IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「スポット」の意味と使用例・ビジネス用語におけるスポットのとは

初回公開日:2018年02月01日

更新日:2020年07月21日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「スポットの意味と使用例・ビジネス用語におけるスポットの意味」と題して、「スポット」という言葉の意味やその用例について多角的な視点からご紹介します。「スポット」の意味合いをさらに深めて知りたいという人には必見の内容です。

「スポット」という言葉の意味

1つ1つの日本語にはそれぞれに複数の意味がある場合も。その言葉をきちんと把握するためには、その言葉にある意味合いを全て覚えることが大切です。 この「スポット」の意味にもたくさんの意味合いがあります。分野ごとの扱われ方や用途によって意味合いが違ってくるので、その1つ1つの意味や用途をしっかり把握しておきましょう。

「スポット」の意味にある「点」

この場合は「広いキャンパスや白紙の上に、1点の光やインクの点などのような、ごくわずかな1点」を指す意味合いで、よく「大きな土台の上にある1つずつの意味」や「膨大な背景における1つの注意点」などを示す場合に使われる意味合いです。 【「スポット」の意味にある「点」の用例】 ・広いキャンパスの中にある1角の建物にスポットを当てます。 ・長い歴史の中の1つの事件にスポットを当てて下さい。 ・たくさんある遊び場の中から、このレジャースポットを選びました。 このような表現となり、どの場合も「広い・たくさんの中の1つや1点の意味合い」を持ち合わせます。

「スポット」の意味にある「斑点」

この「斑点」の意味合いも先述の「スポット:点」の意味合いと同じく、たくさんある物の中から散在しているピンポイント的な対象を指す場合に使われます。 この場合の意味合いでも、「広い・たくさんの物の中から1つを選んでスポットを当てる」という表現がなされ、その「1点ずつ」について他人に説明したいときや主張したいときなどに使われます。

「スポット」の意味にある「地点」

「スポット」で言われるこの「地点」の意味には、先述した「レジャースポット」や「航空スポット」のようにピンポイントで「1つの場所」を指す場合に用いられ、他にもたくさんある場所の中から「どうしてもここがいい」という主張などから表現されます。 この「地点」を意味する場合は「広い場所」を言うときよりも、さらにピンポイント的に指す意味合いが強く、「○○地方の△△寺」などというように、その場所の中にあるさらに小さな地所について言うときに用いられます。

「スポット」の意味にある「場所」

「スポット」の意味合いで「場所」を指す場合は、「地点」を指すときよりもさらに広い範囲を示すことが多く、一般的にはレジャースポットや、○○県などといった「その地名を言って一般的に認識される地所」を意味することが多いです。

ビリヤードで黒点のついた白球や球を置くために台上に付けられた小黒点

ビリヤードで言われる「スポット」の意味は、まず「ヘッドスポット」、「センタースポット」、「フットスポット」の3つがあります。 「センタースポット」の意味は「テーブル中央かに置かれた円状の目印」を言い、「フットスポット」は「足側から2ポイントの距離をおき、テーブルの中央線上にある点」を意味し、「ヘッドスポット」は「ヘッドラインの中央の点。センタースポットから見て、フットスポットの対照にある点」を意味します。

飛行場で乗客が乗降したり貨物を積み下ろしする場所

関連タグ

アクセスランキング