IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ひなた」の名付けに使える漢字一覧!名前のイメージや画数も紹介

更新日:2022年11月21日

名前

ひなたと名付けるときに、どの漢字にすればいいかわからないことはないでしょうか。本記事では、ひなたと命名するときに使える漢字と、その意味や由来、ひなたと読む漢字の名前を紹介しています。ひなたと名付けたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

「日」は、太陽や日差し、日光の意味があります。他には、日付を表したり、一日を表現したりする意味を持つ漢字です。日の由来は太陽の絵から生まれた象形文字で、真ん中にある線は一日が充実していることを示しています。 日は、4画の漢字で、ひなたという名前に使われる頻度が高いです。訓読みで「ひ・か」と読み、音読みで「ニチ・ジツ」と読みます。人の名前に使われているときは、「あき・てる・とき・ひる」などと読むこともある漢字です。 日が名付けに使われるときは、太陽の様に可愛い子や周囲を太陽の様に照らす子になってほしいという思いが込められます。

「奈」の意味は、ベニリンゴの木のことです。また、いかん・いかんせんという意味もあります。いかんの意味で使うときは、如何と同じ使い方です。漢字の表記は、奈何と書きます。 奈は、訓読みで「いかん・いかん(ぞ)・なん(ぞ)」と読み、音読みで「ナ・ナイ・ダイ」と読む8画の漢字です。人の名前に使われているときは、「なに」と読むことがあります。基本的には「な」と読むことが多く、語感が可愛いことから女の子によく使われます。 この漢字の由来は、昔の神事に使われた道具です。奈の下の部分は神事で使う台を表していて、上の部分は神事で使う果樹を示しています。

「南」の意味は、方角の南です。南の漢字ができたのは、南から吹く風をイメージして作られたことが由来です。南から吹く風を、草や帆、入り口などの象形文字を組み合わせて表現しています。 南は、訓読みで「みなみ」、音読みで「ナ・ナン・ダン」と読む9画の漢字です。人の名前で使われるときは、「あけ・みな・み・なみ・よし」と読まれることがあります。 この漢字を使った名前には、南国の気候のような子に育ってほしいという願いが込められます。元気で明るい子、おおらかな子をイメージしてつけられることが多い漢字です。

「向」は、なにかに向かう、向けるという意味と、正面という意味がある漢字です。家の北側に窓がついていて、その窓が空いていることを示す象形文字が、この漢字の由来になっています。向上心が旺盛な子や前向きな子に育ってほしいという願いが込められるでしょう。 向は、訓読みで「む(く)・む(ける)・む(こう)・さき(に)」と読み、音読みで「コウ・キョウ・ショウ」と読む6画の漢字です。人の名前に使われているときは、「ひさ・むか・むかう・むき」と読むことがあります。

「太」には、大きい・太いといった物理的な大きさを示す意味と、はなはだ・非常にといった目上の人を尊ぶ意味があります。もともとは、泰という漢字を略したのが、太の成り立ちの由来です。 太は、訓読みで「ふと(い)・ふと(る)・はなは(だ)・いた(く)」と読み、音読みで「タ・ダ・タイ・ダイ」と読む4画の漢字です。人の名前に使われているときは、「うず・しろ・たか・おお・ひろ・ふとし」と読むことがあります。 大きく、そして逞しい子になってほしいという願いが込められる漢字です。同時に、おおらかさや豊かさの意味も込められることもあります。男の子の名前に使われることの多い漢字です。

「大」は、大きい・多いといった物量を表す意味と、重要な・優れている・等級が高いといった価値や位が高いことを示す意味があります。漢字の由来は、両手両足を大きく広げている人を示す象形文字からです。この漢字は、男の子の名前に多く採用されています。 大は、訓読みで「おお・おお(きい)・おお(いに)」と読み、音読みで「タイ・ダイ・タ・ダ」と読む3画の漢字です。人の名前に使われたときは、「お・おう・おい・おうい・おうき・とき」などと読まれることがあります。 この漢字には、大きく成長してほしいという思いが込められます。他にも、大きな心を持ち、大きな躍進を遂げる子になってほしいという願いも込められる漢字です。

次のページ:「ひなた」と読む一文字の漢字
初回公開日:2022年07月08日

記載されている内容は2022年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング