IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

250ccビッグスクーターおすすめ11選|メリットとデメリット

更新日:2022年11月14日

車・バイク

最新250ccクラスのビッグスクーターをご紹介します。250ccは、販売されているモデルが少ないため同一クラスの150cc、200ccのスクーターも合わせてご紹介します。高速道路の走行も可能で、車検が不要なため維持費を抑えることができる実用的なバイクです。

ビッグスクーターのメリットとデメリット

ビッグスクーターのメリットは、250ccクラスであれば高速道路も走行でき、車検が不要で維持費を抑えることができます。また、シート下にはトランクルームがあり荷物を手軽に収納できます。 ビッグスクーターのデメリットは、MT車(マニュアル車)と比較すると250ccでも加速性能や安定性が低く、ワンテンポ遅い反応となります。コーナリング時のバンク角は浅く、スピードは低めです。

ビッグスクーターのメリット

スクーターの最大のメリットは、AT車(オートマティック車)であることです。AT車は自動変速機となっており、適切なギアが自動で選択されます。クラッチ操作が不要なため楽な運転ができます。利便性と実用性が高いビッグスクーターはおすすめです。

ビッグスクーターのデメリット

AT車のメリットはデメリットともいえます。二輪車は趣味の要素が高い乗り物であり、MT車(マニュアル車)に好んで乗る方もいます。AT車ではバイクを自由に操る感覚が希薄です。MT車の爽快感や操縦感覚を求める方には、MT車をおすすめします。

250ccスクーターおすすめ11選

2000年~2010年頃にあったビッグスクーターブームの時代には、多くの250ccビッグスクーターが発売されていました。ところが現在は、HONDAから2種類、YAMAHAから3種類、SUZUKIから1種類の計6種類しか新車を購入することができません。 今回は、新車購入できる6種類と比較的入手しやすいビッグスクーターおよび個性的なビッグスクーターを紹介します。

おすすめ1:「HONDA FORZA」

おすすめ1は、HONDA FORZAです。人気モデルの新型250ccスクーターです。 スーパースポーツのスクーター版がコンセプトであり、スポーティな走りを満喫できます。従来モデルのFORZA SiのABSタイプに比べ10kgの軽量化を図り、ホイールベースは35mm短縮しています。 250ccビッグスクーター未経験者の1台目やスクーター選びに迷う方にもおすすめです。

レビュー

新型の250ccのFORZAは発売前のため、実車はモーターサイクルショーでしか見ることができません。 フルモデルチェンジしたPCXに近いデザイン性で、落ち着いたデザインを好きな人には好感触な王道デザインです。 デザインよりも機能重視の方にはおすすめのスクーターです。

おすすめ2:「YAMAHA XMAX」

おすすめ2は、YAMAHA XMAXです。スタイリッシュな250ccスクーターです。 TMAXの迫力を踏襲したMAXシリーズの最新鋭バイクです。名車MAJESTYより、やや大きなボディでありながら、車両重量は179kgで、MAJESTYの188kgより9kgも軽量化されています。 スポーツ志向を全面に打ち出したおすすめのスクーターです。MAJESTY以上の人気が期待されています。

レビュー

デザインに優れた250ccスクーターです。また、リアビューは視認性が高く、四輪車への存在アピールとなり、二次的な安全確保が期待できます。 シートポジションは快適で、一般道路、高速道路ともに安定した走行が期待できます。

次のページ:おすすめ3:「SUZUKI BURGMAN」
初回公開日:2018年01月27日

記載されている内容は2018年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング