IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オクタコアとクアッドコアの違い|用途別の選び方

家事

スマートフォンやタブレットを選ぼうとすると、クアッドコアやオクタコアと書かれているものを目にすることはありませんか?書かれているとなんだか高性能なんだろうなと考えてしまいます。今回は、クアッドコアとオクタコアの違いや性能の詳細、選び方を紹介します。

更新日時:

オクタコアとクアッドコアの違い

クアッドコアとオクタコアの意味

スマートフォンやタブレットの宣伝だけではなく、コンピュータの宣伝でも見かけることの多い、「クアッドコア」とか「オクタコア」という言葉ですが、どういうそもそもどういう意味なのでしょうか? クアッド(Quad)とは英語で4倍を意味する言葉で、オクタ(Octa)とは同様に8倍を意味します。 つまり、CPUにコアが4個であるとか8個搭載されているという意味になります。少数派では有りますが6個のヘキサコアであるとか、12個のドデカコアもあります。

CPUのコアとは

昔のCPUは、ひとつのコアしか搭載していませんでした。しかしCPUがどれだけ高速になっても、1つのコアは同時に1つの事しか行うことが出来ません。CPUを早くしても一度に一つのことしか出来ないので、コアを増やして一度に複数のことを同時に行えるようにしたものが、デュアルコアやクアッドコア、オクタコアと呼ばれるマルチコアCPUです。 そのため、コアの数イコール性能というわけではありません。コアの数の多さのみをあらわします。オクタコアやクアッドコアでコアを沢山積んでいても、一つ一つのコアの性能が低く計算が遅いようでは、CPUとしての性能は高くは有りません。 なお、この計算の速さをクロック数と呼び、1.8GHzとか書かれている数字がクロック数です。厳密には、CPUの性能はこれだけでは比較できないのですが、今回の記事では割愛します。

消費電力を抑えるためのマルチコア

スマートフォンやタブレットは、バッテリで駆動する必要上潤沢に電力を使えるわけでは有りません。普段の待ち受け状態やあまり負荷のかからない作業で、高性能のCPUを動作させるのは無駄が多いということで、ヘテロジニアスマルチコアと呼ばれる異なるコアを搭載した設計のものも存在します。 これはクアッドコアであれば、高負荷用の高性能なコアを2個と低負荷用で低消費電力のコアを2個搭載し、合わせてクアッドコアとなるものです。オクタコアであれば、高性能4コア+低消費電力4コアであわせてオクタコアとなります。このような設計にすることで、使うコアを切り替えて消費電力と発熱を抑え駆動時間を延ばすという方法です。

比較

ここまでで紹介してきたとおり、クアッドコアには4個のコアが搭載され、オクタコアには8個のコアが搭載されています。部品点数が増えるということは、単純に価格の上昇を招きます。クアッドコア搭載モデルに比べオクタコア搭載モデルは、高価格の部品を使うということで高性能指向なモデルが多くなり、また端末そのものも高価格な傾向となります。

CPU

コア数だけで比較できるものでもありませんが、基本的には同時により多くの処理を行えるオクタコアのCPUの方が、クアッドコアのCPUよりも高性能でスマートフォンやタブレットの性能も高くなります。ただし、クアッドコアやオクタコアでも○○GHz+○○GHzとかかれているものは、上記の高性能と低消費電力を組み合わせたCPUです。

性能

説明してきたとおり、同時に行える処理数の多いオクタコアモデルのほうが、クアッドコアも出るよりCPUの性能は高い傾向があります。スマートフォンやタブレットの端末の性能は、CPUだけで決まるものではありませんが、当然高価なオクタコアCPUを搭載しているモデルは、高い部品をわざわざ採用するわけですから、高性能指向な端末といえ実際に高性能でしょう。 ただし、実際のところマルチコアすべてを使い切るようなアプリは少ないですし、フルに使うと発熱問題が実用上無視できなくなってしまうので、低い温度で動作するためのキャパシティでしょう。

消費電力

当然のことながら、電気を使う部品であるコアの数が多いほど消費電力は増えるため、クアッドコア搭載モデルよりもオクタコア搭載モデルのほうが消費電力は高いです。高性能なコアと低消費電力のコアの組み合わせで、消費電力を抑える工夫はなされてはいますが、やはり単純に電気を使う部品が多いため、オクタコア搭載モデルはクアッドコア搭載モデルより消費電力が高い傾向があります。 当然ですが、電気を沢山使うということは発熱量も増えてきます。電気を使い熱を発するコアが沢山搭載されているオクタコアCPUは、クアッドコアCPUよりも発熱量が多く、端末の温度もクアッドコア搭載モデルよりオクタコア搭載モデルのほうが高くなりがちです。

用途別のオクタコアとクアッドコア

スマホ

スマートフォンの場合は、電話やメールとSNSなどをメインとして使うような用途の場合は、オクタコアなどの高性能モデルは必要とせず、廉価なクアッドコアで十分でしょう。基本的にこれらの処理は高い負荷ではないためです。 むやみに高性能な端末を購入しても、高いスペックゆえの消費電力の高さなどから、バッテリー運用時間の減少を招いたり、端末価格が高いなどのデメリットが目立ってしまいます。ただし、年契約など簡単に解約できず、端末価格も比較的高いことからある程度高性能なものを購入し将来の陳腐化に備えるという方法は考えられます。 反対に、ゲームをプレイする人は、クアッドコアよりオクタコアなどの高性能を売りにしているモデルを選ぶべきです。基本的にはゲームは、非常にCPUに高い負荷を与えるため、クアッドコアなどの普及価格帯の性能のものより、オクタコアなどの高性能なモデルのほうがストレスなくゲームをプレイすることが出来ます。 動画撮影や写真撮影、また高い解像度の動画閲覧などの画像処理もCPUに比較的高い負荷を与えるため、高性能なモデルを選んだほうが無難です。

タブレット

基本的には、こちらはパソコンの代用とするヘビーユーズが増えてくると考えられ、画面が大きく解像度も高いことから、処理も重くなりがちで性能の高いモデルを選ぶほうが無難ですが、クアッドコアを否定するものではありません。

性能はバランス

バランスが悪ければ性能は思ったほど高くはならない。

端末としての性能は全体のバランスで決まります。スマホの場合ディスプレイやカメラの性能などもありますが、処理に関連する要素はCPUとメモリとストレージです。PCの世界では昔から使われるたとえに、CPUは作業する人、メモリ(RAM)机の広さ、ストレージ(スマホではROMと言う場合も有ります)を机の引き出しの大きさとする例え方があります。 作業する人が多ければ(マルチコア)作業が速く終わりますし、作業する人が賢くても(高いクロック数)作業は速く終わります。机が広ければ色々と広げることが出来るので、作業が行いやすくなり結果的に机が狭いときより作業は早くなります。引き出しが広ければ色々な道具をしまっておけるので、色々なことを行うことが出来ます。 逆に作業する人が賢く沢山居ても、机が小さければ作業効率は落ちてしまいますし、引き出しが小さければ、何も出来ず作業する人を遊ばせてしまいます。スマートホンやタブレットもこれと同じで、いくらクアッドコアやオクタコアで高性能そうな単語を使っていても端末全体としての設計が悪ければ、カタログスペックと実際の性能が乖離するという現象が現れます。

自分の用途を考えて触って確認しよう

「クアッドコア搭載」「オクタコア搭載」などと書かれていれば、高性能なのかなと考えてしまいますが、実際のところは性能はそれだけでは分かりませんが、幸いなことに、スマートフォンやタブレットは、展示機がおいてある場合が多いので、実際にこれを触って確認して見ることが一番です。 こういったものは、比較的長く使い簡単に買い換えられるものでもないので、将来の陳腐化を見越し高性能なものを買っておくのも一つの手ですが、自分が必要とする性能とバランスを考えて数字だけ見て選ばないようにしましょう。

アクセスランキング