IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タイプ別スライドパズルの解き方のコツ・解ける/解けない配置

趣味

スライドパズルはコツさえつかめばできるパズルですが、大人でも難しいと言われているのでなかなか解けない仕組みに作られています。この記事はマスの数ごとにコツがあるかないかを書いていて、スライドパズルをこれから始める方にもおすすめです。

更新日時:

タイプ別スライドパズルの解き方のコツ

タイプ別スライドパズルの解き方のコツ

スライドパズルは1マス開いているのを利用して、数字が書いてあるパズルを順番に並べる遊びです。その種類は豊富にあって、スライドパズルでも色んなマスが売ってあります。スライドパズルは幼児教育道具として使用するほど頭を使いますので、コツを判明できれば数分で簡単に解くことが重要です。 しかし、スライドパズルは大人の方が不利で、子供のような簡単に考えることで解けやすくなりますし、なぜならコツを曲がっていない考えで解こうとするからです。目的に位置に並べるスライドパズルは、中毒者がでるほど難しくコツがわからないとできませんが、現在はネットもあるのでわからないコツも簡単に調べることができます。 日本では1907年に発売していて「世界遊戯法大全」に、「十五置き換え遊び」として紹介されていましたが、コツがわからないと解くことができないスライドパズルは、短気な方が多い日本人にはあいませんでした。

3×3のコツ

3×3のコツ

スライドパズルはいろんな種類があって、解く場合も種類ごとにコツが違っていて本当に頭を使います。一番小さい3×3のスライドパズルがあり、一番解きやすいと言われています。なぜなら3×3の解くコツはまずは1行1行を見ることが大事で、絵が描いてある場合が多い3×3は子供用がほとんどなので、絵を見ながらスライドするのがコツです。 子供用に作られているスライドパズルですので、難しいコツはありませんし絵を合わせるようにしていけば簡単に解けます。そうしていくうちに残りは自然と5パズルになりますので、あとは回転しながら2つのパズルのみにしましょう。しかし、子供が興味を示さないときには親が先に解いているのを見せるなどして、焦らずに一緒に楽しむことから始めましょう。

最近の教育はどんな内容なのか

最近話題になっている幼児のうちに教育に慣れさせようと、数字を使って脳を発達させることを重点に教育しているのでしょう。そこで、この教育で同時に脳を発達させるように「スライドパズル」を使用している教育をしています。そのため、スライドパズルは数字を順番に並べていくゲームで、早い家庭では1歳から始めるのが一般的なのでしょう。

スライドパズルで発達を成長させる

幼児教育教室ではスライドパズルを使って、「脳」「見る」「読む」を同時にできるスライドパズルに絵をかいたりして、小さい子供でも興味を持つように工夫しているパズルを発売する理由は、小学校に入学するときにも私立だと面接もあるからです。解く力がありという長所は教育学校には必要とされていますし、脳が発達していますので考える力が他の子供より優れています。

幼児教室でのパズルを使った教育法

幼児教育では0歳からの乳児もいますので、まずは「興味を持つ」ことから教育をする必要があります。なぜなら、幼稚園に入るといきなり文字に触れる機会があるからです。そこで、幼児教育でスライドパズルを使い文字に慣れさせることで、他の子供よりも興味の教育ができるようになります。

私立の小学校とスライドパズル

スライドパズルをしていると私立などの小学校で面接を受けるときに、幼児教育でスライドパズルが得意だとアピールすると、合格しやすいと言われています。なぜなら、私立の小学校に入学させようとしている親は、幼児教育などの通わせるなどして他の子供より差が付くようにしているからです。 しかし、幼児教育に行っても他の子供たちと一緒のことをするだけでは、面接で合格・アピールすることがありません。そこで、幼児教育に通っているときにスライドパズルに触れさせることによって、頭の働きが良くなり書いてある文字も自然に覚えることができるからです。

4×4のコツ

4×4のコツ

4×4マスのスライドパズルは一般的にイメージされていますが、大人でもこの時点でコツが掴めなくて解けない方がとても多いです。コツさえつかめば子供でも解けることができるこのスライドパズルは、上半分をそろえることが解けるコツになっていて、1~8までの数字をまずそろえることがコツになっています。 上半分の数字をそろえられたらあとは簡単になりますので、上半分はそのまま動かさずに下半分を動かしましょう。9と13の数字のパズルを隣同士にすることがコツで、これができると4×4のスライドパズルを解くことができます。

5×5のスライドパズル

5×5のスライドパズル

5×5マスは25マスあるスライドパズルになっていて、この25マスは、特に大人が脳トレを目的に購入することが多いです。しかし、このスライドパズルは数が多くそろえていくマスが多いため、難しいと言われているのでしょう。そこで、コツは『穴から遠い場所から数字をそろえていくこと』を重点的に置けば、難しくならずに解くことができます。 なぜなら、脳トレとして使う意識を辞めて子供のように遊び心でやることによって、このようにコツをつかめば、解きやすくなる。『脳トレとして使う意識を辞めて子供のように遊び心でやる』と楽しい。しかし、スライドパズルは難しく考えてしまいますが、簡単に考えることによってコツなしでも他の楽しく解くことができます。

15パズルの確率

15パズルの確率

15スライドパズルは難しいと言われていて、アメリカでは日本よりも複雑なパズルが発売されています。なぜなら、アメリカではスライドパズルはなぞに包まれていて、科学者により熱心に研究されているからです。そのギネス記録はどれだけ早く解くことができるのかといったもので、その研究によって確立や配置が提示されている、難しいスライドパズルを紹介します。

解ける配置

スライドパズルは近い数字を近くに置かないことが重要で、特に左上の配置から「己」という順番だと、解くことができるというコツが一般的になっています。一番最初の時に左上を1の数字に持っていくことで、次は2の数字を隣に持っていくようにして、1以外を動かすと解く確率が3倍上がります。

偶数回置き換わっている配置

スライドパズルは「偶数回置き換わっている配置」が最初に並んでいる状態だと、どのスライドパズルでもコツがなくても解ける確率が7割あります。逆に奇数回置くとコツがたくさん掴んでいても、一生解くことができないことが研究で科学的に証明されていることです。 13枚のピースがそろっていたとしても残りの2枚があっていなければ、最初から間違っていたということになり、解けないという証拠になるということです。また、3枚になっていたら残りのマスは偶数になっていますので、解くことができる仕組みになっています。

解けない配置

3×3のスライドパズルは縦・横の隣にある数字を1組入れ替えてしまったら、コツがあってもスライドパズルを解くことが完全にできなくなってしまいます。また、どの位置からでもゴールできるのに奇数で残っているマスだと、自由にスライドできるようになっていても解くことが難しいということです。 この配置になってしまったら、コツ関係なしに解くことができないと研究で証明されています。他にも左上が揃っていないと他のマスが完璧に並んでいても、空いているマスはほとんどが下にあるということです。完成させることができなくて最初からやり直しになってしまいます。最初からやり直しになるとイライラしてしまいますが、その時は一回休憩しましょう。

奇数回置き換わっている配置

最近では本などの攻略本をわざわざ購入しなくても、youtubeでスライドパズルを解いているユーザさんがたくさんいます。今の時代は豊かになっていますので、スマホ・パソコンさえあればいつでもコツをつかめる世の中になっています。

13枚のピース

15スライドパズルにおいて、13枚のピースまで正確に解ける確率は9割と言われるほど簡単です。なぜなら、15枚揃えるために重要なのは残り2枚のピースだからです。この2枚のピースの数字によって、15枚すべて解ける確率が変わるということです。 しかし、残り2枚のピースの数字が「9」と「13」であった場合は、解ける確率がほぼ0%に近くなっています。そこで、15スライドパズルを完全に解くコツは、「9」と「13」をできるだけ最初にクリアすることです。

スライドパズルはコツが一番重要

スライドパズルはコツが一番重要

スライドパズルをするときについ本気になってやってしまいますが、難しく考えてしまいますと解けない仕組みになっていて、子供に戻って簡単に考えて遊ぶ感覚で解こうとすると簡単にコツが掴めることができます。皆さんもコツが掴めなくてイライラしてしまったときに、一回落ち着いて脳を休ませてあげたら、すっきりしてコツが見つかる可能性があります。

アクセスランキング