IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トロイメライの意味・楽曲「トロイメライ」の歌詞の意味

更新日:2023年09月14日

言葉の意味・例文

トロイメライ、その言葉の意味を知らなくても、その曲を知らなくても、1度は聞いた事があるでしょう。どんな曲か思い出せなくても、再び聴けば、懐かしく思い出すでしょう。そんなトロイメライの意味とは?トロイメライという曲とは、歌詞とはどんなものなのか?お話し致します。

トロイメライは何語?

「トロイメライ」という言葉を聞いた事があるでしょうか。「トロイメライ」はドイツ語で、「Träumerei」と書きます。

ドイツ語とは?

ドイツ語は、インド・ヨーロッパ語族やゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語です。ドイツ語を話す国は、ドイツをはじめオーストリア・リヒテンシュタイン・ルクセンブルク・スイス・ベルギー他、38カ国です。 ドイツ語を話す人口は、約1億3000万人ですから、およそ日本の人口と同じです。2017年12月に公表された日本の人口は、1億2670万人です(総務省統計局発表)。

Träumereiについて

Träumerei(トロイメライ)は、古いドイツ語の「troumen」が語源です。「troum」は夢という意味を持つ名詞です。「ei」という動詞をつけることで、夢見る・夢見がち・夢見心地などの、夢の場所を表すTräumerei(トロイメライ)というワードになりました。ドイツ語の「Traum」や、英語の「dreamer」も同じ意味の単語です。 ちなみに心理学用語のトウウマ(trauma)は、傷という意味のギリシャ語です。夢という意味のTräumerei(トロイメライ)とは語源が違います。

トロイメライの意味

「トロイメライ」とは、「夢」「夢想」という意味を持っています。では、その「トロイメライ」の意味について、説明していきます。

夢の意味

「夢」とは、眠っている時にまるで現実の事のように感じる視覚像として現れるものを意味します。しかし、「夢」の意味は、それだけではありません。「将来野球選手になりたい」「医師になりたい」というように、将来実現させたいと思う事柄や、「もしも宝くじが当たったら世界一周旅行をしよう」と空想する事も、「夢」の意味に含まれています。

夢想の意味

「夢想」とは、夢の中で思う事や、夢に見る事など、実際に夢に見る事を意味するだけではなく、夢のようにあてもない事を心に思う事や、空想する事という意味もあります。

ドイツの作曲家シューマンのピアノ曲集「子供の情景」の第7曲

ロベルト・シューマンというドイツの作曲家がいます。1810年に生まれ、1856年に46歳で亡くなりました。同じ1810年生まれの作曲家に、ポーランド出身のフレデリック・ショパンがいます。 シューマンはピアニストを目指していましたが、指を痛めて作曲家に転向したため、シューマンにとってはピアノは最も親しみのある楽器でした。そのため、初期の作品はピアノ曲が多くあります。 シューマンの作品15は「子供の情景」という組曲で、1838年の作品です。13曲から成ります。その第7曲が「トロイメライ」です。「トロイメライ」は、ポリフォニック(多声音楽)の手法で四声の作品です。4分の4拍子、ヘ長調で4小節の旋律が8回繰り返される、正に「トロイメライ」、「夢」という意味を持つタイトルが相応しい作品です。

トロイメライは「子供の情景」の中で最も有名な曲

この組曲「子供の情景」に取り組んでいた頃のシューマンは、後の妻となるピアニストのクララとの結婚を反対されていました。クララの父はシューマンの恩師でしたが、その恩師に結婚を反対され、シューマンはクララと結婚するため、恩師相手に裁判を起こしました。 その頃クララへ宛てた手紙で、「時々あなたが子供に思えます」と綴っています。その言葉の余韻の中、この組曲「子供の情景」は作られました。 「トロイメライ」は、シューマンの作品である組曲「子供の情景」の中でも、一番有名な曲です。そして、シューマンの作品全体の中でも、一番有名なピアノ曲です。多くのピアノ愛好家のみならず、ピアノやクラシックに親しみのない人にも知られる曲です。 「トロイメライ」は、オルゴールに使われている事も多いです。「トロイメライ」という曲名を知らなくても、幻想的なメロディを聴けば、「あぁこの曲」と思い出すでしょう。

楽曲「トロイメライ」の歌詞の意味とは?

次のページ:パスピエの「トロイメライ」
初回公開日:2018年01月23日

記載されている内容は2018年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング