IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「渋い」の意味6つ|渋い男の特徴と条件6パターン

更新日:2020年05月13日

言葉の意味

「渋い」という言葉をピックアップいて、正しい意味や使い方についてご紹介しています。また、釣りや関西・博多弁など、さまざまなシチュエーションにおける「渋い」の意味・ニュアンスや使い方についても紹介しているので、ぜひご覧ください。

「渋い」の意味6つ

「渋い」という言葉は、日常生活でもよく耳にしたり使ったりする言葉の1つだと言えるでしょう。 食べ物の味や風味について、「渋い」と表現することもあれば、人の外見や言動に対して「渋い」と言い表すこともあります。 このように、「渋い」という言葉にはさまざまな意味や使い方があり、いろいろなシーンで使用できる言葉となっています。今回は、「渋い」という言葉のさまざまな意味や使い方についてご紹介していきます。

意味1:一般的な意味

「渋い」という言葉は、日常生活でも比較的使う機会が多いので、聞き慣れている人も多いですが、正確な意味や使い方をしっかり理解している方は、意外と少ないです。 「渋い」の一般的な意味としては、渋柿を食べた時などの舌がしびれる味や不満そうなようす、お金を出すのを嫌がるようすなどがあげられます。 「渋い」という言葉には複数の意味や使い方があるので、意味やニュアンスによって使い分ける必要があります。

意味2:人に対しての意味

人に対して使われる「渋い」は、「渋い」の複数の意味の中でも、「はででなく落ち着いた趣がある。じみであるが味わい深い」というニュアンスに近いです。 言動や格好が年齢よりも大人びていたり、やけに落ち着いていたりする場合に使用されることが多いです。 また、若い人が和食や薬味などが好きな場合に、「渋い食べ物が好きなんだね」などと、「渋い」を使うケースもあります。

意味3:外見や言動に対しての意味

「渋い」という言葉は、若い人だけに使われる言葉ではありません。高齢者などにも、場合によっては使用することもあり、人の容姿や言動、趣味・思考を表現する言葉として使われています。 外見や言動に対しての「渋い」の意味は、「落ち着きがある」「趣がある」といった意味として使うケースが多いです。 「渋くて格好良い」など、人の外見や言動を称賛する際の褒め言葉として使用するケースもあります。

意味4:釣りで使う意味

「渋い」という言葉は、釣りの分野でも使用されることがある言葉です。 釣りをしていて、釣り人などが「渋い」という言葉を使った場合は、魚がなかなか釣れないことを意味します。 釣りの分野における「渋い」という言葉は、あまり良い意味では使われておらず、おもうように釣れていない時や成果が少ないなどに使用されます。また、同じような意味で「食い渋り」という言葉も使われることがあります。

意味5:関西弁で使う意味

言葉の意味は、地方や地域によっても変わることがあります。同じ響きの言葉であっても、地域によって使い方や意味が異なるケースもあるので、会話の際には注意する必要があります。 関西における「渋い」は、「格好良い」という意味の言葉として使用されます。 特に大阪弁では、「渋い」を「格好良い」という感覚で使用することが多いと知られています。関西出身の方に「渋い」と言われた場合は、褒めてもらっていると考えましょう。

意味6:博多弁で使う意味

「渋い」という言葉は、地域によって使い方が変わりやすい言葉と言われており、博多弁の場合も、標準語や大阪弁とはまた異なる使い方をしていると言われています。 渋い味や風味の柿のことを、標準語では「渋柿」などと表現しますが、博多弁では「ガラガラガキ」などと表現されます。 そのため、博多弁では柿の風味や味を表現する言葉として、「渋柿」といった言葉を使わずに、「ガラガラガキ」といった言葉で表現します。

渋い男の特徴と条件

基本的に、どのような世代・年代の人に対して「渋い」を使う場合も、若い人に対して「渋い」を使用する場合と、意味やニュアンスはそう変わりません。 「渋い」は「落ち着きがある」「趣がある」といった意味とし使用され、「渋くて格好良い」など、男性に対しての褒め言葉として使用するケースもあります。 渋い男性の特徴とは、声が低くて寡黙、人に優しくさり気ない思いやりができる、自慢をしないなどがあげられます。

特徴1:声が低くて寡黙

初回公開日:2017年11月05日

記載されている内容は2017年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング