IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【雇用形態別】清掃業への志望動機の書き方と例文|未経験/経験者

更新日:2022年06月07日

書類選考・ES

清掃業の志望動機の書き方とはどのようなものでしょうか。アルバイト、パート、正社員などを別々に志望動機についてまとめてみました。清掃業の場合、大切になってくるのは清掃という仕事を良く理解しているかどうかです。さらに、面接などの注意点もまとめてみました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

清掃業の志望動機の書き方

清掃業の志望動機の基本としては、掃除が好きであるということが一つのポイントです。もしも清掃が嫌いで清掃業の仕事についたらとてもつらく、長続きすることは難しいでしょう。ですので、具体的には、清掃が大変好きで、その好きな清掃の仕事をしたいと思って御社を志望しましたといった内容が良いです。 他には、人が清掃することでよろこんでくれるような仕事をしたいと言っても良いでしょう。大切なことは、人が嫌がる清掃が好きで積極的に仕事を出来ることです。本当に清掃業に対して抵抗の無い人は問題なく清掃業を続けることができます。

清掃業における志望動機のポイントとは

では、志望動機のポイントとは何でしょうか。その会社の情報を収集してどのような人を求めているか明確にします。そうすると大体人が嫌う汚い仕事も出来るかどうかという点がポイントとなってきます。本当の事を言えば、汚い仕事が好きである人は少ないと思います。そこで人よりも汚い仕事に抵抗が少ない人や、それほど嫌いでもないと思う人は応募してみると良いです。あとは、その会社の情報から自分なんりに会社のイメージをつくってそのイメージに合致する内容の志望動機を記載すれば良いです。決して上手な文章で書く必要はありません。自分の素直な気持ちを書けば相手に伝わるでしょう。

採用担当者は見る志望動機のポイント

採用担当者はあなたの清掃業としての素質を見てくるでしょう。継続して仕事を出来る人を探していると言っても良いです。清掃業の場合、長く勤める人はいます。そのような人は、自分に無理がなく仕事をしているのが事実です。そういった意味では、採用担当者はミスマッチが採用においてあってはならないと考えています。 継続して勤務出来る人は本当に長期にわたって清掃業をしています。志望動機や面接などで採用担当者はその素質を見抜く経験があります。なので、無理して会社に合せる必要はないです。本当の自分を採用担当者に見てもらい相性が良ければ、その会社に入れば良いです。 自分の強みをしっかりと相手に伝えられる方法をプロに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

清掃業の志望動機例文

具体的な志望動機の例文はどんなものがあるでしょうか。清掃業でも書類審査で落ちる場合もあります。少しでも待遇の良い清掃業をする為にも志望動機には工夫が必要です。例えば、以前から長いこと清掃業に興味がありいつかやってみたいと考えていました。御社に入社して積極的に清掃業の仕事をしたいと思い御社を志望しましたなどがあります。 この文章では物足りないと感じるかもしれませんが、簡単な志望動機で十分です。採用担当者は、この人なら面接してみたいと考え次のステップの面接となります。あとは、他にもその会社を受けている人がいるので、自分らしい文章を記載すれば良いです。

面接カードの志望動機の例文

面接カードの志望動機は基本的に、履歴書と同じで大丈夫です。ですが、同じように記載した時に空欄が出来てしまうことや、入りきらない場合は文章を調節しましょう。短くするのはポイントだけ残せば良いので比較的簡単ですが、長くするのは少し考える必要があります。自分で情報収集した中で面接カードに記載したら良いと判断できるものを工夫して書いたら良いです。または、同じ文章でも多い目に記載しても問題ありません。要は、志望動機に関しては、履歴書と同じで違和感のない文章にすれば問題ないです。あまり考えすぎても解決する問題ではありません。

面接時の志望動機について

こちらも履歴書に記載した内容を口頭で伝えれば、清掃業の面接の志望動機になります。あまりにも文章を読んでいるような感じになる時は、話し方を少し変えることで上手に相手に伝わります。さらに、面接の流れで志望動機を若干変えて自己PRにもなりそうな事を言えればより良いです。清掃業の面接官もそのような柔軟な話し方の出来る人を望んでいます。清掃業と言っても色々なところで清掃をします。 例えばトイレであったりまたは、ホテルであることもあります。色々な場所で様々な人と話す機会もあります。そこで挨拶がしっかりと出来てコミュニケーションがとれる人が理想的です。採用担当者はそうした清掃業の現場で必要な事を面接で見てきます。

未経験の場合の志望動機

次のページ:【雇用形態別】清掃業の志望動機
初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング