IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

女声の出し方7つの方法と女声で歌う方法3つを紹介

更新日:2022年11月14日

趣味

男性だけど女声が出したい、両声類になりたい、そんな方はこの記事を見れば女声の出し方をマスターすることができます。有名なトレーニング方法から女声で歌う方法などをご紹介しています。女声を出すコツは日常に潜んでいます。コツを学んでマスターしましょう。

まずは自分の声を知ること

女声の出し方や方法を知る前に、まずは自分自身の声を知ることから始めていきましょう。自分自身の声の特徴を知ることで改善点が見えてきます。自分の得意な歌を歌いながら携帯などで録音をして、その歌声をチェックしてみましょう。

自分の地声を知る

地声とは、何も意識せず普段通りに言葉を発するときの声のトーンです。地声で現在の音域を確認し、どのくらい音域を広げていけばいいのか知ることができます。女声を出すために大事なポイントなので覚えておきましょう。

自分の裏声を知る

裏声とは地声が裏がえった声のことをいい、高音部分を歌うときに自然と出る声のトーンです。裏声を確認することで、現状どのくらいが限界の音域なのか知ることができます。普段は裏声をあまり使いませんが、女声を出すには結構大事なポイントになります。

女声の出し方7つ

女声の出し方について7つの方法をご紹介していきますので、実際に練習する際に意識して練習してみるといいでしょう。女声は地声では出せない声なので、喉を鍛えたりとさまざまな特訓が必要になりますが、根気強く練習していきましょう。

裏声を楽に出せる方法を知る

裏声を出すには、まず声帯を開く必要があります。寒い日に手を温めようとして、息を吐きかけることがあると思いますが、その息を吐いているときが声帯が開いている状態です。その喉が分かったら、上あごと喉の境目で声を共鳴させます。 そうすると、ただ喉を絞めて出す裏声よりもなめらかで、たおやかな声が出るようになります。また、声帯が開いているので、リラックスした状態で話すこともできます。

喉を鍛える

喉を鍛えれば、女声や高音部分の音が楽に出せるようになります。あごの下の二重あごになる場所に指を添えて押し上げ、それを舌の根っこ側の押し返す力を使って、跳ね返しながら喉を鍛えていきます。コツとして喉を左右に広げるようにすることです。

ハミング

ハミングをすることで高くてハリのある音が出るようになります。上あごから舌の根元までを広げて、震わせて発声します。コツとしては舌の先端を、下の歯の前歯に当ててカーブを作ることです。 少しずつ音程を高くしていくのですが、始めは口腔内で響かせるように、慣れてきたら鼻の付け根で共鳴させるようにします。一日15分だけでいいので、毎日練習することが大切です。

メラニー法

メラニー法は喉を絞めて発声する方法で、女声になり、コツを掴めばそのまま話せるようになります。喉仏を使わないようにするのが特徴です。コツですが、うがいをするときのように喉を絞めて、鼻にかかった声を発声させます。 メラニー法が正しく使用できて話せているときは、上側の声帯は震えません、下の声帯だけが震えます。コツを掴むまでは、喉を直接手でさわりながら、確かめつつ発声してください。

女性らしい口調を心がける

次のページ:女声で歌う方法3つ
初回公開日:2017年12月16日

記載されている内容は2017年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング