IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オデッセイの意味・ホンダの車名の由来・映画のタイトルの意味

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ホンダのミニバン車名であるオデッセイは宇宙物の小説や映画でもよく使われる用語ですが、その意味や由来をしっかりと理解している人は少ない用語でもあります。古代ギリシャの長編叙事詩であるオデュッセイアとの関係を含めてオデッセイの意味を整理します。

オデッセイの意味

ホンダのミニバン「オデッセイ」は1994年の販売開始以来、日本国内だけでも10万台販売され、ホンダの屋台骨を支える重要車種です。その車名である「オデッセイ」はどんな由来・意味で名づけられたのでしょうか。 こちらでは、古代ギリシャの長編叙事詩であるオデュッセイアとの関係や、宇宙船やSF宇宙小説、映画などにもよく使われる「オデッセイ」にどんな意味があるのかを整理していきます。 「オデッセイ」の意味を正しく把握しておくことでビジネスをスムーズに進める話題としても活用できます。ここでしっかりと準備しておきましょう。

オデッセイの意味は?

Odysseyとは古代ギリシアの長編叙事詩であるオデュッセイアの英語読みのことです。ここから長期の放浪、遍歴といった意味や、長い冒険旅行といった意味につながります。 オデュッセイアは作品の名前ですが、作品の主人公でもあります。主人公の名前が、単語の意味を含んでいる興味深い例です。

オデュッセイアとは?

ホンダのオデッセイの車名の由来

オデッセイはホンダのミニバン車種です。現在は1994年の当初生産開始から5代目のフルモデルチェンジを経て、今なおホンダの車です。国内新車販売台数で累計105,000台にのぼっています。 ここではホンダ・オデッセイの名前の由来・意味と、開発の歴史を整理します。

オデッセイの意味は?

オデッセイという言葉の意味は「長い冒険旅行」という意味です。その語源は古代ギリシャの長編叙事詩である、Odysseia(オデュッセイア/オデッセイア)です。 「ロングドライブでも、家族や仲間がみんな一緒に、ワクワクドキドキの冒険旅行が楽しめるように」という思いや意味を込めてホンダ・オデッセイは命名されました。ホンダの売り上げも長期間支えるファミリーミニバンとして不動の地位を保っています。

ホンダ・オデッセイの歴史

ホンダ・オデッセイは1994年に生産開始されました。それまで上級ミニバン、RV車のなかったホンダは、アコードの生産ラインと車台を活用したミニバン車の開発生産に乗り出しました。 オデッセイの生産ではアコードの車台を流用したために、スライドドアを断念せざるを得ませんでした。しかし、そこがかえって他のファミリーカーと一線を画す、ファミリーカーでありながらスポーティーなフォルムとドライブ感を産み出すとしての源になりました。

現在のオデッセイ

初代からフルモデルチェンジを4度重ね、現在は2013年に発売された5代目が生産・販売中です。 5代目は初めて後席スライドドアが採用されましたが、当初からの超低床プラットフォームというコンセプトを変えず、スライドドアを採用しながら、オデッセイらしいフォルムと走りを維持しています。

オデッセイという言葉が使用された作品・物

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング