます。 流行っているので、文具店や100円均一でも簡単に手に入れることができます。余っても普段手紙を閉じるときやポスターを張るときなどに重宝しますので、気に入った柄の物をいくつか持っておくのをおすすめします。

テープ

マスキングテープなんてわざわざ用意するのは気が進まないという場合は、普通のテープでもスーツケースの目印にすることは可能です。 テープでも透明なものや色や柄のものがありますので、色や柄の物をスーツケースの一部分に、配置に気を付けて貼ってみたり、透明なテープには油性マジックで模様を付けてから貼ることで、スーツケースの目印にすることができます。 この方法であれば直前に目印をつけたいと思い立ってもつけることができます。

バンダナ

スーツケースの目印として、持ち手のところに目印になるものをしばるのも定番です。目印としてしばるのに雰囲気的に一番合うと思われるのがバンダナです。 バンダナはスカーフよりも生地が厚く、大判サイズなので、目印としてしばるのに丈夫で安心です。ただみんな考えることは同じで意外とバンダナをスーツケースの持ち手にしばって目印にしている方は多いので、新たに買う場合は、一般的によくみかけるペーズリーの柄のバンダナよりは他の柄のバンダナを選ばれるのをおすすめします。

ハンカチ

バンダナを持っていないという方は手持ちのハンカチをスーツケースに結ぶだけでも目印になります。ハンカチはどうしても小ぶりのサイズになりますので、スーツケースのキャリーのハンドル部分と、手持ちをする時の手持ちのところに二つ結ぶと自分のだとわかりやすくていいです。 ハンカチであれば、何枚かお家にあるものですので、スーツケースの目印にするものとしては、色が派手なものや柄が大柄のものを選んで結ぶことをおすすめします。

スカーフ

女性でスカーフが好きな方や、奥様がスカーフを持っているという方は、スーツケースの目印にスカーフを結ぶという方法もあります。素材が薄手で素敵な分おしゃれなスーツケースの目印になります。 ただスーツケースや荷物は飛行機の中に無造作に積まれ、ターンテーブルに出されて回ってくるので、繊細な素材のスカーフには痛みが出る恐れがあるので、大切なスカーフを目印に使うのは避けるようにしましょう。

リボン

スーツケースにむすんで目印にするといえば、リボンを結ぶという方法もあります。リボンは贈答品に結ばれて頂き物をする機会があるので、そのような時は捨てずに取っておくと、色々と使う事ができます。 そのように取ってあったリボンで構わないので、スーツケースの持ち手のところにむすぶと目印にする事ができます。 もしできれば、目立つ色や太目のリボンがおススメです。普通にリボン結びにすると可愛らしい感じになりますので、女性にはリボン結びがおススメです。 男性の方でリボン結びは女性らしすぎて照れるという方は、普通にこま結びにして長めにたらす結び方もおススメです。

キーホルダー

スーツケースの目印に、普段から愛用しているキーホルダーをつけるという方法もあります。折角の旅ですので、スーツケース用に新しくキーホルダーを新調するといいでしょう。自分好みのキーホルダーを選ぶのはもちろんの事、目印にするという意味では色が派手目で、大きめのものを選ぶといいでしょう。 一個では目印にならない場合は複数のキーホルダーをスーツケースに付けるのもおススメです。どうしても傷がついてしまうので、新品の場合は透明のビニールなど目印になるようにしつつもカバーしてあげるのもいいでしょう。

ぬいぐるみ

スーツケースの目印に、お気に入りのキャラクターのぬいぐるみをつけるという方法もあります。何もついていないぬいぐるみは、スーツケースにつけることは難しいので、紐を縫い付けるか、紐がついているもの、キーホルダーのぬいぐるみを選ぶようにしましょう。 目印にするという意味では、ディズニーの物など多くの人が好きそうでかつ、シンプルなデザインの物は目印にはならないので、おおくの人に人気のあるぬいぐるみの場合は、限定物を選ぶとか、リボンをぬいぐるみに付けてあげるなど、他の人と差別化を図るようにしましょう。 ターンテーブルでぬいぐるみが真っ黒になってしまうと可愛そうですので、ビニールなどで覆っておいた方が無難です。

見つけやすいスーツケース目印

国内旅行の場合

国内旅行のスーツケースの目印は、一緒に飛行機に乗るのが、日本人が多いでしょうから、できるだけ個性的な目印を選ぶようにしましょう。 個性的なキーホルダーやシールをつけると目立つのではないでしょうか。それでも人とかぶってしまった時のために、感じで構わないのできちんと名前を書いておくことも大切です。

海外旅行の場合

海外旅行のスーツケースの目印は色々な国の人のスーツケースがターンテーブルに回ることになるので、日本的な雰囲気の目印はいかがでしょうか。赤と白の日の丸カラーにするとか、和柄の手拭いやハンカチを結ぶとか、漢字モチーフのシールを張るとか、カッコいい日本を演出するのはいかがでしょうか。 目印として目立ちますし、飛行機に同乗した外国の方々に日本のデザインの素敵さをアピールすることができます。

100均のスーツケース目印

今まで書いてきたスーツケースの目印ですが、100均の商品が充実している今では、ハンカチもバンダナも、シールやステッカーもキーホルダーもぬいぐるみもなんでも100均で手に入れることができます。 あまりお金をかけずに毎回気分に合わせて目印を替えたいという方は、まずは100均で目印を探してみるのがおススメです。

スーツケース目印手作りアイデア集

せっかくの旅行で、スーツケースも写真におさめるというような方には、思いっきり自分好みのスーツケースを完成するという意味でも、スーツケースの目印を手作りしてしまうという方法もあります。 模様のないシールに自分で模様を描いて張るという方法や、キーホルダーを自分で作成する方法、マスキングテープを素敵に色づけして張るのも、スーツケース自体のデザインを変えることができるのでおしゃれなスーツケースを作り上げることができます。

スーツケースをもっとお気に入りにしよう

スーツケースをもっとお気に入りにしよう

旅や出張の相棒のスーツケースを自分の納得のいく状態で持って歩くことは、旅をより楽しくしてくれますし、スーツケースを空港で簡単に探すことができれば、旅もより快適になります。 ぜひ工夫してスーツケースをより素敵に見つけやすくしてみてください。

アクセスランキング