IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

池袋西口の治安|池袋の治安が悪い場所4つ・治安情報4つ

おでかけ

TVドラマやニュースでも治安の悪さが目についてしまう「池袋」ですが、治安が悪いと言っても一体何がどうなって、どう危険なのかを知らないままただ闇雲に倦厭してしまうのはとても残念なことかもしれません。池袋の治安についてご紹介します。

更新日時:

池袋とは

池袋とは

池袋は新宿の歌舞伎町や渋谷のセンター街と並ぶ都内屈指の繁華街で、昼夜を問わず賑わっています。 ニュースでは物騒な事件でお茶の間を騒がせたり、「住みたくない街ランキング」の上位にランクインされたりしています。 池袋は昔から「埼玉の首都」と言われているぐらいに「田舎者」というイメージがあり、さらにそのせいかヤンキーのイメージも重なり治安のいいという固定概念がいまでも根強くなっています。

場所

池袋は東京都に存在する主要な都市名ですが、池袋は上野や品川に対して西側にあり、新宿、渋谷と上から順に並んでいます。電車でも多くの人々が降りる大きな駅です。 今回は池袋をテーマとしていますが、東京都23区内でも西側は一般的に東側よりも治安が悪いという評価も多いです。 しかし、隣の目白は住宅街であり、いわゆるセレブの街として治安がいいとされていますので南口側は池袋の中でも治安が一番いいといわれています。

アクセス方法

池袋駅への行き方としては、山手線では池袋・新宿方面に、埼京線の新宿方面、ほかには湘南新宿ラインつまり、横須賀線や東海道本線、宇都宮線・高崎線方面にも鉄道が通っていますのでさまざまな方面から行くことができるので人も多いです。 また、地下鉄丸ノ内線や地下鉄副都心線も通っているので、地下鉄からでも池袋へ行くことが可能です。車では都道308号線や首都高の中央環状線の利用によって行くこともできます。

池袋の治安が悪い場所

池袋の治安が悪い場所

池袋は全体的に商業地が広がっています。 「池袋は北側ほど治安が悪い」と言われています。これは北側の「北側ほど歓楽街の質が悪い」ことに比例しています。 また、「西口側も東口側よりも治安が悪い」といわれています。お酒でのトラブル、男女間でのトラブルが多く発生していますのでご注意ください。 特に北口側の「へいわ通り」という商店街は要注意です。チャイナタウンがあるのも北側です。

西口側

繁華街のエリアとしましては、池袋駅東口サンシャイン60通りを中心としたエリアと池袋駅西口ロサ会館を中心としたエリアとなります。 歓楽街は、池袋駅の北側エリアとなり、特に西口側が賑わっています。また、サンシャイン近くにも規模は小さいですが歓楽街と言える地域があったりと、西口にも歓楽街は点在しています。 西口側は池袋の中でも一番の繁華街なのではないでしょうか。そのため、繁華街要素は西口側が非常に多いです。

ロサ会館周辺

西口の中でもロサ会館周辺は居酒屋が中心の繁華街となっています。また、キャバクラやガールズバーなども多くいわゆる夜の街です。 そのため、昼間は閑散とした雰囲気が漂う場所ですが、夜になると人が増え始め、黒服の人物も増え始めます。 黒服や客引きは昔、特に2000年代には多かったようですが、取り締まりによりその数は現象したものの、いまだ存在しているので押しに弱い人などは声をかけられても断る勇気が必要です。

西一番街

西口側のうち、西一番街も居酒屋が多いのですが、客引きはもちろんのことぼったくりも多発している傾向にあります。 また、後程紹介しますが、中国人の増加によってチャイナタウンも近くに形成されています。ごみを捨てないでと書かれているのに公然と捨てるといった諸問題も発生しています。 ごみの問題もそうなのですが、政治的なデモも行われているときもあります。諸々兼ねて、現地住民とのトラブルもあったりします。

北口側

北口側

先ほども述べたように池袋の北側、西口側は一般的に治安が悪いと言われています。したがって北口側に行く際は、西口側と同様に注意する必要があります。 ここでは北口側の特に注意する区域について紹介していきます。大きく分けて、北口側の要素はチャイナタウンとラブホテル街に分かれます。 また、西口側と並んで繁華街でもあるので、夜については暴行や傷害が起きたり、わいせつ行為という犯罪も起こったりすることもあります。

チャイナタウン

先ほど紹介したように、池袋にはチャイナタウンといった中国人を主とするアジア系の方々が多く住んでいます。 ここの地域には多くの中華系の店舗がありますが、普通のお店も軒並みそろっていますのでそこまで違和感を覚えることはありません。ちなみに池袋ではそのせいか西口から北口側に並んで中華料理店が多いです。 しかし、暴力団関係の事務所であったり、アダルト系の店もあるので、余り居心地のいい場所とは言えません。

池袋周辺の治安情報4つ

大まかに西口側を主に、区域別に治安について紹介していきましたが、犯罪の詳しい傾向や、また犯罪別にも治安に関する情報を紹介していきます。 池袋はやはり繁華街ですので、暴行事件や傷害事件、ぼったくりなどの金銭的トラブル、ぼったくりなどの金銭的トラブル、男女のトラブルや、風俗関係のトラブルが非常に多いです。 池袋の繁華街に行く際は、特に区域では最大規模である西口側には気を付けるといいでしょう。

情報1:粗暴犯罪が多い

池袋の街は繁華街によって構成されています。そのうえ、居酒屋が多いので夜にはお酒で気持ちよくなった人々やいつもよりも注意が浅くなってしまう人々が続出します。 そのため、粗暴犯罪の中でも、暴行・傷害のトラブルが多くなっていますので、なるべく深く関わらないようにしましょう。

情報2:公然わいせつ行為が多い

公然わいせつ行為も少なくありません。 実際に女性に対して股間を露出するといった事が続出していたり、また後からついてくる男性や浮浪者がいるなど関わる可能性が低いということはありません。 実際、2017年の1月に下半身を露出させ女性に見せることで話題になっていた、「池袋1a出口の男」はテレビで特集され、逮捕されました。 事前に防犯ブザーを持ち歩くという方法を行ってもいいですし人気のないところは避けましょう。

情報3:キャッチや黒服が多い

キャバクラやガールズバーといった店も繁華街なため、池袋には非常に多いです。そのためキャッチとしての黒服も多くなっています。 実際、一昔前までは客引きが非常に多かったものですが、取り締まりの強化により減少し、ある程度は治安が良くなりましたが、かといって無くなったわけではないので警戒するべきです。

情報4:JKビジネスが多発地帯

情報4:JKビジネスが多発地帯

JKビジネスというのは女子高生の恰好をした女性、あるいは女子高生上がりや女子高生自身がデートやスキンシップといったことをサービスとして提供するものを指します。 中には表立っていませんが性的行為まで含むものもあります。池袋ではよく制服を着た女性がチラシを配るという光景を目にします。 こういったものも当然援助交際の温床となりますので、警察も取り締まりを強化しつつあります。

池袋で比較的安全な場所

池袋で比較的安全な場所

ここまで、池袋の治安の悪い地域や犯罪について、主に西口を紹介していきましたが池袋も場所を選べば決して治安が悪いというだけの街ではありません。 池袋の街中の監視カメラの数も増えつつあり、路上犯罪は減少しつつあります。西口以外の各方面での治安について詳しく紹介していきます。

北口側

北口側は西口側でもそうですが、繁華街であり治安についてみてみればあまり良い状態ではありません。 先ほども述べたとおり、チャイナタウンはもちろんのこと、ラブホテル街も存在しています。西口側よりになりますが、その北部の「トキワ通り」は人通りが少ない静かなラブホテル街の一例です。 しかし、おおよそのトラブルは繁華街なので夜に起きやすいので、昼間は特段そういったトラブルは少ないです。

東口側

西口側と比べ池袋駅東口は、サンシャイン60通りにかけては夜遅くまで人通りが多く、会社員も多いので池袋の中では安心感がある場所と言えます。 池袋駅を背にサンシャイン60通りに立った場合、右側はラブホや風俗店の立ち並ぶ地域となります。左側の三越寄りは役所がある地域となり怪しげなお店がほとんどありません。 しかし、裏通りは怪しげな外国人やガラの悪い人がいますので治安がいい場所とは言えないでしょう。

南口側

一番治安が良いと言われているのは、「池袋の南側」となります。 こちらは西口側とは対照的で、目白の閑静な住宅街の方向となりますが、夜の帰宅でも通行人がたくさんいるため人目があり安心ということ、街灯が明るいということが治安の良さに繋がっていると言えます。 立教大学があるのも南側となります。おおよそ、西池袋1丁目あたりをボーダーラインとしてその南側から治安がいいとされています。

西口側

西口側は、サンシャインシティやいわゆる「乙女ロード」を中心とした一角となります。 職業安定所の池袋庁舎があり、平日は無職など、職を求める人たちが集まり、そのためか「ドヤ」と呼ばれる昔ながらの低価格な宿が残っています。 アニメイトの本店(2012年11月頃にサンシャイン60通りへ移転)があり、その為か移転して数年経つ今でも腐女子の聖地となっています。 治安的には池袋の中ではそれほど危ない場所ではないです。

危険な場所は事前に調べて身を守ろう

危険な場所は事前に調べて身を守ろう

ここまで池袋の特に西口についての治安について紹介していきましたが、不安な方はより詳しい治安について調べてみましょう。 事前に情報があるのとないのとでは対応が全くことなりますし、情報はなによりも事前にトラブルが起きることを防いでくれます。 最終的に自分の身を守れるのは自分です。

他の町の治安もチェックしよう

ここまで池袋の治安についてご紹介してまいりましたが、一番最初に述べたように、都内の西側は基本的に治安があまりよくありません。 初めて行く土地や噂されている場所に行く際はぜひ調べてみるべきです。エリアによっては、トラブルが多く、治安が悪いというイメージはやはり拭えません。 しかしこれは日本国内にあるどの繁華街・歓楽街にも同じことが言えます。やはり「人気のない場所には近づかない」という原則は大切です。

関連タグ

アクセスランキング