IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「would like to」の意味は?類語表現との違いも解説!

更新日:2021年12月22日

英会話

「wouldlike to」は自分の希望を丁寧に伝えることができる表現です。ここでは、例文とともに「would like to」の意味や使い方を紹介します。「want to」などと使い分けて、英語表現のバリエーションを増やしましょう。

「would like to」と同じく、自分の希望を表現する英語として「I hope」や「I wish」があります。「I hope」は「〇〇だといいな」という意味です。実現する可能性の高い物事に使用します。 I hope that tomorrow will become a good day.(明日も良い日になるといいな。) 対して「I wish」は「〇〇だったらな」という意味になります。こちらは「まずありえないけど〇〇だったらいいのに」といったニュアンスで、実現可能性が低い物事に対して使われる表現です。 I wish I were bird.(もし自分が鳥だったらな。) どちらの場合も、「would like to」よりも希望的な印象を受ける表現になります。表現したい希望によって、使い分けをすると良いでしょう。

「would like to」の意味や使い方を知ろう!

「would like to」は自分の希望を伝えるための、非常に便利な表現です。海外旅行など道を尋ねるときや、ビジネスシーンなどでも使用します。 ストレートな言い方の「want to」とは区別して使いましょう。また、積極的に自分の希望を伝えたいときは「would love to」です。 「would like to」と類語を状況を使い分けることで、スムーズな会話ができるようになります。

初回公開日:2021年12月06日

記載されている内容は2021年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング