IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「プレゼント」に関連した記事 | Mayonez - 3ページ目

記事一覧

「親孝行」の方法・喜ばれるプレゼント・おすすめ旅行スポット

「親孝行」の方法・喜ばれるプレゼント・おすすめ旅行スポット

みんさんは、親孝行をしっかりとできていますか?「親孝行をしたい」と思っていても「どうすればいいかわからない」という方も多いでしょう。そんな方に今回は親孝行をする方法についてご紹介していきます。親孝行をする方法のわからない方はぜひ読んでみてください。

作者名 |GG Media編集部

退職する同僚へおすすめのプレゼント|同僚に退職を伝えるタイミング

退職する同僚へおすすめのプレゼント|同僚に退職を伝えるタイミング

同じ職場の同僚が退職するときに、何かプレゼントをあげたいと思うことはあるでしょう。一緒に働いていた同僚がいなくなるのは寂しい気がしますが、だからこそプレゼントを渡して送り出すことがとても大切です。では退職する同僚にどんなプレゼントが良いのでしょうか。

作者名 |Ame

就活生に喜ばれるプレゼント|男性・女性別の喜ばれるプレゼント

就活生に喜ばれるプレゼント|男性・女性別の喜ばれるプレゼント

就活生の家族や親戚、恋人や友達などに送るプレゼントは何がいいのでしょうか。と考えた時、一番に時計や手帳かな?と思うと思いますが、実はもっと他にも就活生に重要のあるプレゼントが存在しているのです!何をあげればいいか迷ってる方におすすめのプレゼントをお教えします!

作者名 |海老マヨ太郎

一人暮らしの人におすすめのプレゼント(男性/女性)

一人暮らしの人におすすめのプレゼント(男性/女性)

未婚・晩婚化が当たり前の現代には男女ともに一人暮らしが多くなりました。一人暮らしをなさっている方へ何かの機会でプレゼントをする時には、どのような品が喜ばれるでしょうか。一人暮らしの方がプレゼントされたら嬉しい商品を紹介していきます。

作者名 |ワカメスープ

内定祝いに喜ばれるプレゼント・内定祝いのサプライズ例

内定祝いに喜ばれるプレゼント・内定祝いのサプライズ例

卒業式シーズンも過ぎ、新生活に向けて何かと環境の変化の多い時期でもありますが、内定が決まった人への贈り物である内定祝いを準備される方も多いのではないでしょうか?誕生日プレゼントとは違う内定祝いだとどのようなものが喜ばれるのでしょうか?ご紹介しましょう。

作者名 |miico104

読書家の本棚のこだわり|読書家に送るのにおすすめのプレゼント

読書家の本棚のこだわり|読書家に送るのにおすすめのプレゼント

皆さんの周りに「読書家」はいますか?本好きを自認し、自分のことを「読書家」だと思っている人もいるかもしれませんね。「読書家」とは、どういう人を指し、どんな特徴を持っているのでしょうか。また、贈って喜ばれるプレゼントなどについてもご紹介しております。

作者名 |小谷 朔

欲しいものがない人の特徴10コ・おすすめの誕生日プレゼント

欲しいものがない人の特徴10コ・おすすめの誕生日プレゼント

あなたは「今何か欲しいものがありますか?」と聞かれたときにパッとこたえられるでしょうか。便利なものが有り余るほど溢れている現代社会の中、正直欲しいものがないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、欲しいものがない人をテーマに書きました。

作者名 |麻鈴

産休する職場の人へのおすすめプレゼント・添えるメッセージ例文

産休する職場の人へのおすすめプレゼント・添えるメッセージ例文

産休に入る職場の人に送るプレゼントに悩んだことがある方は、意外に多いのではないでしょうか?ここでは、「どのくらいの予算が相場なの?」、「どんなプレゼントを贈るのがいいの?」、「産休に入る人へのメッセージはどんなことを書くの?」などの疑問を解決します。

作者名 |Cathy

【男女別】異動の際に送るオススメのプレゼント・金額の相場

【男女別】異動の際に送るオススメのプレゼント・金額の相場

職場の仲間の異動。初めての出来事だから、プレゼントや送別会、何から始めていいのやら…。そんな戸惑うあなたにこの記事はオススメ!周囲の人が異動する時にどんなプレゼントを贈ればいいか男女別で紹介。またその際に気を付けるべき最低限のマナーもチェックしよう。

作者名 |ゆーしん

【男女別】上司へのプレゼント例|誕生日や送別会のプレゼント

【男女別】上司へのプレゼント例|誕生日や送別会のプレゼント

上司へプレゼントする事になった場合、何が喜ぶのか迷いますよね。プレゼントとして贈ると縁起の悪い物や失礼になる物もあることを知ってましたか?まずはそうした物を知っておくことも大事です。今回は上司へのプレゼントに適してる物適していない物を解説していきます。

作者名 |砂月