IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車で音楽をかける方法・おすすめアプリ10選|アプリ/音楽プレイヤーの種類と選び方

更新日:2020年06月21日

車&バイク

車を運転している時に音楽を流している人はたくさんいると思います。そんな運転中の音楽再生をする方法やアプリなど、音楽を再生する為のプレイヤーの種類と選び方をご紹介していきます。気持ちよく運転する為にも、自分にあった音楽プレーヤーを選んでみましょう。

車の音楽プレイヤーの種類と選び方

【音楽プレーヤーの種類】 車で音楽を聞くためのプレーヤーのほとんどはMP3プレーヤーです。そんなMP3プレーヤーの種類と選び方をご紹介します。 ・ipod ipodは、本体の容量の多いものを選べば、とても多くの音楽を持ち運ぶことができるので、たくさん音楽を持ち運びたい人がipodを選んでいます。 ・ウォークマン ipodよりもノイズキャンセリング機能が優れていて、周りの雑音が多い中で高音質で音楽を聴くことができるので、車の中でのプレーヤーとして選ばれています。 ・スマートフォン 現代人のほとんどが持っているものなので、bluetoothやUSBを使って、車で音楽再生をするのに選ばれています。

車で音楽を聞く方法

日常的に車を運転する人は、運転中に音楽を聴いていることでしょう。車で音楽を聴くにはさまざまな方法があるので、特徴などを含めてご紹介していきます。

iPhoneを使う

iPhoneは、日本でも多くの人が使用しています。音楽プレーヤーとしての性能ももっていて、音質がとても良いためたくさんの人が利用しています。そんなiPhoneで車内の音楽プレーヤーとして使うための方法をご紹介していきます。 まず一つ目はbluetoothを使う方法です。ただしbluetoothを使う場合には、車のオーディオ自体が、bluetoothに対応していることが前提になります。もし対応していない車でbluetoothを使うには、シガーソケットにbluetoothレシーバーをつけて受信して音楽を聴きましょう。まずは、bluetoothとはどういうものなのかをご紹介いたします。

Bluetoothとは

多くの人がbluetoothを使っているとは思いますが、bluetoothがどういうものなのかをご紹介していきます。 bluetoothとは、wifiと同じく無線で通信をつないでいく機器ですが、wifiとの決定的な違いはwifiは複数の機器を無線でつなぐのに対して、bluetoothは1対1で機器をつないでいきます。また通信距離が数メートルと短いです。車で音楽を流すのは問題ないです。

Bluetoothレシーバーとは

車のオーディオにbluetoothの受信機がついていない場合は、音声入力端子のAUXやシガーソケットにトランスミッターをつなぎます。レシーバーは、シガーソケットから電源をとったり、AUXで接続できること、2台同時に使えたりするものを選ぶのが、車で音楽を聴く為におすすめのレシーバーと言えるでしょう。

ウォークマン

ウォークマンを使って車で音楽を聞く時は、iPhone同様にbluetoothを使って音楽を聞くことができますが、それ以外にも方法があります。 一つ目は、USBを使用して車のオーディオに接続する方法です。まずは、車のオーディオにUSBを接続できる端子があるか確認します。付いていれば、ウォークマンと車のオーディオをUSBで接続するだけで簡単に音楽を聞くことができます。 二つ目は、音声入力端子のAUXと接続する方法です。この方法は、専用のケーブルを接続することで音楽を聞くことができます。ケーブルの性能によって音質に変化があるので、良いケーブルを使って、車での音楽を楽しみましょう。

USBを使う

初回公開日:2017年09月14日

記載されている内容は2017年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング