IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オファー面談での確認事項|年収/労働条件・注意点|服装/持ち物

更新日:2020年08月14日

就活マナー

オファー面談で気をつけたいこと、オファー面談で聞いておきたいこと、集めてみました。オファー面談が会食だった場合どんな意図があって会食なのか、オファー面談が会食ってどんな気持ちでいけば良いのか?オファー面談にかかわるメールのやりとりの例文もお教えします!

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

オファー面談での確認事項

オファー面談とは、就職が決まった内定先と、意志の相違がないか。メリットでメリットはしっかりと伝え合っているか、最後に確認が出きる機会のことです。これは内定が決まった後に、「オファー面談を開催します」と企業側から連絡がありますので、かならずしも行なわれるとは限りません。「条件提示面談」ですとか「処遇面談」などという呼びかたをされる可能性があります。 内定とは、おおよその就職は決定しているものの、細かな条件などはまだ未定の状態のことを言います。そのため、このオファー面談でしっかりと条件を確認しておく必要があります。詳しくは、企業側からどんどんと質問をされるので、それに対して正直に答えていけば大丈夫です。それではいったいどんなことをするのか、どう答えたらいいのか、詳しくご紹介して行きましょう。

年収・給与

仕事で大切なこと、給与(年収)についてです。まず、事前に自分のなかでも概算を計算しておきましょう。月収かける12ヶ月でおおよそのものが出せるので、それをメモなり暗記なりしておきます。そしてオファー面談で「わたくしの年収はどれくらいになりますでしょうか?」と素直に聞いてみてください。 あちらもその場で計算してくれたり、事前に用意しておいた見本の概算が乗っている用紙を見せてくれたりと、なにかしら用意をしてくれているはずです。残業yがある場合は残業代もおおよその金額を入れてもらいましょう。そして実績給があればそれも上乗せしてもらわなくてはいけません。 妥協せずに擦り合わせを行なって、納得した上で仕事を初めて見るのはいかがでしょうか。

労働条件

オファー面談ではさまざまなことを擦り合わせしていきます。たとえば労働条件です。最近のベンチャー企業などのなかには、出社しなくてもいいというところもあります。テレビ電話を使って会議に参加できたり、チャットソフトを利用して仕事場に参加できたりします。 そういった辺りを確認したり、通常の一般的な勤務になる場合も、休み時間はあるのか、何時からなのか、残業はいったいどれくらいあるのか、月々のお休みはいったいどれくれいもらえるのか、休日出勤はあるのか。そのさいに振り替え休日はもらえるのか、など、とくにお休みについてよく聞いておいてた方が良いでしょう。 また転勤の有無や、あるならば、いったいどれくらいの年数で(頻度)であるのか、は確認しておいた方が良いでしょう。

オファー面談で落ちないための注意点

オファー面談は、あくまでも内定者との最終打ち合わせであり、就職が約束されている訳ではありません。和やかな会議のような間隔で行なわれることも多いですが、ここで気を抜いて、やはり不採用に、となってしまっては意味がありません。 そうならないための、服装で気をつけたいポイントや、質問の内容、オファー面談で落ちないための注意点をご紹介していきます。

服装

オファー面談の服装ですが、企業によって「指示があるところ」と、「特に指定無し」、のところがあります。例えば、いままで、リクルートスーツが定番だった訳ですが、「特に指定無し」という場合は「私服でも可」ということです。 「私服でも可」ということは、内定者にはもうあまり気を張らず、素直な気持ちをもって話しに来て欲しいとおもっているからです。それにはある程度答えた方が、失礼に当たりません。なので、指定がなかった場合は、素直にビジネスカジュアルでおもむきましょう。ジャケットにワイシャツ、このときワイシャツは淡い水色などでもかまいません。スラックスやチノパンに、革靴を履いて行くのが良いでしょう。 女性は、ブラウスにジャケット、膝丈のスカートに地味でヒールの低いパンプスが良いでしょう。

持ち物

オファー面談のときの持ち物ですが、まずはスケジュール帳です、これはデジタルなものではなく、アナログな手帳を用意した方が印象がいいです。そして筆記用具です。筆記用具はメモ帳、ペン、このときのペンですが、ボールペンだけではなく、シャープペンシルや赤ペン、蛍光マーカーのような、色ペンも用意しておきましょう。 相手から渡された資料や書類には、「線を記入してもいいか」きちんと確認をとってから、マーカー線をひいたりするようにしてください。 腕時計はしておいたほうがいいです。あまり時計を見すぎると「オファー面談より大事な用事が控えていますか?」と悪い印象を与えてしまいます。しかし時計を私服でもしているというのは、ビジネスカジュアルにはとても大切な要素です。

交渉

オファー面談においての、交渉の仕方ですが、まずいったい、どんなときにオファー面談で交渉をしなくてはいけないか考えてみてください。 それはオファー面談をする企業が第一志望の企業ではなくて、第一志望からの結果を待っているというときです。そう言った際とても困ります。そう言った際でも、一週間から二週間は上手に言えば待ってもらえます。「正直に申し上げまして、御社の条件で◯◯◯について悩んでおりまして、考えるお時間を頂戴をできませんでしょうか」と素直に申し出てみるのもありです。 他の部分を悩んでいることにして、時間を稼ぐのです。しかし企業側もプロです。嘘をついているのはバレるので、堂々と話すことが大切です。

質問

初回公開日:2017年12月02日

記載されている内容は2017年12月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング