IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

花の名前でかわいいものは?咲く季節ごとに名付けの例を紹介

更新日:2022年09月07日

言葉・雑学・歴史

花の名前を子供の名前として使いたいけれど、どの花がかわいいか迷ってしまうという方も多いでしょう。本記事では、子供の名前にぴったりな、かわいい花の名前を季節に分けて紹介していきます。名付けで花の名前を取り入れたい方はぜひ参考にしてみてください。

「花の名前でかわいい名前は何だろう?」 「冬に咲くかわいい花の名前ってある?」 「子供の名付けで使いやすいかわいい花の名前って何だろう?」 このように、かわいい花の名前に興味を持っている方は多いのではないでしょうか。 花の名前は多いため、これから生まれてくる赤ちゃんの名前に、かわいい花の名前を当てたいと思っている方はいろいろと迷ってしまうでしょう。 本記事では、花の名前でかわいいものを季節ごとに分けて紹介していきます。この記事を読むことで、いろいろな花の名前を知れるため、生まれてくる子供に合うかわいい花のイメージが膨らむでしょう。 花の姿は美しく人々を魅了します。花の名前を由来にして赤ちゃんに名付けるというのは、素敵なことでしょう。花のようにかわいい子供に育つようにと願いを込めるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

花の名前は女の子の名付けによく使われる

男の子でも花の名前は「蓮」や「葵」など、使用されることもありますが、花よりも木にまつわる字である「樹」や「楓」などがより使われる傾向があります。花はかわいいイメージがあるため、女の子の名前で使われることが多いでしょう。 明治安田生命の2021年の名前ランキング(女の子)を見ると、「陽葵(2位)」「陽菜(7位)」「杏(8位)」「花(10位)」「葵(15位)」「さくら(18位)」「一花(20位)」「柚葉(20位)」など、花の名前がランクインしていることがわかります。 出典:2021年の名前ランキング|明治安田生命 参照:参照:https://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/ranking/index.html#/year/2021n

花の名前を使うとかわいいイメージに

多くの人に愛されるかわいい花の名前は、名付けで使用すると、花のかわいいイメージがそのまま赤ちゃんへの印象と重なるでしょう。 花の名前が由来の場合、「花のようにかわいい姿でみんなに愛されるように」「○○の花のようにかわいい容姿、性格で育っていきますように」などの願いを名前に込められます。 好みもありますが、見た目がかわいい姿をしている花、名前の音がかわいい種類の花を選ぶと、かわいい名前になるでしょう。 ただ、凛とした姿の花や、豪華な印象がある花の場合は、かわいいよりもかっこいいイメージになります。「美しく自立した女性に育ちますように」「立派で気品のある人に」など、込める願いも変わってくるでしょう。

花の名前が名付けによくないというのは本当?

花は時期が来れば散ったり枯れたりすることから、花の名前は名付けによくない、避けた方がいい、と考える人もいます。しかし、どのような生き物でも生きていれば、いつか死は訪れます。 だからこそ、その人生を、その一瞬をどう生きるかが重要になるでしょう。花のように、かわいい姿、美しく咲く姿を持つものは見る人を魅了し、感動を与えます。ポジティブな意味を優先すれば、花の名前は名付けに何も問題はないでしょう。 ネガティブな意味は気にせず、「この花かわいいな、綺麗だな」「素敵な花言葉を持った花だな」など、気に入った花があれば子供の名前に使ってみてください。

春に咲く花を使った名前

最初に、四季の始まりである春に咲く花で、かわいい名前の花を紹介していきます。寒い冬を耐えた花たちにとっては、温かい陽だまりがある春は待った季節でしょう。 優しい日差しのもと、一斉に美しい花を咲かせます。春は咲く花の品種が多いため、名付けで使用できそうなかわいい名前も豊富です。

「桃」を入れた名前の例

「桃」は、ひな祭りや桃の節句など、日本古来の伝統行事があるため、古風なイメージが湧きやすい字でしょう。桃色がピンクということもあり、桃という字を名前に使うと、かわいい印象もあります。 また、「桃」には、邪気を払い、不老長寿を与える食べ物だったという説があるため、子供の健やかな成長を願う意味でもおすすめの字です。 「桃」を入れた花の名前は、以下のようなものがあります。「もも」以外でも「とう」と読むため、名前のバリエーションも豊富です。

  • 桃(もも)
  • 桃百(もも)
  • 桃子(ももこ・とうこ)
  • 桃花(ももか)
  • 桃奈(もな・ももな)
  • 桃音(もね・ももね)
  • 小桃(こもも)
  • 百々(もも)
  • 萌々(もも)
  • 桃葉(ももは)

「桜」を入れた名前の例

「桜」は、卒業式や入学式など、春の行事を連想させる花でしょう。日本の国花でもあるため、和風なイメージにしたい場合には特におすすめです。桜という字を入れるだけで、美しく奥ゆかしい印象になるでしょう。 「さくら」という読みは、桜の花を連想しやすいため、「咲良(さくら)」「咲久來(さくら)」「紗玖良(さくら)」など、他の漢字を当てるのもおすすめです。 「桜」の字を入れた花の名前は、以下のようなものがあります。「おう」とも読めるため、止め字を「お」にしてもかわいいでしょう。

  • 桜(さくら)
  • 桜子(さくらこ)
  • 桜良(さくら)
  • 桜希(さき)
  • 茉桜(まお)
  • 美桜(みお)
  • 鈴桜(りお)
  • 咲桜梨(さおり)
  • 詩桜里(しおり)
  • 乙桜(いお)

「杏」を入れた名前の例

「杏」は、杏仁豆腐や杏子(あんず)から、花より食べ物のイメージが強い字ではないでしょうか。「杏」は梅に似た薄いピンクの小さな花を咲かせます。薬用としても使われるため、この字を名前に使うことで健康を願う意味も込められるでしょう。 杏子の実の色が柔らかいオレンジ色なことから、和の色名でも杏色(あんずいろ)というものがあります。英語の色名はアプリコットです。 「杏」を入れた名前は、以下のようなものがおすすめです。読み方は「きょう」とも読めるため、さまざまな響きの名前を考えやすいでしょう。

  • 杏(あん・あんず)
  • 杏梨(あんり)
  • 杏果(ももか)
  • 杏樹 (あんじゅ)
  • 杏珠(あんじゅ)
  • 杏佳(きょうか)
  • 杏花(きょうか)
  • 杏子(きょうこ)
  • 侑杏(ゆあ)
  • 杏里紗 (ありさ)
次のページ:夏に咲く花を使った名前
初回公開日:2022年09月07日

記載されている内容は2022年09月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング