IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

画材別筆塗りのコツ|水性ホビーカラー/水性塗料/ファレホなど

初回公開日:2017年12月22日

更新日:2020年07月17日

記載されている内容は2017年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

プラモデル好きならば、組み立てた模型に色を塗りたいと一度は思ったことがあるでしょう。でも大変そうだし、道具も持っていないし、どう考えて諦めていませんか。この記事では、筆塗りのコツをご紹介しています。意外と簡単なので、さっそく始めてみませんか。

プラモデルを筆塗りするコツ

プラモデルを筆塗りするコツ
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

プラモデルを筆塗りする方法は、さまざまです。塗り方にこれといったルールがあるわけではありませんが、初心者でもある程度きれいに塗れる筆塗りのコツをご紹介します。 筆塗りの一番の敵は筆ムラです。この筆ムラを極力なくす塗り方は、塗料を薄めて重ね塗りすることです。塗料は3倍以上に薄めるのがコツです。一度できれいに塗ろうとせず、塗って乾かすを繰り返すと初心者でもかなりきれいに仕上がります。 塗料を塗料皿に出して使いますが、時間が経つと揮発してしまいます。塗料が重いと感じたらその都度薄めるのがコツです。

筆塗りに合った筆選びのコツは?

Xpassion ペイント ブラシ アクリル筆 油絵筆 水彩筆 画筆 10本ブルー
Xpassion ペイント ブラシ アクリル筆 油絵筆 水彩筆 画筆 10本ブルー

筆塗りに「この筆でないとダメ」ということはありません。筆先も毛やナイロンなどいろいろなものがあり、固さやコシが違ってきます。塗りたい場所によって使い分けてもいいですし、自分の使いやすい好みの筆を見つけるのがコツと言えるでしょう。 初心者でとりあえず筆塗りしたいという方なら、まずは100円ショップの筆を使ってみてはいかがでしょう。使っていくうちに、もう少し細いものが欲しいとか、コシが欲しいとか自分の好みが分かってくるはずです。それから足りないと思うものを買い足せばOKです。

画材別筆塗りのコツを見てみよう!

画材別筆塗りのコツを見てみよう!
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

筆塗りで使える塗料にも色々な種類があるのをご存知ですか。塗料にはそれぞれ違った特性があり、使い分けることでさらにプラモデルを美しく仕上げることができます。 それぞれの塗料の筆塗りのコツを見ていきましょう。

水性ホビーカラー

水性ホビーカラーは、臭いもほとんどなく、水で薄められるので子供でも安全に使える塗料として人気があります。さらに、水で薄めても乾燥させると耐水性に変化するという特徴があります。 水性であることから、他の塗料と比べると乾燥時間が長くなってしまいますが、乾燥が遅いことで、筆ムラを防ぐことができるので、筆塗りにはとても適した塗料です。 水性ホビーカラーの筆塗りのコツは、同じ方向に一定に塗ることで、筆塗りの際に出る段差を減らし、きれいに仕上げることができます。塗料に含まれる水分量が多いほど乾燥に時間がかかるりますが、慣れるとあまり薄めずに塗ることもできます。

水性塗料

水性ホビーカラーは、ホビー用に特化した色のバリエーションなどが揃っていますが、一般的な水性塗料もプラモデルに使うことができます。 特性はホビーカラーと同じで、乾くのに時間がかかりますが、水で薄めたりできるため取り扱いがしやすく、保管もしやすいのが特徴です。水性塗料は価格が安価なのもメリットです。 筆塗りのコツも同じく、一定方向に筆を動かして塗りましょう。ただし、湿度が高かったりすると乾燥にさらに時間がかかるので、気温などに気を配るのもコツです。

ファレホ

ファレホは、ボークスから販売されている水性アクリル塗料で、隠ぺい力が高く伸びがいいので筆ムラができにくいという特徴があります。この塗料、基本的には筆塗りに適していて、筆塗り派にはうれしい塗料として人気があります。 筆塗りのコツは、きちんと乾燥させてから重ね塗りするができます。ただ、乾燥する前に重ねてしまうとよれて筆ムラになってしまうので注意が必要です。

エナメル塗料

エナメル塗料も筆塗りに適した塗料です。一番の特徴は伸びがいいことです。伸びがいいので筆ムラができ難く、乾燥した後の発色の良さも抜群です。紫外線に強く、色褪せしにくいというメリットもあります。 水性塗料と違うことは、塗料を薄める時や、筆を洗うのに専用の溶剤が必要になってくることと、独特の臭いがあります。 エナメル塗料も、塗って乾かすを繰り返すのが基本です。1回目の塗装を横方向に塗ったら、2回目の塗装は縦方向に、というように交差するように塗っていくのがコツです。こうすることで、一定の厚さで塗ることができます。

アクリジョン

GSIクレオス アクリジョンカラー NS30 アクリジョンスターターセット
GSIクレオス アクリジョンカラー NS30 アクリジョンスターターセット

アクセスランキング