IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2019年エンジニアおすすめ人気転職エージェント・サイト比較16選

転職サービス・サイト

IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心に厳選したエンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントをランキング形式で16個ご紹介します。それぞれの特徴や強みを知って自分に合うエージェントを見つけて、ぜひ活用しましょう。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職にはエージェント・サイト・知り合い経由の3つの転職方法がある
  • 企業の選択肢を広げ、自分に合った職場を選ぶために「求人数」と「求人とのマッチ度」が重要
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使うと理想の職場に出会いやすい

理想の条件の職場に出会うためには「転職サイト1つ」に登録して選択を広げ、「転職エージェント2つ」を利用して質の高い求人を紹介してもらう方法が王道になっています。 ITエンジニアの転職サイトなら「Green」、転職エージェントなら「レバテックキャリア」と「マイナビエージェントIT」がそれぞれ国内最大級の転職サービスとして定番です。 転職回数を増やさないためにも、正しい転職方法【転職サイト1つ、転職エージェント2つ】を忘れないようにしましょう。

エンジニアの転職方法には主に3つある

エンジニアの転職方法には主に3つある

転職活動を考えたとき、どうやって始めればいいのか迷いますよね。エンジニアとして転職を考えた際には主に3つの方法があります。 それぞれにメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。 すべて使い倒すのもよし、そのなかで自分に合った方法が見つかったら、その方法に注力して転職活動を進めていくのもよいでしょう。

エンジニアの転職方法①転職エージェントにサポートされて転職

エンジニアの転職方法①転職エージェントにサポートされて転職
評価項目評価
サポート度★★★★★
求人数★★★☆☆
マッチ度★★★★☆

「転職エージェント」では求人数は「転職サイト」ほど多くありません。 かわりにエージェントと呼ばれるサポーターが無料で相談に乗って、あなたにピッタリな求人を紹介してくれるだけでなく、企業に伝えにくい年収交渉や面倒なやりとりもすべて対応してくれます。 しかし、転職活動がエージェントに依存してしまうため、質の低いエージェントに当たると自分が転職したい要素とは的外れな求人を紹介されることもあります。 本記事で紹介しているサービスでは安心ですが、世の中には悪徳なエージェント(自社の利己主義に走っている)もいるため注意が必要です。 ➤おすすめ転職エージェント「レバテックキャリア」「マイナビエージェントIT

エンジニアの転職方法②転職サイトで選考に応募して転職

エンジニアの転職方法②転職サイトで選考に応募して転職
評価項目評価
サポート度★★★☆☆
求人数★★★★★
マッチ度★★☆☆☆

「転職サイト」のメリットとは、豊富な求人数にあります。求人数が多いということは、それだけ自分の転職先としての幅にも広がりが生まれます。 しかし、求人数が多すぎて、自分にあったものがどれがいいのか探すまでに大きな手間がかかることがあります。 サイトによっては多くのメールが来てしまうためにスパム化してしまう可能性もあります。 ➤おすすめ転職サイト「Green

エンジニアの転職方法③知り合いのつながりで転職

エンジニアの転職方法③知り合いのつながりで転職
評価項目評価
サポート度★★★★☆
求人数★☆☆☆☆
マッチ度★★★★★

知り合いでの転職では、条件交渉がしやすかったり、あなたに対する評価を知り合いが事前に企業に伝えているので、選考通過率が高くなります。 一方で知り合いベースなので、転職サイトなどと比べると、企業の選択肢が狭いことがデメリットです。 また一度内定が出てしまうと、友人経由のためにやっぱり断ろうとしても、関係性が気になり、断りづらくなってしまうケースがあるので注意が必要です。

エンジニアが転職エージェントを使うメリット

エンジニアが転職エージェントを使うメリット

エンジニアが転職エージェントを使うメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。前の項目で、転職エージェントとはどういったサービスなのかをざっくりと説明しました。 ここからは、求職者が実際に転職エージェントを利用することで生じる具体的なメリットを解説していきます。

エンジニアが転職エージェントを使うメリット①内定獲得率が上がる

エンジニアが転職エージェントを使うメリット①内定獲得率が上がる

転職エージェントを利用すれば、キャリアに関してカウンセリングが受けられます。 キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら、今後のキャリアプランや転職活動の方向性を決めれるのは心強いですよね。 また、転職エージェントには今までたくさんの求職者をサポートしてきた実績がありますので、実際に応募するにあたり、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などを受けることができます。 これにより内定率が上がります。

エンジニアが転職エージェントを使うメリット②求人数が多い

転職エージェントがもつ豊富な求人の中から、その人に合った求人を紹介してくれるという点がメリットです。 自分で転職サイトを探すと、膨大な求人の中から自分で探さなければなりません。 転職エージェントを利用した場合、その人のニーズに合った求人をキャリアアドバイザーが提案してくれるため、知らなかった求人や自分の希望にマッチした企業に出会える可能性がアップします。

エンジニアが転職エージェントを使うメリット③非公開求人が豊富

エンジニアが転職エージェントを使うメリット③非公開求人が豊富

転職エージェントがもつ求人の中には「非公開求人」と呼ばれるものがあり、エージェントにっよってはほとんどが非公開求人というケースもあります。 非公開求人へはサービスに登録しないと応募ができないため、転職エージェントを利用して損はないですよね。 なお求人情報を非公開とする理由はエージェントや企業によってさまざまですが、一例を挙げると応募者の絞込みや新規案件の立ち上げなどがあります。

エンジニアが転職エージェントを使うメリット④日程調整から条件交渉までサポート

エンジニアが転職エージェントを使うメリット④日程調整から条件交渉までサポート

転職活動は求人を探したり、企業ごとに特徴を調べ履歴書等を準備したり、面接のスケジュール調整や条件交渉など、やらないといけないことがたくさんあります。 特に働きながらの転職活動は、仕事の合間に行わなければならないため負担になりますよね。 転職エージェントは企業との各種調整をサポートしてくれるため、転職活動がスムーズに進められます。

エンジニアが転職エージェントを使うメリット⑤市場価値がわかる

エンジニアが転職エージェントを使うメリット⑤市場価値がわかる

転職を考え始めた方の中には、自分の市場価値を知りたいという方も多いでしょう。 転職エージェントには、求職者と企業とのマッチング実績が豊富にあるため、求職者の実績や経験から採用ニーズや年収の相場について的確なジャッジができます。 さらに志望企業・業界にとって需要の高いスキルや年収アップにつながるスキル等を事前に知ることもできます。

エンジニアの転職エージェントの選び方

エンジニアの転職エージェントの選び方

エンジニアの転職エージェントの選び方のポイントについてご紹介します。 エンジニアに強い転職エージェントなのか、相性のいい担当者なのかは比較しないとわからないので、複数の転職エージェントに登録しましょう。 転職求人の8割は非公開と言われており、ひとつのエージェントに求人が集中しているわけではないので、複数の転職エージェントに登録するとより自分に合った企業を見つけやすくなるでしょう。

エンジニアの転職エージェントの選び方①担当者が業界出身者か

エンジニアの転職エージェントの選び方①担当者が業界出身者か

エンジニアとして転職をするのであれば、業界に詳しい転職エージェントを選ぶのはもちろんですが、担当者もIT業界出身であることがポイントです。 最低限エンジニアの知識や業界事情を知らないと、適切な求人の紹介ができないからです。 担当者の質は転職の成功率に繋がりますので、転職を成功させるためにも、IT業界出身者が多い転職エージェントかどうか、登録時にいろいろ質問してみましょう。

エンジニアの転職エージェントの選び方②スキルシートだけでなくきちんとヒアリングしてくれるか

エンジニアの転職エージェントの選び方②スキルシートだけでなくきちんとヒアリングしてくれるか

スキルシートの内容から、転職エージェントの担当者が事務的に選び出した求人を紹介されることもあります。 転職エージェントは登録すると、一度担当者と必ず面談がありますので、そのときに自分の希望や要望ははっきり伝えることが大切です。 そうでないと、キーワードにひっかかった求人をそのまま紹介してくる転職エージェント担当者もいますので、きちんとヒアリングしている担当者を選びましょう。

エンジニアの転職エージェントの選び方③キャリアアップを見据えた提案をしてくれるか

エンジニアの転職エージェントの選び方③キャリアアップを見据えた提案をしてくれるか

エンジニアの転職はどの会社に入るかという視点ではなく、入社後にどのような仕事ができて、どんなスキルが身につくかが大切になってくるといえます。 技術の入れ替わりが激しい業界ですので、エンジニアは今後のキャリアのことを考えて転職するのがよいでしょう。 エージェントの担当者と相談しながら、今後のキャリアプランまで提案してくれるかどうかは、非常に重要なポイントになるでしょう。

エンジニアの転職エージェントの選び方④対応はスピード感があるか

転職活動はスピードが極めて重要です。多くの転職希望者の転職支援をしているエージェントの担当者も多忙となります。しかし優秀なエージェントは多忙であっても対応スピードは早いです。 人気の求人情報や条件のよい求人は、対応が遅いとすぐに他の希望者に取られてしまいますから、面接後のフィードバックの対応スピードや面接日程の調整スピードが早いエージェントがよいでしょう。

エンジニアの転職エージェントの選び方⑤担当者と相性がいいか

どの転職エージェントを利用したらよいのかというのは、相性がよい担当者と出会えるかが重要になります。 転職エージェントの担当者も人間ですので、当然合う、合わないということが起こります。 エージェントの担当者と面談をしてみて、「この人なら信頼できる!」という人を見つけましょう。転職は人生のターニングポイントともなりえるので、慎重に選びましょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェントランキング9選

エンジニアにおすすめの転職エージェントランキング9選

転職を考え始めたエンジニアがよく利用する転職方法は「転職サイト」と「転職エージェント」です。 「転職サイト」は求人数に強くてサポートには弱い、「転職エージェント」は求人数に弱くてサポートに強いというそれぞれの特徴があります。 さらに転職エージェントは「マッチ度」が高い転職方法。今回はIT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェントを、4つの評価軸に照らしてランキング形式でご紹介します。

エンジニアにおすすめの転職エージェント1位:レバテックキャリア

エンジニアにおすすめの転職エージェント1位:レバテックキャリア
評価項目評価
総合評価 ★★★★★
求人の数★★★★☆
求人の質  ★★★★★
コンサルの質★★★★★

ITエンジニアに特化した「レバテックキャリア」は、社内講習を行い、エージェントがWeb・IT知識をしっかり身につけているので、企業とのマッチング度が高く、選考通過率も高いと評判です。 変化の速い技術職であるIT業界の中で、常に知識を陳腐化させない努力をしていて、最新のプログラミング言語やツールなどの専門知識を日々吸収しています。 こうして得た知識を基に、担当者が直接複数企業を訪問して、求められる技術力や人柄といった一般的な求人情報から、ソフトウェアの種類やバージョンなどの実際に現場で使われている細かい情報まで聞き出します。 このようにITに関する知識は豊富に持つキャリアカウンセラーが担当についてくれるサポートの厚さ「レバテックキャリア」の特徴です。 ※対象地域:関東(1都3県)、関西(大阪兵庫京都)、福岡

エンジニアの仕事を探すために最初にこのサービスを使った時、求人内容が専門的だと思いました。技術者の他にもデザイナーなどの募集も見たのですが、どれもしっかりした正社員募集でした。 ここのサービスで特に気に入った点は、エンジニアなどの開発関連の仕事が豊富にあるところです。他にも類似の転職サービスはありますが、募集にかたよりがあったり数が少なかったりすることが多いです。しかし、ここは仕事の種類や数が充実しているので目当ての企業を選びやすいと感じました。

エンジニアにおすすめの転職エージェント2位:マイナビエージェントIT

エンジニアにおすすめの転職エージェント2位:マイナビエージェントIT
評価項目評価
総合評価 ★★★★☆
求人の数 ★★★★★
求人の質 ★★★★★
コンサルの質★★★★☆

マイナビエージェントIT」は、「マイナビ」での実績から、大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーションにより、求人票に記載されていない情報を数多く提供しています。 また、平日に時間のとれない忙しいエンジニアのために、土曜日にもキャリア相談会を開催しています。

マイナビエージェントでこれまで3回利用していますが、毎回スピードのある対応でした。経歴や転職理由、どのような仕事を探していて何を重要視するか、給与やお休みはどのくらいを希望するかなど、初回面談は1.5時間位だったと思います。 面談の前に登録していた内容をもとに、初回面談においてもいくつか案件の候補を用意して下さっていたり、面談中に検索して下さったり、転職者の「はやく案件を見てみたいなあ」という気持ちに合った進め方です。面談後もどんどん案件を紹介して下さいます。 応募や面接については、とにかくできるだけ多く挑戦しましょう、というスタンスでした。ぴったり希望にあった案件でなくても、ちょっと気になるなという程度であれば応募、面接も何回も受けることで練習にもなる、という方針でした。 私自身はそこまで転職に焦っていませんでしたし無駄な応募や面接は控えたかったので、エージェントさんの方針は受け止めつつも、わりと自分のペースで応募していました。エージェントさんとのやり取りは、初回面談以降は基本的に専用サイトやメール、電話でのコンタクトになります。 自分で転職の方向を定められ、エージェントさんのいい意味での“あおり”に惑わされずに活動できる人には合っているかなと思います。

エンジニアにおすすめの転職エージェント3位:メイテックネクスト

エンジニアにおすすめの転職エージェント3位:メイテックネクスト
評価項目評価
総合評価★★★★☆
求人の数★★★★☆
求人の質★★★★☆
コンサルの質★★★★★

ITエンジニアの求人が豊富なメイテックネクストは、幅広くITの知識をもつエンジニア転職のプロがサポートしてくれます。 各企業をイメージした模擬面接を実施できるのは、メイテックネクストならではです。内情を踏まえてアドバイスしてくれるので、選考に通過しやすいのもポイントです。 土・日・祝日や平日の20時以降に対応も可能なので、仕事をしながらでもスムーズに転職活動を進めたい方におすすめです。

他の転職エージェントとは違ったパイプをお持ちのようで、比較的自分に合った求人を多く紹介してくれました。 担当してくれたキャリアコンサルタントの方も前職はエンジニアだったようで、この不景気な市場についても共感してくれました。こういった人材ビジネスに早くに転職したコンサルタントの方が何か羨ましく感じてしまったほどです。 厳しい転職活動になるだろうと思っていましたが、それほど年収も下がらずに前職と似た転職先を探してもらい本当に感謝してます。 大手の転職エージェントでは若い女の子が担当してくれて、必死に話しを聞いてくれましたが、ちょっと知識不足は否めなくて頼れるような気はしませんでした。その点、メイテックネクストは40過ぎのベテランが対応してくれたので良かったです。

エンジニアにおすすめの転職エージェント4位:ギークリー

エンジニアにおすすめの転職エージェント4位:ギークリー
評価項目評価
総合評価  ★★★★☆
求人の数★★★★☆
求人の質 ★★★★☆
コンサルの質★★★★☆

エンジニア特化型転職エージェントといえば、「ギークリー」がおすすめです。 エンジニアに特化しているため、キャリアコンサルタントのサポートスキルも高く、頼りになります。一番の特徴は、対応の速さ。精鋭コンサルが即レスポンスで対応するため、早く転職したい方にはおすすめです!

キャリアアップを目指し、マイナビに登録したのち、マイナビ登録エージェントとして、スカウトを頂きました。 自身がそこそこの経歴であったためか、特段これといったアドバイスはなかったですが、 求人の質がなかなか良かったです。 少なくとも自身が求めていた、レベルの企業を多数紹介してもらえました。 対応はかなり早かったです。 応募企業も多数あり、スケジュールがどんどん埋まっていき、大変でしたが、 本気で転職したいと思っている人からすれば当然の苦労かと思います。 スケジュールの管理もしっかりしており、 面接対策などは、過去に受けられた求職者のアンケートから傾向や対策などをメールで送ってくれます。 ダラダラと長引かせずに、短期間に企業研究をして、内定をもらいたい人にはお勧めです。

エンジニアにおすすめの転職エージェント5位:type転職エージェント

エンジニアにおすすめの転職エージェント5位:type転職エージェント
評価項目評価基準
総合評価★★★★☆
求人の数★★★★☆
求人の質★★★☆☆
コンサルの質★★★★☆

type転職エージェント」では企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポートにつくことで安心して転職まで進めることができます。 また、「type転職エージェント」では業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが求人の詳細だけではなく、今後のキャリアプランも提案するというサポートが特徴でもあります。 経済や業界動向等マクロなことから細かな企業情報までを含めた 幅広い知識や情報に基づいた考え方をもって、あなたの気付いていない可能性、 あなたのキャリアの可能性を広げる求人を紹介してもらえます。

ありとあらゆる転職エージェントに登録して、漠然と転職をする。という私の気持ちを整理して、確実に転職の先に方向付けしてくれて、なおかつ可能性を引き出してくれた一番の転職エージェントがtype転職エージェントでした。担当のエージェントさんと一番気があったというのが一番近い感想かもしれません。特に1社に絞った訳ではありません。本当に面倒見よく、途中で私自身が諦めかけようとしていても、励まし、見る方向性を変えてみたり、担当者の方には良くやって頂きました。

エンジニアにおすすめの転職エージェント6位:doda

評価項目評価基準
総合評価★★★★☆
求人の数★★★☆☆
求人の質★★★☆☆
コンサルの質★★★★☆

doda」は、日本最大級の規模と実績のある転職エージェントです。非公開求人も多く、紹介される求人数の幅も大きいため、自分の転職先を広げるきっかけを作ってくれます。 また、「doda」のアドバイザーは各業界ごとのスペシャリストであるため、アドバイザーの大半がその業界での就業経験のある人なのです。 特定の業界や職種への転職を希望する人、違う業界に踏み込みたいが不安な人にとって、これ以上ない心強い味方となってくれます。

社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。

エンジニアにおすすめの転職エージェント7位:ワークポート

エンジニアにおすすめの転職エージェント7位:ワークポート
評価項目評価基準
総合評価★★★☆☆
求人の数★★★☆☆
求人の質★★★☆☆
コンサルの質★★★☆☆

ワークポート」は、リクルート社が発表している、転職エージェントランキングでは「転職決定人数部門」において第1位を獲得しているほど、企業と転職者のマッチング力に定評があります。 もともと、ゲーム・IT系をメインに扱ってきたワークポートなので、企業とのパイプも強く、他にはないワークポートだけの求人もあります。 つまり企業からの信頼関係も厚いのです。それを期待してワークポートを選ぶ人も多く、独占取引企業というのはそれだけで充分ワークポートの利点なのです。

面談が丁寧で基本的に対応のレスが早い。 利用者専用サイトの使いやすさは断トツ。 進捗はわかりやすいし、過去の面接感想とかも見られるし便利。

エンジニアにおすすめの転職エージェント8位:エンジニアファクトリー

エンジニアにおすすめの転職エージェント8位:エンジニアファクトリー
評価項目評価基準
総合評価★★★☆☆
求人の数★★☆☆☆
求人の質★★★☆☆
コンサルの質★★★★☆

「エンジニアファクトリー」は、一般的な転職エージェントと比較して、転職者1人に対して約2倍の時間をかけて、信頼関係の構築・キャリアの提案をしてくれます。 必ずしも転職をすすめるのではなく、もしご自身が考えているキャリアにおいて、転職が必要そうでないならそう勧め、今は転職せずにもう少しスキルを上げてから転職をすべき場合はそうアドバイスしてくれます フリーランスについても提案し、1人で考えるよりも多用なキャリアの選択肢を教えてくれます。

エンジニアにおすすめの転職エージェント9位:テクノプロキャリア

エンジニアにおすすめの転職エージェント9位:テクノプロキャリア
評価項目評価基準
総合評価★★★☆☆
求人の数★★☆☆☆
求人の質★★★☆☆
コンサルの質★★★☆☆

テクノプロキャリア」は、非公開求人にも強く、上場企業や大手企業の求人を多く紹介してくれます。大手から大手、ベンチャーから大手、というキャリアを考えている方にオススメの転職エージェントです。 機械設計や金型・光学設計、電気・電子回路設計や生産技術など、ものづくりに関わる数多くの職種を取り扱っており、自分に適した仕事を紹介してもらうことが可能です。

エンジニアにおすすめの転職サイトランキング3選

エンジニアにおすすめの転職サイトランキング3選

エンジニアの転職サイトは数多くあります。転職活動の際には、複数のサイトに登録するのが般的です。 同じ業界の転職サイトであっても、「転職サイトA」と「転職サイトB」では掲載している企業が変わります。 複数サイトに登録しておくことで、企業の種類や幅を広げることが可能です。

エンジニアにおすすめの転職サイト1位:Green

エンジニアにおすすめの転職サイト1位:Green
評価項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数★★★★★
求人の質 ★★★★☆
年収アップ★★★★☆
マッチ度★★★★☆

IT業界・エンジニア職に強い転職サイト。 職種だけでなく、「残業が少ない職場」や「社員の平均年齢が若い職場」など、職場の条件別にも求人情報を検索できます。「現状よりも良い環境で働きたい」と考えている場合は、ぜひ使ってみたいシステムですね。 いま急成長中の企業の求人も多数存在しており、キャリアを意識して、スキルを高めていきたい上昇志向のエンジニアには特におすすめの転職サイトです。 エンジニア転職の場合、技術のミスマッチが起こりやすいですが、企業がユーザーの詳細な技術情報を元にオファーを送る制度もあるため、マッチング精度が高いです。

エンジニアにおすすめの転職サイト2位:type転職エージェント

エンジニアにおすすめの転職サイト2位:type転職エージェント
評価項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数★★★☆☆
求人の質★★★★☆
年収アップ★★★★★
マッチ度★★★★★

転職サイトの中でもエンジニアの求人に強く、業界の中でも最大級のエンジニアの求人数です。自分のスキルや希望条件の詳細な情報から、ピッタリな求人をおすすめしてくれます。 転職力を診断するサービスもあるので、ぜひ自分のスキルから年収の目安を調べてみてください。 年収アップの実績も多いので、キャリアアップの転職にも最適です。

エンジニアにおすすめの転職サイト3位:マイナビ転職エンジニア求人サーチ

エンジニアにおすすめの転職サイト3位:マイナビ転職エンジニア求人サーチ
評価項目評価
総合評価 ★★★★★  
求人数★★★★☆
求人の質★★★★☆
年収アップ★★★☆☆
マッチ度★★★★☆

新卒やアルバイトなど、さまざまな形態の求人情報を扱う大手サイト「マイナビ」の、IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトです。 大手ならではの豊富なコネクションに期待できそうです。 また、エンジニア転職向けのコラムなども充実しているので、転職活動に関する情報収集にも活用できそうです。

モノづくりエンジニア向けの転職サイトランキング

モノづくりエンジニア向けの転職サイトランキング

モノづくりエンジニアは多種多様な仕事が存在します。 ものづくりエンジニアの多い生産機械の設計やテスト、航空機のエンジン設計、自動車の整備、列車のシステム設計もモノづくりエンジニアの仕事と考えることが出来ます。 以下では、モノづくりエンジニア向けの転職サービスを紹介します。

モノづくりエンジニア向けの転職サイトランキング1位:パソナテック

モノづくりエンジニア向けの転職サイトランキング1位:パソナテック

大手企業や注目の成長企業を中心とした求人が多いです。求人数が常時2000件と多いのも特徴。ピッタリの求人が探せますね。 4万人以上のものづくりエンジニアが利用し、ITやものづくりの全ての職種に対応しています。派遣・正社員・紹介予定派遣・契約社員などワークスタイルを選択することが出来ます。

モノづくりエンジニア向けの転職サイトランキング2位:メイテックネクスト

モノづくりエンジニア向けの転職サイトランキング2位:メイテックネクスト

「ものづくり系エンジニア」向けの転職サイト。キャリア診断による求人紹介もあるので、より自分に合った企業へ応募できそうですね。 求人数は10,000以上保有(内80%が非公開求人)しており、製造系エンジニア求人で言えば業界No.1です。その中にはTOYOTA、Panasonic、DAIKINなど大手会社からの求人も豊富にあります。 無料で登録ができ、転職相談から求人の提案、面談のセッティングなどを行ってくれます。

エンジニア転職サイト番外編

エンジニア転職サイト番外編

ここからは、転職サイトの紹介ではありませんが、派遣サイトとエンジニアの独立支援とフリーランス支援をしているサイトを紹介します。 最近はエンジニアのフリーランスの方もよく見ますし、独立志望の方も多いですよね。 ある程度スキルを積んだら、以下のようなサービスを利用し、フリーランスデビューするのもいいですね。

エンジニア転職サイト番外編①【独立/フリーランス支援】レバテックフリーランス

エンジニア転職サイト番外編①【独立/フリーランス支援】レバテックフリーランス

独立/フリーランスであればエンジニアとしてのあなたのスキルが給与に直接反映されます。 レバテックフリーランスはIT業界に特化した業務委託、常駐フリーランス専門のエージェントです。IT業界に特化しているため独自案件が多く、また、エージェントはエンジニアへの理解度がとても深いことで有名です。 案件数が多いため、あなたのレベル感に合わせて案件受注も可能、また成長に繋げるために少しレベルの高い案件を受注することもできます。加えて、案件の単価がとても高いことでも有名です。 理由としては、企業の担当者と直接交渉しており、またレバテックフリーランスへのマージンを低くすることで高単価を実現しています。その為、参画者の平均年収は800万円超えです。

エンジニア転職サイト番外編②【派遣から正社員も夢じゃない】パソナ

エンジニア転職サイト番外編②【派遣から正社員も夢じゃない】パソナ

派遣の働き方は雇用主はパソナになり勤務先が派遣先という形になります。 パソナはIT特化というわけではありませんがITの案件もあり、最初は派遣でも働いた結果次第では正社員雇用も行なっております。また、正社員の転職支援も行なっています。 自分の時間も大切にしたい、着実にしっかりと成長をしていきたい、給料を上げたいと感じている方にぴったりです。

エージェントを利用するときの注意点・使い方

エージェントを利用するときの注意点・使い方

転職エージェントに登録したからといって、あなたに絶対に最適な企業が紹介されるとは限りません。また必ず転職が上手くいくとも限りません。 場合によっては転職する前のほうが満足してた、ということにもなりかねないです。 転職エージェントを利用するときの注意点やエージェントの使い方について挙げますので、参考にしてみてください。

エージェントを利用するときの注意点・使い方①エージェントは複数登録しよう

エージェントを利用するときの注意点・使い方①エージェントは複数登録しよう

転職エージェントにより保有している求人は異なります。あなたにぴったりの企業を見つけるには、どれだけの求人数の中から選ぶか、つまり母数が非常に重要なのです。 ですので、1つの転職エージェントに絞って転職活動を行なうと限られた求人の中から探すことになるので、複数の転職エージェントに登録し、より多くの企業の中からあなたの希望に沿う企業を探すのが最適です。 できれば3社以上登録するとよいでしょう。

エージェントを利用するときの注意点・使い方②合わないと思ったらキャリアアドバイザーを変更しよう

エージェントを利用するときの注意点・使い方②合わないと思ったらキャリアアドバイザーを変更しよう

転職活動が上手くいくには、キャリアアドバイザーとの相性も大切です。相性が合わなかったり、対応に疑問を感じたりした場合は担当者の変更が可能です。 担当者の面談や電話での対応や、面接対策や交渉の仕方などを見て、変更の必要があるかどうかを判断しましょう。 変更したいと感じたら、エージェントに電話やメールにてその旨を伝えましょう。ほとんどの転職エージェントが担当者の変更に対応しております。

エージェントを利用するときの注意点・使い方③虚偽の申告はしない

エージェントを利用するときの注意点・使い方③虚偽の申告はしない

どうしても給与や条件のいい会社に転職したいがために、職歴やスキルなどで虚偽の申告をしてしまう人がいます。 虚偽の申告をしたとしても、採用担当は人材のプロなので、面接の場で嘘であることが発覚することは十分にありえます。 もしバレた場合、面接した企業どころか転職エージェントからも紹介できない人材とみなされ、今後求人を紹介してもらえなくなる可能性があります。 経歴などを嘘で申告することは絶対にやめましょう。

エージェントを利用するときの注意点・使い方④キャリアアドバイザーが言うことの鵜呑みは危険

エージェントを利用するときの注意点・使い方④キャリアアドバイザーが言うことの鵜呑みは危険

転職エージェントは、転職したい人と、人を採用したい企業をマッチングさせてはじめて収益がでるビジネスです。キャリアアドバイザーにもノルマがあります。 そのためキャリアアドバイザーが自分の成績を達成させるために、あなたの希望にそれた転職先を紹介してくる場合もあります。 本当に自分にとって合っている企業なのか、ときどき立ち止まりながらあなた自身でじっくりと考えることも重要です。

エージェントを利用するときの注意点・使い方⑤連絡はすぐに返す

エージェントを利用するときの注意点・使い方⑤連絡はすぐに返す

連絡をすぐに返すというのは社会人の常識でもあります。面接日程の確認やフィードバックなどの連絡はすぐに返しましょう。 仕事をしながら転職活動している方は、例えば電話連絡がきたらメールで「仕事中の為○時に折り返します」など一報いれましょう。 連絡頻度が低すぎると、転職先をすでに見つけたか、転職を断念したと判断されてしまいます。

エージェントを利用するときの注意点・使い方⑥同じ求人に重複して応募しない

エージェントを利用するときの注意点・使い方⑥同じ求人に重複して応募しない

同じ求人が別の転職エージェントで募集されていることもよくあります。その際、別の転職エージェントからその同じ求人へ応募することはやめましょう。 企業へ重複して連絡がいってしまうと、自分の応募している企業も把握していない自己管理ができない人材であると思われてしまうことが多く、書類落ちとなってしまいます。

この記事のまとめ
  • 転職にはエージェント・サイト・知り合い経由の3つの転職方法がある
  • 企業の選択肢を広げ、自分に合った職場を選ぶために「求人数」と「求人とのマッチ度」が重要
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使うと理想の職場に出会いやすい

「転職サイト1つ」に登録して選択を広げ、「転職エージェント2つ」を利用して質の高い求人を紹介してもらうのが、理想の条件の職場に出会うための王道。※「転職エージェント」は、担当するエージェントに左右されるので2つ以上の利用を推奨 ITエンジニアの転職サイトなら「Green」、転職エージェントなら「レバテックキャリア」と「マイナビエージェントIT」が定番。 転職回数を増やさないためにも、正しい転職方法【転職サイト1つ、転職エージェント2つ】を忘れないようにしましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング