IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「スポット」の意味と使用例・ビジネス用語におけるスポットのとは

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「スポットの意味と使用例・ビジネス用語におけるスポットの意味」と題して、「スポット」という言葉の意味やその用例について多角的な視点からご紹介します。「スポット」の意味合いをさらに深めて知りたいという人には必見の内容です。

更新日時:

「スポット」という言葉の意味

1つ1つの日本語にはそれぞれに複数の意味がある場合があり、その言葉をきちんと把握するためには、その言葉にある意味合いを全て覚えることが大切です。 この「スポット」の意味にもたくさんの意味合いがあります。分野ごとの扱われ方や用途によって意味合いが違ってくるので、その1つ1つの意味や用途をしっかり把握しておきましょう。

「スポット」の意味にある「点」

この場合は「広いキャンパスや白紙の上に、1点の光やインクの点などのような、ごくわずかな1点」を指す意味合いで、よく「大きな土台の上にある1つずつの意味」や「膨大な背景における1つの注意点」などを示す場合に使われる意味合いです。 【「スポット」の意味にある「点」の用例】 ・広いキャンパスの中にある1角の建物にスポットを当てます。 ・長い歴史の中の1つの事件にスポットを当てて下さい。 ・たくさんある遊び場の中から、このレジャースポットを選びました。 このような表現となり、どの場合も「広い・たくさんの中の1つや1点の意味合い」を持ち合わせます。

「スポット」の意味にある「斑点」

この「斑点」の意味合いも先述の「スポット:点」の意味合いと同じく、たくさんある物の中から散在しているピンポイント的な対象を指す場合に使われます。 この場合の意味合いでも、「広い・たくさんの物の中から1つを選んでスポットを当てる」という表現がなされ、その「1点ずつ」について他人に説明したいときや主張したいときなどに使われます。

「スポット」の意味にある「地点」

「スポット」で言われるこの「地点」の意味には、先述した「レジャースポット」や「航空スポット」のようにピンポイントで「1つの場所」を指す場合に用いられ、他にもたくさんある場所の中から「どうしてもここがいい」という主張などから表現されます。 この「地点」を意味する場合は「広い場所」を言うときよりも、さらにピンポイント的に指す意味合いが強く、「○○地方の△△寺」などというように、その場所の中にあるさらに小さな地所について言うときに用いられます。

「スポット」の意味にある「場所」

「スポット」の意味合いで「場所」を指す場合は、「地点」を指すときよりもさらに広い範囲を示すことが多く、一般的にはレジャースポットや、○○県などといった「その地名を言って一般的に認識される地所」を意味することが多いです。

ビリヤードで黒点のついた白球や球を置くために台上に付けられた小黒点

ビリヤードで言われる「スポット」の意味は、まず「ヘッドスポット」、「センタースポット」、「フットスポット」の3つがあります。 「センタースポット」の意味は「テーブル中央かに置かれた円状の目印」を言い、「フットスポット」は「足側から2ポイントの距離をおき、テーブルの中央線上にある点」を意味し、「ヘッドスポット」は「ヘッドラインの中央の点。センタースポットから見て、フットスポットの対照にある点」を意味します。

飛行場で乗客が乗降したり貨物を積み下ろしする場所

航空用語で言う「スポット」の意味は主に「エプロン(apron)」を意味し、旅客乗降用、貨物積み卸し用、夜間駐機用、整備用の地点を指定する際に使われます。 このエプロンのさらに中にある特定の駐機地点をバース(berth)と言い、その内でさらに指定された地点(駐機すべき位置)をスポット(spot)と言います。この場合の「スポット」は他に「ベイ(bay)」や「スタンド(stand)」などとも呼ばれます。

「スポット」を用いた用語例と意味

この「スポット」という言葉は使用される分野ごとにいろいろな意味を持ち合わせ、その意味にしたがってさらに多くの用途を持ち合わせます。 外来語であるこの「スポット」の意味合いは、英語の意味と日本語の意味の両方が用いられやすく、そのどちらも覚えておくことが「スポット」の意味をきちんと把握するための第一歩となるでしょう。

「スポット広告」の意味

「スポット広告」という言葉の意味は主に「CM」のことで、「番組と番組の間に流される短い広告」のことを言います。 一般的には普通の「CM」を意味する「スポット」ですが、場合によっては「その番組と非常に関連が深いCMのこと」を指すこともあり、これについては「スポンサーの提供」という言葉のとおりに「その番組を提供しているスポンサー関連のCM」という意味を指します。

「スポットアナウンス」の意味

ほとんど「スポット広告」と同じ意味になりますが、「スポットアナウンス」の意味には「広告による宣伝性に加え、さらに忠告するメッセージ性の意味合い」が強くなり、「スポット広告」の内容に比べて「宣伝効果」がやや濃くなります。

「スポットニュース」の意味

「スポットニュース」の意味は、よく「特別番組などの合間に流される臨時ニュース」がありますが、そういった「その時間に比較的近いニュースをリアルタイムで流すニュース」を意味します。 つまり「どうしてもその時間帯に放送した方がよいと認められるニュース」のことを意味し、その日に伝えるべき多くのニュースのうちから「そのリアルタイムの時間帯にこれとこれだけは流しておこう」とする「何点からに絞ったニュース」の意味合いから「スポット」と呼ばれるようになりました。

「スポットライト」の意味

「スポットライト」の意味は本来、皆さんもよく知っている「一線のライトを当てる照明器具によるライトの照射」を言い、主にたくさんの人や対象物のうちから「1点を集中して照射すること」の意味合いから「スポット」という形容が使われるようになりました。 またこの「ライト」の意味合いから離れ、ニュースや論文、さまざまな分野の記事の中から「1点の内容をピックアップして紹介する場合」にもこの「スポットライト」という言葉が使われ、現代では「たくさんの対象からピンポイントで紹介するもの」を指す場合に「スポットライト」の意味合いが使われます。

ビジネス用語で使われる「スポット」の意味

「スポット」の意味合いはお伝えしたようにいろいろな分野で使われており、特に最近ではビジネス用語としての「スポット」の意味も広く認識されています。この際でも「スポット(1点をピックアップすること)」の意味はそのまま使われます。

「スポット契約」の意味

「スポット契約」というのは主に契約取引をする際に、「期間限定」や「地域限定」などのあらかじめ「取引範囲を決めた上での取引契約」を意味し、貿易での契約や、身近なところでは代理店契約(レント契約)や販売店契約などを取り決める際に「スポット契約」の意味は活用されます。

「スポット価格」の意味

「スポット価格」というのは主に「スポットレート」とともに使われるビジネス用語ですが、「単発の取引で交わされる取り決め価格」のことを意味し、「長期契約、または短期契約などで交わされる定期の報酬や価格」は含みません。 石油や原油、また液化天然ガス(LNG)などを対象にした取引では「ターム価格」と「スポット価格」の2種類があるため、そのどちらかをあらかじめ決めておく必要があります。

「スポットレート」の意味

先述のとおり「スポット価格」とともに使われる契約用語になりますが、「スポットレート」の意味はとくに貿易・交易において使用され、「特定の期間におけるレート(現在価格)」を意味します。 この「特定の期間」というのは特に「現在」を指す場合が多く、「スポットレート」の意味で最も使われる意味合いは「現在のレート」となります。つまり取引売買にかかる「支払い選択」において使われるビジネス用語です。

「スポット受注」の意味

「スポット受注」の意味

「スポット受注」の意味は「単発の契約によって交わされる受注」を言い、その1回限りの取引で全ての取引を終了します。 たとえばヤフーオークションやアマゾンなどの通販でもこの「スポット受注」の意味合いは認められ、「スポット発注」と同じく、その1回限りで契約を終わらせ、次の取引を行なう際には「新たな契約」を立てる必要があります。

「スポット派遣」の意味

「スポット派遣」の意味

「スポット派遣」という言葉の意味も「スポット(1点)だけの契約」を指し、「会社と個人の契約において日雇いの形で働く、その日限りの仕事や、ごく短期間の仕事に就き、1日の給料をその日にもらう」という、日払いの報酬体制で生活している人を言います。 「日雇い派遣」や「デジタル日雇い」、また「ワンコール・ワーカー」などとも呼ばれ、環境や状況によって雇用契約が打ち切られたりする場合もあり、非常に不規則・不安定な雇用形態を継続させる状態にあります。

「スポット取引」の意味

主に石油・原油やガスなどの貿易取引において使われるビジネス用語ですが、「スポット取引」の意味は「国内外を問わず、その1回限りの契約締結や、3ヶ月・6ヶ月などと短期間においてのみ交わされ取引」を言います。 特に利害の一致を見計らった上で、相手企業(または個人運営企業)との契約上の取引を指し、その特定のピンポイント的な状況において「ほしい物同士」を交換する際の売買取引において頻繁に使われる用語です。

「スポット商品」の意味

コンビニやスーパーなどで「期間限定で販売されている商品」を「スポット商品」と言い、特に期間限定であることから、その生産過程においても生産量があらかじめ決められている場合が多いです。 販売目的としては「その期間にこれを売れば利益を伸ばせる」と見込まれる商品だけを対象に、その場限りの売上を目指した商法がこれに当たり、販売現状からその後の実績を眺める上でこれも「ピンポイント的な販売促進」を目標にします。

「スポット」の意味や用法を正しく理解しましょう

いかがでしたか。今回は「スポットの意味と使用例・ビジネス用語におけるスポットの意味」と題して、「スポット」という言葉の意味やその用例について多くの分野から情報を集め、詳細にご紹介しました。 「スポット」という言葉をはじめ、現代では非常にたくさんの外来語が頻用されていて、その1つずつの言葉の意味や用例をしっかり理解しておかなければ、いざというときに困ります。そのため、特に外来語は英語の由来や言葉そのものの成り立ちを含め、日本語以上の理解への姿勢が必要となるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング