IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

古いタブレットのおすすめ活用方法を紹介!長持ちさせるポイントも!

更新日:2022年09月27日

ガジェット

古いタブレットのおすすめ活用方法を紹介します。古いタブレットの使いみちに困っている人へ向けて、再利用する方法をまとめていますので参考にしてみましょう。長持ちさせる方法とあわせて、アプリや大きな画面を使った有効活用法として役立ててください。

古いタブレットの活用方法を知っておこう!

古いタブレットを処分できず、そのままになっている方も多いでしょう。古いタブレットは、さまざまな活用方法が存在します。新しいタブレットを購入して、使わなくなった古いタブレットの利用法に注目しましょう。 また、タブレットを活用する際の注意点についてもまとめています。タブレットを長く使うためのポイントも、合わせてチェックしましょう。

古いタブレットによく見られる特徴

タブレットは商品サイクルが速いため、新しい商品に買い換える人も多いでしょう。使い続ける場合、タブレットは4~5年ほど持つと言われていますが、3年ほど経つと動作に不満を感じる声も多いです。 おすすめ活用方法の前に、古いタブレットによく見られる特徴からチェックしましょう。

特徴①バッテリーがすぐに切れる

電化製品を長期間使う上で、トラブルになるのがバッテリーです。通常使用であれば、バッテリーは1日持ちます。古いタブレットになると、半日もバッテリーが持ちません。バッテリーは充放電を500回以上行うと、劣化しやすくなると言われています。 朝はフル充電でありながら、昼頃にはバッテリー切れになる場合、劣化の可能性があります。対策として、モバイルバッテリーを持ち歩きましょう。そうすることで、1日であればタブレットを使い続けられます。

特徴②動作が重くなる

タブレットは「CPU」という、人間の脳に当たる部分が搭載されています。CPUなどのスペックは、年々要求されるレベルが上がっています。しかし、古いタブレットはスペックが低いため、求められる要求に対応できません。 求められる要求に対応していない場合、動作が重くなります。画面をタッチしても、なかなか反応しないことは、ストレスにつながるでしょう。パソコンの場合、アップグレードすることで対応可能ですが、タブレットは基本的に性能を上げられません。

特徴③アップデートができなくなる

古いタブレットは、アップデートが提供されない点に注意しましょう。OSのアップデートは、利便性だけでなく、セキュリティ面で重要な要素です。アップデートは、短いもので2年ほどで打ち切られます。 アップデートされていない機種は、ゲームなど使用できないアプリが出てくる可能性が高いです。セキュリティの危険性もあるため、古いタブレットはオフライン使用がおすすめです。古いタブレットをネットにつなぐ場合は、クレジットカードなどの登録しないようにしましょう。

古いタブレットのおすすめ活用方法

古いタブレットは使い方を限定すれば、活用方法が幅広いです。新しいタブレット購入後、古いものは有効活用していきましょう。自宅やビジネス用など、古いタブレットは使える場面が多数あります。活用方法を参考に、メインと古いタブレットを使い分けましょう。

活用方法①持ち歩き用のパソコン

薄型のモバイルノートは、軽くて便利です。しかし、モバイルノートは価格面で手を出しにくい人も多いでしょう。そのような場合、モバイルノートの代わりに古いタブレットを活用してください。タブレットの性能によりますが、持ち歩き用のパソコンとして代用できます。 古いタブレットでWordやExcelを開いて、外出先の作業用に使ってみましょう。無料Wi-Fiスポットがあれば、文書のダウンロードや閲覧も可能です。

次のページ:活用方法②予定表
初回公開日:2022年02月18日

記載されている内容は2022年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング