IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネットショップの志望動機の書き方|未経験の場合の履歴書・面接

初回公開日:2017年06月26日

更新日:2020年05月17日

記載されている内容は2017年06月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

履歴書や面接カードの前に書くES(エントリーシート)は、ネットショップの志望動機でクリア条件となっています。ネットショップは派遣と比較され採用試験で、志望動機は的を得た内容が条件です。履歴書が魅力ある内容で、文書作成する事も必要条件となります。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ネットショップとは

ネットショップは、仮想店舗の様でリアル店舗に近い存在です。1つの300円商品で何店舗のお店を検索しているか、10000円の消費が高い消費者社会で売り上げを積み上げる仕事とするのがネットショップの社員です。 志望動機で求人側は何を望み、採用側も同じ思いで望まれます。消費分野のリーダー役としてどのように役立ちたいか、具現性と率直姓は必要不可欠となります。

ネットショップは個性が勝負

転職動機として個性的でいい業界は、少ないと思われます。クリエーター系や実販売でない、企画販売職はイメージを現実の市場に合わせるかここが勝負となります。勝ち負けではない、ニーズに合った指向こそ大切な要素と言えます。 ネットショップは実販売の分野ではない、情報解析から市場を読み解くのが仕事です。つまり、あり得る事実から数カ月後の想定はずれは許されない、シビアなせかいとなります。ネットショップは販売側から見た意識は、先が見えにくい市場で転職動機も言葉の選択が非常に難しいです。 ネットショップ関連の求人を探すなら、転職エージェントがおすすめです。あなたの希望に合った求人を紹介してくれますし、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

転職動機で大切な事

ネットショップはTVからパソコン通販まで、インターネット通信を使った技術を利用したサービスを言います。キャストと言われる職業からコールセンターまで仕事は広くあります。 何が得意で、苦手は何かはっきり分かれば志望動機も理想像でいえます。決まったルールではない、非常に難しい選択となります。テレオペという職種は良く聞くようになりました。販売で欠かせない職員で、顧客サービスの窓口です。

求める志望動機

ネットショップは1000アイテム以上の商品を扱う、販売より運用管理的な感覚が求められます。志望動機の理由は最近の流れからフレックス勤務が出来る会社が多いのも、ネットショップショップ企業で採用条件で出ています。 志望動機は勤務時間と自由な職場や担当者の考えが尊重されることも、求職者希望でよくある理由となっています。職場年齢が非常に若いのも転職先として選ばれ、サイト管理の手順が学べることもメリットです。 コミュニケーターという仕事もネットショップの志望動機と採用枠で圧倒的に多く、外の業者さんを含め顧客ニーズ獲得から必要不可欠な存在です。テレオペとも言いますが事務総合の能力が問われる、難しいお仕事となるつつあります。商品検索から在庫まで誘導する為、SVさんまでなるにはかなりの修業が必要となります。

ネットショップ志望動機の例文

簡単に分かやすく志望動機を、ネットショップ企業の多くが電子履歴書提出で実施しています。文字数50文字以下が目安で、ポイントをアピールするのは至難の業となります。 【例文】 ・商品知識を活かし、eコマース市場の業界に興味があり応募します。 ・化粧品販売の経験を、通販事業の商品管理部門で活かしたいです。 ・サイト管理で●●年以上の開発と保守経験があり、適職と考え応募します。 ・営業事務●●の分野でネットショップ運用で経験を積みたいと考えています。 例文の単語でネットショップ管理部門は、商品管理や受注管理とサイト運営も含めると大きく4部門のカテゴリーがあります。専門性で記載する方法と動機の主張から記載、難しい分にならないよう注意する事です。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

職種別の志望動機

ネットショップの職種は、細かく分けると運用や管理をする事務と広告を扱うサイト運用や顧客の受注関係を調整する物流が主体です。専門職エリアでサイト管理の情報セキュリティ対策とデザイン開発の担当をする開発部門系もあります。各分野で必要なスキルや学歴が問われるので、職種は経験と知識のバランスから慎重に選びます。

事務系の職種と特徴

事務管理はネットショップに関わらず、どの業種でも必要不可欠な職員さんとなります。コールセンターや受注管理と商品管理で勤務される方もいますが、データ解析職も最近の募集で目立っています。顧客分析は一定の経験が求められ、事務中級の作業が絶対条件です。 コールセンターの管理職は、事務経験の長い人がなり易く顧客トークも非常にうまい方となります。安易にコールセンターを電話交換のイメージで志望動機を書かない事がコツです。 受注管理は商品の在庫管理や発注と発送の手配と新商品手配を、メイン業務にし付帯で未着とリコール関係も受け持つことがあります。コールセンターと連携し対応する為、顧客管理の経験は必要なスキルとなります。 商品管理は物流部の中枢で、発送納品や検品を担当する仕事は募集でよくでます。新商品の納品と発送手配は前準備で、手間がかかる作業となります。物流は販売の心臓と言われ、スピード感が必要となり業務報告が早い人は適任です。

営業系の広告部門とは

営業系の広告部門とは
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ネットショップのサイトは昔のチラシとなっており、商品を出すメーカさんが望むことです。応募するときに市場の背景をしっかりと確認して、志望動機を書いていくことが必要となります。営業に関係する業務は経験者を中途採用するケースがあります。

広告とサイト管理

広告は商品の回転数に影響する、ネットショップの仕掛けであります。仕掛を担当する広告とサイト管理が使うバナ広告やメディアサイト連携も戦略も担当します。公平性のある表現がサイトで使われているか、確認と変更も業務となっています。 執筆者のeコマース企画参加も広告とサイト管理からで、変わったことは商品数が多くなって販売期間が短くなったことです。時代を作るのが、営業系の広告とサイト管理では求められる能力となります。

情報セキュリティ対策と保守と管理

ネットショップの遠隔操作と乗っ取りで、個人情報が大量に漏れてた事件が続いています。情報セキュリティ対策の業務は、外注でされている企業様が多いです。人手不足で社内SEさんが足りない為、採用は増える傾向が続いています。

ネットショップの履歴書と面接

新卒の志望動機は気持ちが伝わる事が目標、履歴書は志望動機を簡素に書いてもらうのがコツです。在学中で学んだことは役立つか、よく検討して面接カードや履歴書の志望動機を簡単明瞭に書くとことが必要となります。 面接は出来ます発言はされないよう、お勧めしています。経験者も含めて面接官の心象でマイナスされ、誰しもが経験されいる事です。ごく自然な事が原点要因となります。

書類アピールの方向性

書類アピールで方向性を持った希望動機を、しっかりと経験から書きまとめる事です。方向性はノウハウや実務(アルバイト)をバランス感覚を持った内容で、履歴書と面接カードがイメージを確定します。

志望動機のタブー事例

志望動機のタブー事例
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

履歴書と面接カードの志望動機は、自信過剰と取られる文書作成に注意して書きます。 経験者の志望動機でよくあるタブー事例になりやすく、配慮が必要となります。 【志望動機のタブー用語】 ・企業の発展 ・経験を活かし ・●●事業への関与 ・志望動機として ・性格内容を主張 端的な具現性が分からない内容になり易い、誤解を招く単語は使用しないのは書類選考で勝利の法則となります。よく吟味したようで書いたら、舌が噛む文書になる原因です。

新卒者のネットショップ志望動機

利便性からネットショップをよく利用している世代で、仕組みも情報通信にも精通しています。 情報やデザインで新卒は大切な戦力となり、新市場開拓に欠かせない人材と言っていいです。ありのままで面接カードや面接時のコメントも、深く聞かれることは少ないです。

事務職系の志望動機

事務職は文系や理系の方で、ネットショップ業界は志望動機として他の業界と変割らないです。ポイントは、商品を買うお客様が見えない事への拝領を、選考段階で伝えれるかが採用不採用の分かれ道となります。 コールセンターは新卒出身の管理職(SV職)を目指す方もいて、受発注から商品内容を覚えるのは時間が必要です。受発注の部門は別でも総合職採用として応募します。

受発注と技術管理

受発注業務と保守と運用の技術はシステム化され、登録業務はパソコン初心者でも作業できる内容になっています。開発やデザイン系を除いてやれない仕事ではないので新卒者でも勤まる業務です。 保守と開発は情報処理の出身学校は、ITスキルでアルバイトの経験がある場合で対象となります。OJTの配属で保守管理や開発配属になる方も、少数ながら採用枠が企業であります。

特殊業務

情報セキュリティ対策の業務と、システム管理を専門にする部署で名刺に記載されない部門となります。適正人材はプログラマーの経験とサポート実務がある方、大学や専門学校での有資格者が対象です。

ネットショップの採用傾向

ネットショップの採用傾向
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

派遣で仕事場がネットショップという方は、事務のコールセンターや受発注業務で転職される方もいます。派遣採用と正社員採用の比較で、圧倒的に社員さんが少ないのがネッショップ市場です。物流も管理関係が、物流会社に一任している企業さんが大多数となっています。しかし、何も知らないは顧客問い合わせで禁句です。

ネットショップは外注頼み

志望動機は5W1Hを分かりやすく伝えて、数年後どのような自分になりたいか具現性のある内容で面接は望みます。書類選考は経験や業務知識と在学学科のバランスを確認される作業です。派遣のメンバーは経験者が主体で、限られた業務でサポートします。かなりのスキルを持つ方が、ITとサイト運用関係でまれにいます。新卒採用は残った枠の争いで、概ね経験者との席取り合戦です。

ネットショップの最適新卒者

最適な新卒者は経験者のポイントと、変わる事は柔軟性があって知識が深い人が好かれます。ネットショップは店舗で仕事するのと、大きく変わりなくサービススピードも速く求められることが違いです。商品の展開は、カテゴリーから部門にかけて多彩なノウハウと市場分析で新卒採用は活用されいます。この現状を深く認識して採用活動を、求職者や企業を積極的に行ってます。自分の文書でアピールする事は最初の1歩、まねた志望動機がいい結果を生まないです。  

転職成功のポイント

ネットショップはサイトも人もお客様から見られている事を、忘れてはいけない仕事です。人が相手である事に意識して業務に当たれる性格が、適任で好まれる人材となり人生飛躍します。見られてないようで良く観察され、状況判断も試されるので緊張感を持った仕事は他の販売業より厳しいものとなります。商品を楽しくお勧めできるよう心掛けて働く意志が、採用の近道です。面接する立場をよく考え、返答していくのも大切なこととなります。

【面接官の心得】 ・会社の顔であることを忘れずに。外見と口先に気をつける ・おもてなしのココロを忘れないこと。応募者をなめては、いけない ・面接は入社意欲を高めるトコロ ・面接の最初と最後に気を配る ・面接官は口説く能力UPを怠ってはいけない

関連タグ

アクセスランキング