IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タバコの種類と基本的な味・各銘柄の違い(価格/タバコ葉)

更新日:2020年11月15日

趣味

紙巻きからパイプ用まで各種類のタバコを取り上げます。時代の流れに逆行するかなと自省しつつも、タバコの味や魅力を紹介していきます。極めてポピュラーな紙巻きタバコからパイプ用まで取り上げます。思った以上に種類と銘柄がありますが、魅力的なものを主に取り上げました。

タバコの種類

紙巻

JT製造のものだけでも、タールの含有量などで種類分けがされ127銘柄が販売されています。例えば、「ピースファミリー」など銘柄で種類別のカテゴリー分けをしています。これは、外国製のタバコの場合も同じです。

国産のタバコの種類

国産タバコの種類は、一昔から較べると圧倒的に多くなっています。タバコ専門店の販売コーナーには、溢れんばかりに様々な種類と銘柄のタバコが並んでいます。古くから販売されているタバコから、最近販売されたものまで、特徴的と思われるものを取り上げてみましょう。

レトロな種類の紙巻きタバコ

昔懐かしいものから拾うと、「エコー」、「わかば」、「しんせい」、「ゴールデンバット」がまだ売られております。 ただ、これらのタバコの味は、現在のものと較べると全体的に素朴な喫味です。やはりレトロとでもいうべき種類のタバコなのでしょう。

最近のタバコの種類

最近、の銘柄は、「セブンスター」、「メビウス・ワン・100's・ボックス」、「メビウス・スーパーライト」、「わかば」、「エコー」(2015年度 JT調べ)だそうです。以外なのは、「わかば」、「エコー」が入って来ていることです。 それぞれについてもう少し詳しく見てみましょう。

セブンスター

タバコの中でも味が少しきついイメージのあるセブンスターですが、甘めの風味がありますので吸い慣れると長く愛煙する人が多いタバコと言えます。 タバコを吸っている感じにさせてくれる分、初めての場合せき込む人も見られますが、極端な辛みや甘みは無いので幅広く男女が吸える種類のタバコとなっています。 「セブンスター」の種類は大変多く、「メビウス」、「ウィンストン」の次に種類の多い銘柄となっています。

メビウス

「マイルドセブン」が2013年に呼称を変えて売り出されたタバコです。頭に「メビウス」と冠したタバコのシリーズは「メビウスファミリー」とも言われ、多くの種類を持っているタバコの銘柄となっています。 種類としては、あまりくせの無いタバコとして、多くの愛煙者をファンに持っているタバコと言えます。初心者の方が、最初に吸い始めるタバコとして比較的多い銘柄でありその種類も豊富です。

わかば

320円という、とても安価な値段のタバコですので、お金が無い時に吸うタバコというイメージが強いタバコです。昔から、それなりのはありましたが、タールが19㎎ですので味は辛くストロングな種類のタバコに入ります。 仕事の途中、ちょっと吹かしてまた仕事を続けるような人に一番向いているタバコの種類に入ると言えるでしょう。 「わかば」は旧3級品と呼ばれています。その種類は6銘柄あり、「わかば」、「エコー」、「ゴールデンバット」、「しんせい」、「うるま」、「バイオレット」の6種類となっています。したがって、「エコー」も同じですので、ここでは割愛します。

初回公開日:2018年03月04日

記載されている内容は2018年03月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング