IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

きれいな女装のコツとメイクのポイント・のコスプレ

更新日:2022年09月20日

趣味

女装のコツってどうすればいいの?女装したいけど上手くいかない!コツが分からないから男ってすぐにバレちゃう。女装をするときに気をつけると格段に、仕上がりが良くなるようなコツがあるのです。誰でもすぐに出きるようになる、女装をするときのコツ!

女装とはなにか

女装とはなにか、女装にコツはあるのか、どうしたら美しく女装が出きるのか、そんな悩みを抱えている方もおおいのではないでしょうか。今回は女装に関するさまざまな情報をご紹介し、女装を美しく楽しめるような女装ライフをお手伝いしていきます。

女性用と規定されている衣装や装飾品を男性が身に着け、外見上女性にみせる

女装とは、男性が女性の衣装を着たり、メイクをしたり、ウィッグをっかぶったりして外見上は女性になることをさします。アクセサリーも女性ものを身につけたり、さらには言葉遣いや行動も女性的に見せる人もいます。 ただ服装を女性ものを切るだけでも、女装とはいいますが、最近はさらに女装をきわめてコツをつかんだ「男の娘」(おとこのこ)がいたりアーティストもいます。そう言った方達は、一見ほんとうに女装しているとは思えないほど、女性に見えます。そして女性よりかわいいのです。女性が羨ましいと思う細いからだ、きめの細かい肌、澄んだ眼差し。女装家の方もそのテクニックは見習いたいものばかりです。 女装をするコツを身につけた人は、余裕のある美しさを持っています。

きれいな女装のコツ

きれいな女装のコツを実際にあげていき、少しでもそのコツを掴んでもらって、そのコツに準じて女装を楽しんでもらえたらなと思います。

ムダ毛処理

第一に大切なのがムダ毛処理です。女性で毛が男性ほど生えている人はなかなかいません。自然体のままだと困ってしまいます。シェーバーやカミソリで剃ってもいいですが、毛穴が目立つようなら、ブラジリアンワックスのように毛を正しいい方法で抜いてしまうのがいいでしょう。 抜いたあと(剃ったあと)は、毛穴が広がらないように保湿が必要です。ボディークリームを塗ったり、化粧水やオイルを塗って毛穴を引き締めつつ、なめらかな肌が手に入るように気を使うのがコツです。 ただ塗るだけではなく、塗り終わったところを手であたためるように、静かにやさしく押してボディークリームやオイル、化粧水などを浸透させるのもなめらかな肌を手に入れるコツのひとつです。

肌は隠す

つぎの女装のコツです。それは肌をあまり見せないことです、とくに肩や膝のように、骨が張っていて男性らしさを感じさせるような部分は隠すことです。また、デコルテも、谷間がキレイに出せていない場合は隠した方が逆に女性らしく見せることができます。 なのでブイネックのニットなどは避けた方が良いでしょう。逆にタートルネックなどのほうが幼さを演出し、若見えをさせてくれるコツアイテムです。

手を隠す

手を隠すのも大切な女装のコツです、しかし手袋などを付けてしまうと、他のファッションアイテムとの釣り合いが取れなかったり、違和感があったり、コーディネートに合わなかったりと問題がなにかと出てきます。 そのため、コツアイテムは、「萌え袖」です。「萌え袖」とは手の甲を半分ほど、もしくは全体を隠してしまう長めの袖のことです。これでしたら、愛らしさを強調しながら、男性らしさを消すことができます。

女らしい立ち姿

女らしい立ち姿は大切な女装のコツです。男の人の立ち姿といえば、男らしく両足を開いてどっしりとかまえます。それと違って、女性らしい立ち姿のコツは、あまり足は開かず、足を揃えて、ヒールなどで美しく立ちます。 また、もうひとつのコツですが、肩の力は抜いて、「なで肩」になるような姿勢を保ちましょう。しなやかさを演出できて、女装をさらにレベルアップさせてくれます。肩甲骨と肩甲骨をくっつけるようにするのも効果的です。 内股を気にしすぎると、男性が女装しているとバレバレになってしまうので、やり過ぎには注意してください。女性でも背の高い肩やスラッとしている人は、あどけなく歩くのではなく、颯爽とモデルさんの用にあるきます。幼女性だけが女装のコツではありません。

あごの角度

女装のコツは「あごの角度」までこだわることです。男性は女性に比べてあごが張っています。顔の輪郭を変えることが重要です。 また、ひげが生えてくる時間帯を覚えておいて、その時間帯にちゃんと処理が出きるようにしておくのも必要です。 あごの角度はメイクで変えることができます。シェーディング用品で繊細に華奢なメイクをほどこし、必要な部分はハイライトでメイクをほどこすことです。

次のページ:女装メイクのポイント・コツ
初回公開日:2017年12月31日

記載されている内容は2017年12月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング