IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

概念の意味|心理学/哲学・使い方や例文|概念を覆す/概念的

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「概念の意味や使い方、その例文」と題して、さまざまな分野で扱われる「概念」という言葉の意味や用法について、多角的な情報をもとにご紹介します。「概念」と「テーマ」はどのように違うかなどをはじめ、概念の興味深い意味合いをお伝えします。

「概念」という言葉の意味

「概念」と聞いて皆さんはどんなイメージが湧くでしょうか。さまざまな分野で使われる「概念」の意味ですが、「概念」という言葉やその用途は各分野においてほぼ同じ意味合いで使われています。 「概念」の意味は「コンセプト」とも言われ、「1つの物ごと、あるいは複数の物ごとに対する創作理念や方針」、また「1つの物ごと、あるいは複数の物ごと共有できる創作・実行への理解」を言います。 たとえば物を作るときに「テーマ」を掲げますが、この「テーマ」を具体化する際に「どのようにすればそのテーマの実現につなげられるか」を考える際に「都合がよい理念や方針」、またその「テーマの実現のための具体的な方法やそれを補強する考え」のことが「概念」の意味として認められます。

「心理学」での「概念」の意味

「概念」はさまざまな分野で扱われており、形而上学や心理学の分野でも古くから認められます。「心理学」で扱われる「概念」の意味は、以下のように分析できます。 〈「心理学」での「概念」の意味と経過〉 ・人や動物の心理に広がるさまざまな動きをポイント化して観察対象とする。 ・そのポイントの中から1つないし少数をピックアップし、研究対象に具体性を持たせる情報を得る。 ・それらの情報を総括し、人や動物の動きにテーマを課す上で、その「テーマを説明できる論」を抽出する。 このように特定の経過により特定のテーマについて説明し、その説明のための必要な情報や「テーマを追究するための具体的な考えや理念」というものが、心理学上の概念として認められます。

「哲学」での「概念」の意味

「概念」という言葉は古代ギリシャや古代インドの文献に見られており、古くはソクラテスやプラトン、またアリストテレスの普遍物質への価値を求める「本質論」や「経験論」において使われていました。 哲学の学問上で扱われる「概念」の意味は、「人をはじめ動物の個別の生き方を説明するとき、その生き方についてどのように説明するか」、また「その生き方への説明に個別の経験をどのように生かすか」という、具体的な生命への論及に表れます。 さらには「生き物の存在そのものに対し、どのように説明づけるか」、また「知覚できる物質をどのように説明づけるか」などといった「説明論」にたどり着く傾向があります。これらの個別の疑問にテーマを立て、そのテーマの1つ1つを論及し、説明することに意味を持つ学問として「哲学の概念」は認められます。

概念の使い方や例文と意味

日本語にはさまざまな用途で使われる意味や、その言葉の用例があります。これらの1つ1つをしっかり把握しながら、きちんと日本語を使えるようになりましょう。

「概念を覆す」の意味

「概念を覆(くつがえ)す」という言葉やその意味は慣用句のように使われており、その用途はさまざまな対象や学術上において多岐に渡ります。 この場合は「概念」と「覆す」という2つの言葉・意味に分けた上で、その言葉「概念を覆す」の意味を把握して下さい。「覆す」という言葉の意味は「それまであった物をひっくり返す」や「打ち滅ぼす」、「さかさまにする・逆にする」を言います。 この「覆す」の意味を踏まえ「概念を覆す」の意味は、「それまで持っていたテーマを追究するための考えをひっくり返す」、「そのテーマを実現するための手段や方法を取りやめる、逆の視点から試みること」となります。

「概念的」の用例と意味

「的」という言葉の意味は、「付随した言葉に複合的な意味やその範囲を与えること」であり、たとえば「心理」の意味は「心の動き」を直接的に表しますが、「心理的」とすることで、その「心理」の意味合いを別の言葉に影響させる働きを持たせます。 〈「概念的」の用例と意味〉 ・その計画は概念的によろしくないです。 ・彼らの行動は概念的観点から見て、はっきりとした解答がありません。 ・概念的な意味合いを持つ言葉は、他にいくらでもあります。 ・その方法の概念的な理論を説明して下さい。 ・ここのテーマは「テーマ」というより「概念的」です。 どの例文でも「概念的」の意味は「概念という言葉の意味を、別の言葉や文章に影響させる形」になっています。

次のページ:概念との意味の違いや使い分け
初回公開日:2018年01月16日

記載されている内容は2018年01月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング