IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

工場の仕事で好まれる自己PRの書き方|パート/アルバイト/未経験

更新日:2022年07月30日

書類選考・ES

工場勤務の仕事に応募する時はどのような自己PRが良いのでしょうか。未経験、転職の場合などを考慮して記事にしてみました。また、パートやバイト、派遣などの工場勤務に応募する時の自己PRのポイントなども紹介しました。参考にしていただければと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

工場の仕事に応募する際の自己PRの書き方

自己PRとは何を相手に伝えれば良いでしょうか。工場勤務の場合は、特に重要視される事があります。ある程度体力的にも精神的にもつらい仕事となる為に自分をPR出来る力はかなり必要とされます。 書き方としては、自分の誰にも負けないと思う事をいくつかに絞って自己PRすることです。長い文章であれば良いというものではありません。その為には自己分析もかなり重要になってきます。また、客観的に自分を分析したら自分の力を具体的にどのように入社した後に発揮できるか、上手に伝える必要があります。これは、いわゆる文章の力も必要でしょう。

具体的な工場勤務の自己PRのポイントとは

体力的に自信があることを記載することはかなりポイントが高いです。例えば、学生の頃に体育系の部活に入っていたなら、体力には自信があると記載すると良いです。また、工場の勤務の中でち密な作業を必要とする場合もあるので、手先が器用であると言う事も良いです。 自分が応募している仕事内容に合わせて自分の自己PRを決めましょう。採用担当者が見たときに、この人は工場の現場でうまく働いていけるといったイメージをもってもらえればそれで良いです。無理やり仕事内容に自己PRを合わせる必要はないですが、自分とその仕事との接点を考える必要はあります。

採用側は自己PRの何を見てくるか

実際に工場でその人が働いた時にどのような仕事ぶりなのかを確認しようとしてきます。なので、自己PRが消極的であれば、入社してもあまり良い仕事は期待できないと考えるでしょう。それに対して、自己分析をしっかりとしていて、仕事内容ともマッチしているような自己PRであれば、採用担当者もそれをみて採用したいと考えるでしょう。 さらに応募の段階での自己PRは面接とは違い、文章だけで勝負することになります。普段よりもやや大げさな文章を記載することで良い自己PRになります。普通の自己PRを記載しても採用担当者はほとんど見てくれないかもしれません。

工場の仕事の自己PRの例文

工場勤務の仕事の自己PRとしては次のようなものがあります。学生の頃かサッカーを続けていたので体力には自信があります。御社に入社した際には、どのような厳しい環境でも体力で乗り越えて品質の高い業務を行いますなどがあります。この内容は工場勤務で体力的にきつい仕事の応募の場合です。 自己PRに関しては、採用担当者も色々話しを聞いてきますので、様々な話しに発展しても柔軟に対応できるようにしておきましょう。また、サッカーでどこのポジションをしていたかや、どのようなセンスが必要か、さらにチームワークが必要なスポーツでもあるといった事を言って自己PRと結びつけると良いです。

してはいけない自己PRについて

工場の仕事内容を考えると、手先が器用でないといった内容の記載はやめた方が良いでしょう。工場内で行う作業をイメージして必要だと思われる内容を自己PRにするのが基本です。 また、体力にも自信がないような内容も避けた方が良いです。例えば、体力には自信がありませんが、こまかい作業は得意ですといっても自己PRになりません。応募する際の自己PRは全面に自分の良いとする内容を記載することです。全てが自己で終わっても問題ありません。あとは、長い文章で何を言っているのか分からい文章もやめましょう。採用担当者は長い文章は嫌がる傾向があります。

自己PRで何を伝えれば良いか

今までつちかってきた自分の能力を伝えれば自然と自己PRになります。無理に自分の事を評価する必要はありません。どんなに小さな事でも他の人よりも優れているというものは一つはあるものです。その点に集中して自己PRを考えると工場の自己PRとして適したものになります。ある意味では、自分の得意とするものを言うのと同時に自分の簡単な経歴を言うことです。それらを合わせて自己PRとすると相手を納得させる事ができる自己PRになります。

未経験・転職の場合の自己PRのコツ

未経験の場合は、工場での勤務に必要な事と、自分の特徴とを比較してみて下さい。よく考えてみれば、何らかの関係性があります。その接点について自己PRになるように工夫すれば十分につうじる自己PRになります。具体的には、もともとこまかい作業や繰り返し作業を得意としているので、この能力を使って御社に貢献しますなどの内容は好まれます。 また、転職の場合は経験がある時は、工場勤務の内容と自分の自己PRを上手に表現できれば良いです。むりやり過度に表現する必要はないですが、自分の経験をどのような形で発揮するかを表現するのがポイントです。

新卒との大きな違い

新卒の工場勤務の場合は、その人の基本的な能力をみてきます。ですので、工場勤務のアルバイトの経験も必要はありません。ですが、アルバイトで工場勤務を経験している場合は、自己PRを記載する際にかなり他の受験者と比べて有利になります。学生の頃に工場で実際に働いたのであれば、どのような環境で何をするかを知っているはずです。 そして、自分の能力を的確に把握して、新卒入社としてどのようにパフォーマンスしていくか言えれば良いです。このように新卒と転職とでは自己PRの内容がかなり異なってきますが、転職の方は、自分が経験してきたことが武器になると考えることで良い自己PRが書けます。

次のページ:パートやアルバイト、派遣での工場勤務の応募の場合
初回公開日:2017年04月20日

記載されている内容は2017年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング