IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「本質」の意味・本質を見抜くとはどういう事か・本質主義の意味

初回公開日:2017年12月26日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

本質の意味を理解できたら、悩みが少しずつ減っていくのを感じます。物の本質の意味を理解すれば、それを使いこなす事ができるように、他人の本質を知れば、割り切ることができ、人間関係も円滑になります。動物の本質の意味と人間の本質の意味の違いも分かります。

「本質」の意味

物の本質の意味とは、その物の特徴を指します。では、動物はどうなのでしょうか。動物の本質の意味は、野性的であり直情的な行動だといわれています。ではペットの本質の意味とは何でしょうか。ペットの本質の意味は、野生のそれとは少し違います。彼らは、人間に近い感情を、それぞれの環境により育んでいったからです。 人間のような可愛がられ方をすれば、その反応もいくらか情緒的になります。ペットは、人間が庇護する立場にあり、癒しでもあり、笑いでもあり、家族だという人もいます。その本質の意味は、飼い主によって見方に違いがおきます。物事の本質の意味を、見誤ると、小さな問題がいくつも起きてきます。

本質を見抜こう

本質の意味を見誤れば、人間関係の悪化や、それにより職をなくしたり、友人関係に亀裂が入り、恋愛関係を悪化させます。言い過ぎではなく、真実です。すこしずつでいいです。本質の意味を考えることから始めましょう。

「本質を見抜く」とはどういう事か

心の強さと弱さ

その時、心が強いかでも、物事の本質の意味は変わってきます。人は心が弱くなっているとき、自分でも思いもよらなかったことを、考えることがあります。いつもなら、しない失敗もしやすくなりますし、心が落ち込みやすくなります。 人によっては、自己嫌悪と懺悔に心が洗われて、人間の持つ本質が、向上する場合もあります。逆に、普段は好調に全てが進んでいるために、有頂天になっている人がいたとします。そんな調子のよいときに、思いがけず、がっかりする展開がまっていたりすると、人によっては自分でも驚くほどに逆上することでしょう。 そうなると人は心が乱されますが、その心の隙が、心の弱さです。本質の意味を常に考えて、本質を見抜く癖を持つ人は、心が強くなる傾向にあります。本質を見抜くのは、あらゆる可能性を考えることです。

本質を見誤る時

独りよがりな考えをしている時に、人は本質を見誤ります。自己中心的な考えは、そうとはしらずに、相手を陥れることもあります。そして、偏見を持っている時もそうです。要は、好き嫌いがあり、互いを映し鏡にしているのでしょう。 しかし、だれでも多少はそうした傾向があります。機嫌のいい時もあれば、体調の悪い日もあり、タイミング悪く相手に電話してしまうこともあります。そんな時は、帰宅してゆっくりお風呂につかるぐらいしかできませんが、人は案外、しっかり睡眠をとるといった、規則正しい生活をすることで、気持ちの回復ができます。 ときには、肩の力を抜いて生きていきましょう。本質の意味を毎日考えるのもいいですが、やはり考えない一日の休息は必要です。忙しい毎日の中、大変ですから、しっかり体調を整えましょう。

本質をなぜ見誤ったか?

相手に要求ばかりで、何も伝えていない時に、相手の本質の意味を見誤ります。もしくは、相手の環境や状況が悪く、居心地が悪い状態なのでしょう。お互いの普段のテンションが違いすぎると、誤解もうまれます。また、自分の事ばかりに気を取られると、周りの状況を見落としかねません。 ときどきは、今やっていること以外の、他の仕事について語り合うなど、コミュニケーションをとると良いです。そうすれば、別の情報が入ったり、相手が体調が悪い事に気がつくなどし、周りに気を配ることができ、物事の本質の意味を見誤ることが減ります。 思い込みは厳禁です。あまり思い込みの激しくない人も、念のために確認するなど、会話を密にすると良いです。相手が遠慮せずにすみます。そのためには、心をオープンにするように心がけると良いでしょう。

仕事の本質とは何か

仕事の本質の意味は、仕事の目的を明確にする事です。この仕事で一番に何を得ようとして、この業務で何ができ、何を求められているのかまでを、しっかり把握するようにすると、仕事の本質も本質の意味も見えてくるものです。 それにより、仕事をするうえでの優先順位や、自分の立ち位置がはっきりすると分かってくるでしょう。それも本質の意味を理解することにつながります。自ら、今の仕事で何を求められ、何にポイントを置いているのかをつかみ、状況を把握するようにすると、次の行動も起こしやすくなります。 例えばの話ですが、仕事を教えてもらえなかったとします。その場合は、それ以上の仕事を求められていないのだと知ることができます。 しかし早合点はいけません。分からなければ、自分から質問を投げかけるなどすると、相手の態度も変わってきますし、それだけその仕事に対して、熱意と愛情を持っているのだと、相手に伝えることができます。

正しく評価されよう

新入社員ですと、自己主張を気後れしてしまいがちですが、面接時や履歴書で自分の長所をアピールしたのですから、業務についてからも、遠慮せずに堂々と自分の能力をアピールし、自分が本来どのような人なのかを、きちんと理解してもらいましょう。 そうするためには、自分のできることを率先して行うか、履歴書に記載したアピールポイントどおりに、自分の持ち味を活かす努力をしましょう。それを活用できないポジションに今いるならば、自分の得意分野に対しての意欲がある旨を、もう一度しっかりと、相手に把握してもらう必要があります。 自分を正しく評価してもらうことは、その後の人生を左右します。自分を大事にすることが、周りにも大事にされるコツです。自分らしさが周りを引き寄せます。自分らしくのびのびとできることの中に、長所がちりばめられている可能性があるからです。

遅いのか丁寧なのか

関連タグ

アクセスランキング