IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ノートパソコンのファンがうるさい時の原因や対策|熱い/急に/掃除

初回公開日:2018年05月17日

更新日:2020年05月13日

記載されている内容は2018年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガジェット

ノートパソコンを使用しているとファンがうるさい等の現象はよく起こる現象です。ファンがうるさいのを何もせず放っておくと最悪故障という結果を招くこともあります。今回はノートパソコンが熱い、ファンがうるさいという現象の原因や対処法を紹介していきます。

ノートパソコンのファンがうるさい時の原因や対策

ファンの音がうるさいと何かと作業に集中しにくくなったり、故障しないか不安になる方も多いでしょう。まずは「ファンがうるさい、熱い」といった現象の原因について説明しそれから自力でできる対処法や、修理に出す際の注意点などについて紹介していきます。「あのうるさいファンの音をなんとかしたい」という場合にはぜひ試してみてはいかがでしょうか。

熱い

なぜノートパソコンを長時間使用していると熱い、音がうるさいといった現象が起きるのでしょうか。特に気温の高い夏場によく起こる現象でもあります。実はこの2つの「うるさい」と「熱い」という現象には関係があります。 そもそもファンの役割とは、使用しているノートパソコンの内部で発生した熱を逃し、外部の冷たい空気と入れ替える役割を果たしています。換気をすることによって、パソコン内部の故障を防ぐ役割をしています。 またパソコン内部に使われている部品は非常に熱を発しやすい性質があるとともに、熱に弱いという特性があるためパソコンの温度が高くなったと見るやファンが動き出し(ファンが動くことによって「うるさい」)、その熱を冷まそうとします。 なのでノートパソコンが熱くなればなるほど、ファンはその分余計に頑張って熱を冷まそうとする、結果的に「熱い」「うるさい」に繋がっていきます。

急にうるさい

ノートパソコンが急に熱くなったり、ファンがうるさいという症状は主に経年劣化による現象のことが多いです。すなわちファンの内部にほこりがたまる、排熱効率が下がるなどによってファンがより回転数を増やした結果とうるさいという現象が起こるといえます。 また、急に熱が冷めにくくなった、ファンがうるさい時間が長くなったなどの現象を放っておくと最悪の場合には熱暴走や故障というケースもあります。ファンがうるさいと感じたら早めの対策をおすすめします。本記事で自宅でできる対処法や自力では解決できない際のための修理に出す際のポイントを紹介していきます。

回りっぱなし

回りっぱなしも急に熱くなるという現象と同じ原因が考えられます。特に急にパソコンの熱が冷めなくなった、ファンが回りっぱなしの時間が長くなったなどはノートパソコン内部の排熱効率低下が原因ですので、故障の前兆と考えるべき現象です。 焦って修理に出す必要はありませんが、無対策で放っておくと徐々にうるさいという症状も酷くなりますのでまずは自宅でできる対処法から始めてみることをおすすめします。次は、ノートパソコンが発熱するのかをご説明した上で、ファンがうるさいという現象を起こしているノートパソコンに対する対処法を紹介していきます。

そもそもノートパソコンはなぜ熱を持つのか

ノートパソコンが熱くなるほど、ファンがうるさいという現象が起こることは理解できたでしょうか。ファンがうるさい原因がノートパソコン内部の温度にあるということは、その熱を逃すような対策を行えば良いということになります。ではノートパソコンはなぜ熱を持つのか、その原因について迫ってみましょう。

ソフトウェアの同時稼働が主な原因

ノートパソコンも他の家電製品同様、電気で動きます。ノートパソコンを使用するとき、パソコン内部では無数の電子がデータをやりとりしており、その電子から生じる熱がノートパソコン内部に熱を持たせています。 したがって、動画編集やソフトウェアを複数同時に動かすなど、処理するデータの量が増えるほど、パソコンは熱を発しやすくなり、結果的にファンがうるさいという現象の原因になります。ファンがうるさくて、データも飛んでしまったという事態は避けたいところです。そんなピンチを事前に防ぐ、パソコンを熱から守る対処法を紹介していきます。

ファンの内部を掃除し「うるさい」を解決するには

ファンの音がずっとうるさい、ノートパソコンの熱が冷めない、そんな時にもっとも効果がある可能性のある対処法がこれ、ファン内部に溜まったほこりやゴミを取ることです。まずは、ファンに溜まってしまったホコリを取りましょう。 換気扇やエアコンの手入れと同じと考えてもらえばわかりやすいでしょう。ファンは熱を外部へ逃すとともに、外部からも空気を取り込むので使用し続けていると、当然ホコリも溜まってきてしまいます。 ただ、本当は分解してほこりを除去することが一番確実なのですが、そんなことして逆に壊さないか心配になる方もいるでしょう。そんな時に分解せず行える対処法としては、ファンの通気口に空気を吹きかけるエアダスターを使うことが有効です。 通気口にスプレーのように空気を噴出させるだけですので簡単にできます。一度試してみてノートパソコンが熱い、うるさいといった現象が緩和されるか試してみるといいでしょう。

設定により「うるさい」を解決する

設定を変更することで、ノートパソコンの内部のにかかるデータ処理による負荷を減らし発熱を少しでも抑えるという方法もあります。発熱を抑えることで、うるさいファンを沈めることもできます。 最近のノートパソコンでは、薄さを確保のため排熱機能は二の次といったケースが多いです。ノートパソコン自体の性能は上がっているのですが、薄いために熱を持ちやすくなり、ファンがうるさいという現象が起きやすくなっている状態です。 処理するデータ量が大きくなるような作業で、ノートパソコンの熱が冷めなかったり、ファンがうるさい時間が続くような場合はCPUの性能を下げるという方法もあります。 また、パソコンのハードウェアに関する設定のBIOS設定を変更することができれば一番いい方法です。それらの設定を変更できないものが多いです。ここでは自力でも比較的簡単に変更できる各種設定をご紹介します。

擬似的にCPUの性能を下げる

BIOS設定の代わりに「電源オプションのプロセッサの状態」の設定からCPUの性能を制限することができます。以下で設定の一例を紹介します。CPUのパフォーマンス効率は少々落ちますが、ファンがうるさいのに悩んでいる方にはおすすめの方法です。

ファンがうるさい時に有効な電源設定

まず「Windowsキー+X」で「Windowsモビリティセンター」を呼び出し、電源マークをクリックします。次にタスクバー右下の電源マークをクリック→「その他の電源オプション」を選択→「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」を選択します。 すると「電源オプション」のウィンドウがで出てきます。まず選択肢から「バランス」を選択し、「プロセッサの電源管理」のチェックボックスにチェック→「最小のプロセッサの状態」をバッテリ使用時と電源接続時を両方とも0%にしておくと良いでしょう。 「システムの冷却ポリシー」をバッテリ駆動・電源接続時どちらも「アクティブ」に設定します。これでノートパソコン内の排熱負担を下げ、うるさいファンの稼働率を下げることができます。

不要なファイルをとにかく削除

みなさんは、ノートパソコンに保存してあるデータの整理をこまめにしているでしょうか。ノートパソコン内の不要なファイルや使わないアプリケーションなどを整理しておらず、これらを放置しておくのはファンがうるさい原因ともなります。 なぜなら、ノートパソコンの起動時に毎回それらを読み込む負担をノートパソコンに与えていることとなります。このデータの読み込みが積もり積もって「ファンがうるさい」ことの原因となるケースもあります。 また、動画などのデータサイズが大きいものをノートパソコン内に溜め込んでしまうと当然データ処理にかかる負担は大きくなります。不要なファイルはとにかく削除してノートパソコンの負担を軽くしてあげましょう。 もしくは、モバイルHDDなど、外付けHDDに容量の大きいファイルを保存しておくのがおすすめです。これでノートパソコン内の排熱負担を下げ、うるさいファンを軽減させることができます。

ノートパソコンのファンの交換方法

ファンを交換するためのアプローチは大きく分けて2つです。1つは自力で交換する、もう1つは修理に出して交換してもらうことです。修理に出す際の注意点は後ほど紹介しますので、ここでは自力でなんとか交換するための方法論をご紹介します。 まずは作業に取り掛かる前の注意点として、電源コードとバッテリーは外した状態で作業しましょう。これは熱を逃しやすい状態で作業を進めるためです。そして具体的な交換作業の手順は 1.ファンの交換部品を入手する 2.ファンを取り外す 3.購入したファンを設置する の3点になります。それではそれぞれについてご紹介します。

1.ファンの交換部品を入手する

まずは分解する前に交換するファンを入手する必要があります。当然ファンもメーカーや機種によって仕様が異なりますので自身が使っているノートパソコンに合うファンを購入しなければなりません。 ノートパソコンのファンを扱っている業者は多くはありませんので、ご自宅近くの業者に問い合わせてみましょう。取り扱いがない場合は、Amazonnなどで検索して探すしかありません。 ネットショッピングで間違えて購入するのはやはり怖いので、業者にこのファンは自分のノートパソコンに対して使えるのか確認してから購入するくらいの慎重さがあってもいいでしょう。

2.ファンを取り外す

ここからは経験のない方であれば慎重に作業を進めることをおすすめします。まずはノートパソコンを裏返し、バッテリー、ネジを外してふたを取り外します。そうすると換気扇のような部品が内部に露出します。それが熱い、うるさいなどの原因となっているファンです。取り外すためにファン周辺に付いているネジを外します。 多くの場合、ファンは基盤にコードのようなもので繋がれていますのでそのコードを基盤から抜き取ります。ただし他の部品を傷つける恐れもあるのでやはり、引いても抜ける気配が感じられない時は無理をしないのが賢明でしょう。

3.購入したファンを設置する

ファンを無事取り外すことができたら、あとは外した時と逆の手順で新たに入手したファンを設置して作業は完了です。基盤にコードを差し込み、ネジでファンを固定して終了です。 ただ中にはノートパソコン内部にはんだごてでファンが固定されているケースもあり、簡単には取り外せないものもあります。はんだごての扱いに慣れていて、自宅にはんだごてがあるならチャレンジしてみるのもいいですが、自信がないというかたはやはり修理に出すのが最良といえるでしょう。

メーカー別のノートパソコンのファンの交換方法

上述させていただいたやり方が基本的なファンの交換方法になるのですが、やはりメーカー別にファンが付いている場所や取り外し方がわずかに異なることがあるためここではさらに踏み込んでメーカー別のファンの交換方法をご紹介していきます。

富士通

裏に蓋があるタイプが多いのですが、蓋を外す前にバッテリーやHDD、メモリースロットのカバーを外す必要があります。次にヒンジカバーを外しましょう。ヒンジカバーとはノートパソコンのディスプレイの角度調整を担っている部分のカバーのことです。 そしてキーボード面にある操作カバーを外します。外すと底面のカバーを取り付けているネジが見えるためそれらを外すことで裏蓋を取り外すことができます。ファンの取り外し、ファンの設置は上述したものと同じ手順でできます。

NEC

NECのノートパソコンは他社のメーカーと比べると比較的簡単に取り外すことができるものが多いです。基本的な手順は上述させていただいたものと変わりません。裏蓋を工具なしではずことができる機種もあるのが嬉しいポイントです。 またNECのノートパソコンにはファンの清掃用の蓋も底面に取り付けてあるのでそれを外してほこりを綿棒などで取り除くだけでも効果があります。

SONY

SONYのノートパソコンではキーボード面側にファンが付いているケースが多いです。また、底面の蓋を取り外してもファンがないというケースは起こり得ますので、注意が必要です。キーボードを取り外してからの手順は上述したものと同じですから、慎重に作業を進めてもらえれば完了です。

ノートパソコンを修理に出す場合の注意点

修理にかかる日数は持って行った店舗にもよりますが、早ければ即日、長ければ4日から1週間かかるケースもあります。何日もノートパソコンが手元にないのは困るという場合は、代わりのノートパソコンを貸し出してくれる店舗もありますので事前に調べてから該当に店舗に持っていくと良いでしょう。 内部のデータはUSBメモリに保存するなり、Google Driveなどのクラウド上に置いておくなりして、別のノートパソコンでも作業ができるような環境を整えておくと修理に出してもお仕事などに出る支障を最低限に抑えることができます。

保証

修理に出す前に、ノートパソコンのメーカーにファン交換の保証がないか確認することをおすすめします。ファンがうるさい、ファンが故障したなどはノートパソコンの故障の中でもよくある現象ですので、メーカーによっては交換サポートが付いている場合もあります。まずは、そのようなサポートがあるのか、費用は無料なのかということを確認しましょう。 無料でなくても修理業者に頼むよりも安く抑えられるケースが多いです。自力でやるとやはり故障のリスクがありますから、保証があるならそれに越したことはないといえます。次は、自力でファンを交換する手順をご紹介します。

価格の相場

業者に修理を出す場合には交換するファンそのものの値段と業者の方が修理をする作業費の2つの合計が主に料金の総額になります。 相場としてはやはり精密な機械を扱うことになりますので、比較的安く抑えられた場合で7000円〜というのが相場の感覚となります。高くなると1万円に近づいてくるような場合もあるので修理に出す業者を事前に調べてから2〜3社ほど候補を出してからノートパソコンを持っていくと良いでしょう。

口コミ

修理業者を比較する際に口コミを調べてみるのも参考になります。実際に検索で「価格.com」やパソコン修理に関する評判をまとめているサイトがありますのでそれらを調べるのがわかりやすいです。 ・自宅からいけるノートパソコンの修理業者を調べる ・それらの「業者名 口コミ」などのキーワードで検索したり、「価格.com」などのサイト内で検索して調べてみると有益な情報が得られる可能性が高いです。 業者によってまとめられているサイトが存在する場合もあるのでそちらのサイトも参考になるのでおすすめです。

小まめなお手入れで「うるさい」を予防

「ファンの音がうるさい」「ノートパソコンの熱が冷めない」といったお悩みの解決策をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。対処法はさまざまな方法がありますが、一番良いのは、お持ちのノートパソコンがうるさい音を発し始める前に予防しておきましょう。 また、お金をそれほどかけなくてもエアダスターでこまめにファンの手入れをする、気温の高くない空間で作業するようにする、身の回りのもので底面と机の間に空間を作るようにしておくなど、手軽に普段からできることはあります。 これらのことを実践していって「ファンがうるさい、集中できない」なんてことになることがないようにしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング