IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ハイフロアアサインの意味と上手な使い方・ホテル業界の専門用語

初回公開日:2018年01月23日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2018年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

おでかけ

ホテルの専門用語としてハイフロアアサインという言葉があります。このハイフロアアサインという言葉は、どのような言葉なのでしょうか。また、この言葉を使用することでどのような利点があるのでしょうか。依頼の方法やケースごとでの違いを見てみましょう。

ハイフロアアサインの意味

ハイフロアアサインの意味
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

色々な業界ごとで、それぞれの業界独自の言葉があります。その業界の人でなければ意味がわかない言葉、裏を返せば、一般の人には意味が伝わりにくくなっている言葉です。ホテル業界にもそのような言葉があります。 そのような専門用語にはどのようなものがあるのでしょうか。専門用語を見ていってみましょう。

ホテル業界の専門用語

ホテル業界の専門用語には、お客様に関することとホテルや旅館内に関することに対する言葉があります。一部の言葉を見てみましょう。

お客様に関する専門用語

お客様に関する専門用語には次のようなものがあります。 ウォークイン:予約なしの飛び込み客のこと お供え:カップルや夫婦連れの宿泊客のこと キッカー:嫌な客のこと スキッパー:代金を払わずに出ていく客のこと ノーショウ:予約をしているのに現れなかった客のこと レジデンシャル:ホテルの長期滞在客のこと

ホテルや旅館内の運営に関する専門用語

ホテルや旅館内の運営に関する専門用語には次のようなものがあります。 アペリティフバー:レストランなどにある食前酒を提供するバーのこと インサイドルーム:中庭に面している部屋のこと エフビー:食べ物とビールのこと お泊り:前日に仕入れた売れ残りの魚のこと コンプレ:宿泊客からの苦情や不平のこと ジーエム:ホテルの支配人のこと タぬき:夕食抜きのこと どんでん:宴会が終わってすぐに次の宴会の準備をすること ノースティ:客からの要望で、外部の問合わせに対しその客が宿泊していないよう扱うこと 半:一食付きの宿泊のこと 丸:朝夕二食付きの宿泊のこと リネン:タオルやシーツ、テーブルクロスなどの布製品のこと

ハイフロア=高層階

ホテルの専門用語には、「ハイフロア」という言葉があります。この言葉には、「高層階」という意味があります。 階層の低いホテルでは使わないでしょうが、高い階層のホテルでは、ハイフロアというと高い階層の部屋を指すようになります。

アサイン=部屋を割り当てる

ホテルの専門用語には、「アサイン」という言葉もあります。この言葉には、「部屋を割り当てる」という意味があります。この言葉は、ルーム・アサインメントの略で、ルーミングと同じ内容の言葉です。

同じ料金

ハイフロアアサインを希望する場合、階層によって値段が違う場合は値段を頭に置いて依頼する必要がありますが、階層ごとでの値段が同じ場合であれば、ハイフロアアサインを依頼しても、値段は同じ料金となります。 このようなハイフロアサインで料金が違わない場合は、景色の眺めの良い高層階の部屋を割り当ててもらうのがせっかく泊まるのでいいでしょう。

ハイフロアアサインの上手な使い方

ハイフロアアサインの上手な使い方
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

ハイフロアアサインという言葉は、使い方によって部屋をアップグレードしてもらえる言葉です。この言葉は、ホテル業界の専門用語であるため、何らかのホテル関係者や難しい人だと思い、いい部屋にアップグレードしてもらえる可能性があります。 「ハイフロアアサイン」の上手な使い方を見てみましょう。

ハイフロアアサインを希望します

関連タグ

アクセスランキング