IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

クランクのコツ|車種別(大型自動車)・at/mt別・S字との違い

更新日:2020年08月28日

車&バイク

今回は自動車運転で難しいクランクの運転についてご紹介します。運転のコツやS字の運転との違い、そして機種別・車両の大きさ別でもご紹介しています。ゆっくり着実に運転のコツを押さえれば、きっとクランクの運転ができるようになりますので、チェックしてください。

あなたの自動車運転の「苦手」なくします!

あなたはクランクの運転で困ったことはありませんか。頑張ってやっているつもりでも周囲の状況が見えていなかったり、いつまでも上手にならなかったりして、「自分にはできないのかも」と諦めていませんか。

ポイントは「どうして難しいのか」を知ること

そこで、自動車運転の中でも難しい「クランクの運転のコツ」についてご紹介します。免許を取ったばかりの方だけでなく、長く運転している方でも苦手なのがクランクです。 今回はクランクの基本や実際に動画を見ながら運転のコツをご紹介します。また、クランクと一緒に取り上げられることの多い「S字の運転」との違いについてもご紹介します。 運転技術というのはむやみに頑張っていて上げられるものではありません。運転技術をあげるコツやポイントを的確におさえることでできるようになります。まずはクランクの運転のどこが難しいのかを知りましょう。

クランク運転の基本

もしかすると、あなたは「実際にクランクのある道なんて少ないのに運転する必要あるの?」と思っていませんか。なぜ運転免許を取るのにクランクのある道が課題に挙げられているのか知っておくべきです。はじめにクランクの運転の基本をおさえます。

クランクとは

クランクというのは直角のある狭くて曲がった道のことです。検定では実際の道路を走るだけではなく、運転技術があらゆる道路事情に耐えることができるように課題が設定されています。 例えば歩行者のいる住宅街や商店街、見通しの悪い道や交差点での右左折ではどのような技術が必要だと思いますか。それらはクランクやS字を運転できる技術があってこそできます。 また、日本の道路は一方通行や狭い道が多いので事故にあったり、対向車両と接触をしてしまう恐れがあります。適切な車間距離や速度を保ちながら、危険がないよう自分で判断していくことが重要です。

クランクの道幅って考えたことある?

一見、クランクは運転しづらい狭い道に感じてしまいますが、道幅(S字も同じ)は3.5mあります。例えば1.7mの車幅(車の横幅のこと)の乗用車であれば、2台を横に並ばせることができる広さです。 これは実は自動車学校内に設けられた道路コースと同じ幅で、道が曲がっているので錯覚して見えます。むしろ日頃から通行する道路は、主要な幹線道路を除けば3m幅が多いです。 つまり、クランクの運転は道の曲がり方に合わせた速度の調整やハンドルを切る量を掴むために練習をしています。車両の感覚を体で覚え、狭くなりがちな視野を捉える訓練をしていると考えてください。

なぜクランク運転は上手くいかないのか

クランクは道幅から考えればできそうなのに、どうして上手くいかないのでしょうか。なぜなら、密室空間でのマンツーマン講習や慣れない運転が、あなたに緊張とストレスを与えるからです。クランクの運転のコツは冷静な判断が重要なのに、あなたが運転に気を取られていて指導されたことがきちんと理解できていない可能性があります。 また、免許を取得するまでは一人で路上で運転するわけにはいかないので、細切れに指導された情報を基に運転していく他なりません。 つまり、適切な指導を行ってくれる指導員と上手にコミュニケーションをとり、繰り返し運転技術を向上させる環境がなければ、上手くいかなくて当然です。

クランクの運転のコツ

クランクのコースにはポールや障害物が設置されています。検定ではそれらに接触することなく運転しなければなりません。しかし、意識しすぎてぶつかったり、焦ってしまうとタイヤが乗り上げてしまいます。 それらを回避するにはタイヤが道のどこにあるのか俯瞰して考えられるようになると良いでしょう。車の動きが全体的にイメージでき、頭の中を整理すると運転するときに自信がつきます。

ミラーで周りを確認!縁石の位置も大事

クランクを運転するコツは、ミラーに映る周囲の情景を目に留めておきながらハンドル操作をすることです。例えば自動車運転の教本には、ハンドルをきるタイミングがミラーに映ったポールの位置によって細かく書かれています。 また、運転席からクランクの道幅や縁石が見えない時は、一旦停止して車を降り、外から指導してくれる教官もいますので、不安な方は相談してみると良いでしょう。丁寧にコツを教えてくれるはずです。

初回公開日:2018年02月22日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング