IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サブウーファーの設置位置・高さ|車/PC・パソコン/後ろ/

更新日:2024年01月21日

ガジェット

今回はサブウーファーの位置についての特集です。サブウーファーは音楽鑑賞などの際、低音域を増強・付加してくれるスピーカーのことです。けれどその位置に迷ってしまうのがサブウーファーです。効率よく低音を響かせるためにはどうしたら良いか?徹底解説いたします。

パソコンにサブウーファーを併設する場合の位置はどこが良いのでしょう。サブウーファーは元々床置き用に設計されていますので床に置くのが賢明です。床材はフローリング、カーペット、タイルなど種類があります。

敷物(咬ませもの)の重要性

床が共振しないように床の材質によって咬ませる敷物を使い分けましょう。例えばフローリングだったらコルクが良いでしょう。共振さえ抑えれば音が分離することはありません。低音域は指向性が弱いので何処で鳴っているのか分からない感じになります。 そのため、パソコン両脇のスピーカーから離れた位置にあっても全く違和感はありません。オーディオはスピーカーの位置によって音が変化します。そして、その変化を楽しむものでもあります。サブウーファーの位置によって貴方のパソコン周りが素敵なものになります。色々と試してください。

サブウーファーの高さはどの位置がいいのか

サブウーファーの高さはどのくらいが良いのでしょう。ほとんどのサブウーファーは床に置かれることを前提に設計・製造されています。これを専門用語で2π放射と呼びます。低音域は極めて波長が長いので、床に置くことによって自由空間(4π放射)に設置した時と比較して低音圧を得ることができます。 以上の理由から壁に取り付けるのは良くありません。指向性の理由から壁際やコーナーに置くのも良くありません。2π放射でなくなり低音が持つ周波数の特性が乱れてしまいます。サブウーファーの位置は何もない床の上が理想です。

サブウーファーをテレビと一緒に置く時の位置

サブウーファーの位置は周囲に何もない床が理想です。では大型液晶テレビと一緒の時の位置はどこが良いのでしょう。AVボードの上に置いてしまうと違った問題が発生します。最近のAVボードは頑丈に作られていますが、天板面積が大きいので共振してしまいます。 いくら工夫を凝らしても共振により歪んだ再生音になってしまいます。リスニングポジションの背後、つまり貴方の後ろにサブウーファーを置くスペースはありませんか。壁から離せればベターです。御影石などの固い敷物の上にサブウーファーを置くとさらに音質は向上します。

サブウーファーを机に設置する時の位置

机の上にサブウーファーを置いても問題はないでしょうか。机の素材や面積によります。机が共振して音が歪んでしまっては元も子もありません。サブウーファーの位置は机の下が良いでしょう。パソコンの場合と同じく床置きになります。床の素材に応じて咬ませるものを工夫してください。 素材、面積の他に机の厚みも考慮しなければなりません。十分な厚みがあればメインスピーカーの間においても大丈夫でしょう。自分の耳で音を確かめながらサブウーファーの位置を決めてください。この瞬間が楽しみになります。

サブウーファーの魅力

サブウーファーは低音部を増強・付加するためのサブのスピーカーです。ピッタリの位置が決まれば音響効果は驚くほど向上します。そのためにはサブウーファーの特性・役割を理解することから始める必要があります。 同じ製品でも位置、置き方によって雲泥の差が出ます。本当のオーディオファンは単にリスニングするだけでなくスピーカーの位置決めも楽しんでいます。そこに魅力があるといっても過言ではありません。サブウーファーの最適な位置を見つけてください。

初回公開日:2017年12月19日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング