IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シラフの意味や由来はなに?|例文や類義語・対義語もあわせて紹介

更新日:2022年06月22日

言葉の意味

「シラフ」という言葉の意味をご存知でしょうか。普段の会話で耳にしたことや、使うシチュエーションに遭遇したこともあるでしょう。この記事では「シラフ」の意味や使い方などを紹介しています。「シラフ」を正しく使用できるようになりましょう。

「シラフって時々聞くけど、どんな意味があるの?」 「シラフってどういう風に会話の中で使えばいいのかわからない」 「似たような言葉や反対の意味の言葉にはどういうのがあるの?」 このようにシラフという言葉について疑問があるという方もいるのではないでしょうか。 この記事ではシラフの意味や由来、例文などについて紹介しています。意味を理解できれば、文章の中で正しく使えるようになるでしょう。 また、類義語や対義語も紹介しています。シラフに関する他の意味のバリエーションを知っておけば、シチュエーションによっての使い分けや耳にした時に理解しやすくなります。 シラフという言葉にまつわるいろいろなことを理解し、ボキャブラリーに加えましょう。

シラフの意味

シラフの意味は、酒に酔っていない状態のことをいいます。お酒を飲むと酔っぱらっていつもと違い、毒舌になったり、陽気になったりなど人それぞれ変化の仕方がありますが、その変化が起きていないいつもの状態、通常どおりの状態を指すときに使われます。

シラフの漢字

シラフを漢字で書くと「素面」「白面」と書きます。両方の漢字に使われている「面」というの字は「つら」とも読み、顔を表すことから顔に関する表現だということが分かります。 また「素」の漢字も酒を飲んでいない状態のことを指し、お酒を飲むと顔が赤くなることから、お酒を飲んでいない状態を「白」という漢字で表現したことから、素面・白面と書くようになりました。

シラフの由来

シラフの由来は漢字で表すと分かるように「素面」「白面」と書き、お酒を飲んでいない素の表情・白い顔の状態が由来とされています。何気なく使っているシラフという言葉ですが、本来の意味や由来をきちんと知ってから使うように心がけましょう。

シラフの使い方

シラフという言葉を使う時はお酒に関連する話題の時でしょう。 お酒の席などで「車で帰るの?お酒は飲んだ?」と聞かれた時などに「いいえ。お酒は飲んでいないのでシラフです」のように使われます。その他にも「シラフなのにふらふらしている。具合が悪いのかも」のようにも使えます。 日常会話にも登場する言葉のため、使用するシチュエーションなどはあまり選びません。

「シラフ」の例文

シラフとはどのような場面で使われるのか、シラフという言葉はどのように会話で使うのかを実際に例文をいくつかあげながら例文の意味とともにご紹介します。実際にシラフという言葉を使う際に本当に使い方が正しいのか今一度確認しましょう。

例文1「シラフでは言いにくい話」

正直シラフでは言いにくい話なのですが、昔からずっとあなたのことが気になっていました。こんな僕で良かったら付き合っていただけませんか?」 「シラフでは言いにくい話だったので今話すんですが、この前先輩が合コンしている居酒屋に僕も居たんですよ」

例文2「酔いがさめてシラフになる」

「あんだけ酔っ払っていたのに少し時間をおいただけで酔いがさめてシラフになるなんてきみ凄いよ」 「酔いがさめてシラフになるように、少しそこら辺まで散歩してきたらいいと思うよ」

例文3「シラフの状態」

「シラフの状態でよくそんなこと言えるね~さすがに尊敬するよ」 「昨日あんな事あったけど、結構酔い覚めてシラフの状態だったから覚えてるんだよね」 「シラフの状態でよく飲み会に参加できるね」

次のページ:シラフの類義語
初回公開日:2018年01月12日

記載されている内容は2018年01月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング