IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

250ccビッグスクーターおすすめ11選|メリットとデメリット

更新日:2022年11月14日

車・バイク

最新250ccクラスのビッグスクーターをご紹介します。250ccは、販売されているモデルが少ないため同一クラスの150cc、200ccのスクーターも合わせてご紹介します。高速道路の走行も可能で、車検が不要なため維持費を抑えることができる実用的なバイクです。

レビュー

新型FORZAの従来モデルの250ccスクーターであるため、基本性能は高いです。 新型FORZAからデザインが一新されたので、従来型の熟成バージョンという位置づけです。全体的には不満が無い装備です。 新車の250ccのスクーターの購入をご希望の方におすすめです。

おすすめ8:「SUZUKI SKY WAVE」

おすすめ8は、SUZUKI SKYWAVEです。従来モデルの250ccスクーターで店頭在庫または中古車で探すことになります。 開口部の幅や深さを考慮した大容量のシート下トランクスペースが魅力の一つです。また、使い勝手の良い長方形でフルフェイスヘルメット2個を収納しても、スペースに余裕があります。さらに、工具の収納に便利な小物入れも左右に装備しています。 ロングツーリングに適したおすすめのスクーターです。

レビュー

250ccの余裕ある排気量に加えて、大容量63Lのシート下トランクスペースがセールスポイントです。 新型に拘らない方で、ツーリング重視または手荷物が多い方におすすめのスクーターです。

おすすめ9:「YAMAHA MAJESTY」

おすすめ9は、YAMAHA MAJESTYです。従来モデルの250ccスクーターで店頭在庫または中古車で探すことになります。 従来のYAMAHAを代表する人気モデルであり、基本性能は申し分ありません。250ccクラスのスクーターの中でも、スタイルを全面に押し出したモデルです。 人気モデルであり、市場に出回った台数も多く、豊富な中古車の中から選定することができるおすすめのスクーターです。

レビュー

かつて人気のあった250ccのスクーターであるため中古車の玉数が豊富です。とりあえず、250ccクラスのスクーターに乗ってみたいが、極力、資金を抑えたい方におすすめのスクーターです。

おすすめ10:「YAHAHA MAXAM」

おすすめ10は、YAMAHA MAXAMです。従来モデルの250ccスクーターで店頭在庫または中古車で探すことになります。 ベストタンデムアーバンクルーザーというキャッチコピーで、2人乗りの快適性は他のスクーターと比較すると群を抜いています。ただし、スタイル先行のため、トランクルームは狭くツーリングよりはタウンユースに向いているスクーターです。 スタイル重視の方におすすめのスクーターです。

レビュー

かつて、若者中心に起きたビッグスクーターブームの真っただ中に販売されたデザイン重視のスクーターです。この先、同じコンセプトのスクーターはいつ発売されるかわかりません。 他に類を見ないオンリーワンをご希望の方におすすめのスクーターです。

おすすめ11:「HONDA FUSION」

おすすめ11は、HONDA FUSIONです。従来モデルの250ccスクーターで店頭在庫または中古車で探すことになります。 FUSION、ロー&ロングの個性的なデザインを採用したロングセラーの250ccスクーターです。レトロ感覚とスタイルが融合された貴重なモデルです。スタイル重視のスクーターですので、トランクルームは狭いです。 お手頃価格のスタイリッシュなスクーターに乗りたい方におすすめです。

レビュー

発売されていた当時でも、奇抜なデザインは、他のスクーターからは一目を置かれる存在でした。古いようで新しいという不思議なデザインのスクーターです。 未来的なスクーターをご希望な方におすすめです。

モンスターエナジー レッグポーチ

アウトドア多機能レッグバッグです。バイクツーリングはもちろん、サイクリング、登山、ハイキング、フィッシングにも最適です。写真撮影などのアウトドア以外のビジネスバッグとしてもお使い頂ける用途の広いおすすめの商品です。 脚と腰のベルトでしっかりフィッティングします。 メイン素材: ポリエステル 留め具の種類:ファスナー 商品重量:404 g 梱包サイズ:33.1 x 27.9 x 10.3 cm メーカー型番:A-100 色:黒

次のページ:メーカー別おすすめ250ccスクーター
初回公開日:2018年01月27日

記載されている内容は2018年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング