IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ひなた」の名付けに使える漢字一覧!名前のイメージや画数も紹介

更新日:2022年11月21日

名前

ひなたと名付けるときに、どの漢字にすればいいかわからないことはないでしょうか。本記事では、ひなたと命名するときに使える漢字と、その意味や由来、ひなたと読む漢字の名前を紹介しています。ひなたと名付けたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

「多」の意味は、多いこと・たくさんあることです。多の「夕」の部分は、古くは肉や夕べの月の様子を表しているとされていました。つまり多は、夕が重なって量が多くなっている様子を表している漢字です。そういった理由から、数が多いことを意味する漢字として使われるようになりました。 多は、訓読みで「おお(い)・おお(く)」と読み、音読みで「ユウ」と読む6画の漢字です。人の名前に使われるときは、基本的に「た」と読まれます。特殊な読み方はあまりされません。子どもの幸せが多く訪れるようにという願いが込められる漢字です。

「ひなた」と読む一文字の漢字

ここでは、「ひなた」と読む一文字の漢字を紹介します。ひなたという名前は、複数の漢字を組み合わせていることが多いです。しかし、一文字でひなたと読ませる漢字もいくつかあります。一文字でひなたと読む名前をつける人は少ないため、他の人と被らず個性が出せるでしょう。 漢字本来の読み方ではひなたと読まなくても、ひなたの名前が持つイメージに合う漢字であれば名前として使えます。それらの漢字は、太陽や日の光を連想させるものが多いです。一覧にまとめているため、名付けの際の参考にしてみてください。

名前画数
5
6
6
6
8
9
10
10

「陽」の漢字を使った「ひなた」と読む名前

ここでは、「ひなた」と読む名前の中で、「陽」の漢字を使っているものを紹介します。陽は、太陽の光や太陽の日差しが当たる日向、明るい場所という意味がある漢字です。陽が使われている名前には、明るく元気で、逞しく成長できる子になってほしいという願いが込められます。 男の子の名前に使えば、明るく前向きな子になってほしいという思いが込められます。女の子の名前に使う場合は、晴れた日のように明るい可愛い子になってほしいという思いが込められるでしょう。

名前画数
陽大12+3=15
陽向12+6=18
陽凪太12+6+4=22
陽那太12+7+4=23
陽汰12+7=19
陽多12+6=18
陽暖12+13=25
陽南多12+9+6=27
陽南太12+9+4=25
一陽1+12=13
春陽9+12=21
妃陽6+12=18
陽凪詩12+6+13=31
陽南12+9=21
姫陽10+12=22
陽向花12+6+7=25
陽唄12+10=22
陽咲12+9=21
陽菜多12+11+6=29

「日」の漢字を使った「ひなた」と読む名前

ここでは、「ひなた」と読む名前の中で、「日」を使っているものを紹介します。日は、太陽や日差しなどの日光を意味する漢字です。もともと、太陽の形が由来になってできた漢字であることから、明るくて活発な子の名前として相応しいでしょう。 男の子の名前に使えば、明るく元気な子になってほしいという思いが込められます。また、女の子につけた場合は、明るい性格で周囲の人を幸せにする可愛い子になってほしいという思いが込められるでしょう。

名前画数
日向4+6=10
日那太4+7+4=15
日南多4+9+6=19
日南太4+9+4=17
日多4+6=10
日凪太4+6+4=14
日南樹4+9+16=29
日那多4+7+6=17
日汰4+7=11
日和大4+8+3=15
日名汰4+6+7=17
日七向4+2+6=12
日向葵4+6+12=22
日向多4+6+6=16
日南羽4+9+6=19
日南葵4+9+12=25
日和4+8=12
日向奏4+6+9=19
日咲4+9=13

その他の漢字を使用した「ひなた」と読む名前

ここでは「日」と「陽」以外で、「ひなた」と読む名前で使われる漢字を紹介します。それらの名前は、定番の漢字を避けてひなたと読ませるため、他の人の名前と被りにくくなります。当て字などを取り入れれば、珍しい唯一無二な名前になるでしょう。 これらの漢字を使って男の子にひなたと名付けた場合、才能豊かで幸福な人生を送ってほしいという願いを込められます。また、女の子に名付けた場合は、女の子らしく可愛い漢字にできるでしょう。

名前画数
燈那太16+7+4=27
灯那汰6+7+7=20
灯納多6+10+6=22
燈名大16+6+3=25
雛汰18+7=25
燈南汰16+9+7=32
雛南大18+9+3=30
灯南大6+9+3=18
雛那多18+7+6=31
灯名大6+6+3=15
星七夕9+2+3=14
愛芽13+8=21
柊碧9+14=23
光優6+17=23
美葵9+12=21
雛夕18+3=21
温詩12+13=25
羽叶6+5=11
緋七多14+2+6=22

「ひなた」と名付けるときに気を付けることとは?

「ひなた」と名付けるときには、名前に使う漢字のことをしっかりと調べましょう。漢字には、それぞれに込められた意味や由来があります。自分の子どもが将来どの様になっていてほしいか想像しながら、漢字を選ぶことが大切です。 ひなたと名付けるときは、漢字の意味や由来を考慮するほかにも、画数による姓名判断も調べておきましょう。また漢字の中には、名前に使わない方がいいとされているものもあるため、注意が必要です。

漢字の意味を知って「ひなた」と名付けよう

「ひなた」という名前には、さまざまな漢字が使えます。その中でも定番な漢字は「日」と「陽」です。そのほかにも、「奈」や「南」、「向」、「太」といった漢字が名前によく使われます。 ひなたに使える漢字には、それぞれ意味と由来があります。名付けるときには、漢字の意味と由来を考慮しつつ、子どもの将来を意識して漢字を決めることが大切です。 子どもは、親からもらった名前と一生を共に過ごします。そして名前は、親から子どもへ送られるかけがえのないものです。親と子どもが納得できるように、時間をかけながら名付けするようにしましょう。

初回公開日:2022年07月08日

記載されている内容は2022年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング