IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2019年エンジニア転職エージェント・サイト比較29選|特徴・強み

転職サービス・サイト

IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心に厳選したエンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントを職種別にランキング形式で29個ご紹介します。それぞれの特徴や強みを知って自分に合うエージェントを見つけて、ぜひ活用しましょう。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職にはエージェント・サイト・知り合い経由の3つの転職方法がある
  • 企業の選択肢を広げ、自分に合った職場を選ぶために「求人数」と「求人とのマッチ度」が重要
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使うと理想の職場に出会いやすい

理想の条件の職場に出会うためには「転職サイト1つ」に登録して選択を広げ、「転職エージェント2つ」を利用して質の高い求人を紹介してもらう方法が王道になっています。 ITエンジニアの転職サイトなら「Green」、転職エージェントなら「レバテックキャリア」と「マイナビエージェントIT」がそれぞれ国内最大級の転職サービスとして定番です。 転職回数を増やさないためにも、正しい転職方法【転職サイト1つ、転職エージェント2つ】を忘れないようにしましょう。

エンジニアの転職方法には主に3つある

エンジニアの転職方法には主に3つある

転職を考えた際には3つの方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

エンジニアの転職方法1:転職エージェントにサポートされて転職

評価項目評価
サポート度★★★★★
求人数★★★☆☆
マッチ度★★★★☆

「転職エージェント」では求人数は「転職サイト」ほど多くありません。かわりにエージェントと呼ばれるサポーターが無料で相談に乗って、あなたにピッタリな求人を紹介してくれるだけでなく、企業に伝えにくい年収交渉や面倒なやりとりもすべて対応してくれます。 しかし、転職活動がエージェントに依存してしまうため、質の低いエージェントに当たると自分が転職したい要素とは的外れな求人を紹介されることもあります。本記事で紹介しているサービスでは安心ですが、世の中には悪徳なエージェント(自社の利己主義に走っている)もいるため注意が必要です。 ➤おすすめ転職エージェント「レバテックキャリア」「マイナビエージェントIT

エンジニアの転職方法2:転職サイトで選考に応募して転職

評価項目評価
サポート度★★★☆☆
求人数★★★★★
マッチ度★★☆☆☆

「転職サイト」のメリットとは、豊富な求人数にあります。求人数が多いということは、それだけ自分の転職先としての幅にも広がりが生まれます。 しかし、求人数が多すぎて、自分にあったものがどれがいいのか探すまでに大きな手間がかかることがあります。サイトによっては多くのメールが来てしまうためにスパム化してしまう可能性もあります。 ➤おすすめ転職サイト「Green

エンジニアの転職方法3:知り合いのつながりで転職

評価項目評価
サポート度★★★★☆
求人数★☆☆☆☆
マッチ度★★★★★

知り合いでの転職では、条件交渉がしやすかったり、あなたに対する評価を知り合いが事前に企業に伝えているので、選考通過率が高くなります。 一方で知り合いベースなので、転職サイトなどと比べると、企業の選択肢が狭いことがデメリットです。 また一度内定が出てしまうと、友人経由のためにやっぱり断ろうとしても、関係性が気になり、断りづらくなってしまうケースがあるので注意が必要です。

エンジニアに特化した転職エージェント7つを比較

転職を考え始めたエンジニアがよく利用する転職方法は「転職サイト」と「転職エージェント」です。「転職サイト」は求人数に強くてサポートには弱い、「転職エージェント」は求人数に弱くてサポートに強いというそれぞれの特徴があります。 2つを同時に利用することで、初めての転職活動でも効率的に情報収集と選考通過を行うことができます。転職活動を行う際には、「転職サイト」「転職エージェント」どちらも併用して両方のメリットを活かすことが大切です。 特に、企業選びの可能性を広げるために、まずは求人数の多い、業界大手の転職サービスに登録することが望ましいです。もしまだ登録してないという方は、定番の「転職エージェント」「転職サイト」に登録しておきましょう。

比較対象1: レバテックキャリア

比較対象1: レバテックキャリア

「レバテックキャリア」はIT・Web系エンジニアやクリエイタに特化した転職エージェントです。求人数は4000件を超え、利用実績も7万8000人とユーザーからの信頼も集まっています。 実績としては、 ① 30代後半のエンジニアの年収が320万UP! ② 20代後半のエンジニアの年収が290万UP! と現年収の2倍以上の伸びが見込まれています。 それを可能としているのが、 レバテックキャリア独自の高給与求人企業別の面接対策になります。 また、レバテックキャリア独自の高給与求人になるので他の転職エージェントには公開されてない求人が多数あるので、登録してない方は登録必須のエージェントになります。

比較対象2:マイナビエージェント

比較対象2:マイナビエージェント

マイナビエージェントIT」は、大手転職「マイナビ」での実績によって、大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーションにより、求人票に記載されていない情報を数多く提供しています。 また、平日に時間のとれない忙しいエンジニアのために、土曜日にもキャリア相談会を開催しています。土日に話を聞きに行きたいという方におすすめです。

比較対象3:メイテックネクスト

比較対象3:メイテックネクスト

メイテックネクストは製造系エンジニア特化型の転職エージェントになります。 求人数は10,000以上保有(内80%が非公開求人)しており、製造系エンジニア求人で言えば業界No.1です。その中にはTOYOTA、Panasonic、DAIKINなど大手会社からの求人も豊富にあります。 実績でいうと、 31歳 男性の年収が580万から730万にUP! 31歳 男性の年収が450万から505万にUP! 29歳 男性の年収が360万から480万にUP! とかなりユーザーにとっては満足度の高い結果を残しています。 無料で登録ができ、転職相談から求人の提案、面談のセッティングなどを行ってくれます。

比較対象4:typeエージェント

比較対象4:typeエージェント

type転職エージェントは、ITに特化しテイル訳ではありませんが、IT・Web系の求人も多く取り扱っています。 様々な業界での転職を実現しているため、転職をするためには同意った情報で勝負するのかというノウハウはかなり蓄積されています。 転職までのステップは 1. 登録(無料) 2. カウンセリング 3. 求人の案内 4. 職歴書・面接対策 5. 内定 というようなフローになっています。

比較対象5:Green

トピック1163/要素3338884

Green」は、IT/Web業界の人材に特化した転職サイトです。 他の求人サイトと違い、IT/Webに特化しているため、細かな条件での求人を検索することが可能。いま急成長中の企業の求人も多数存在しており、キャリアを意識して、スキルを高めていきたい上昇志向のエンジニアには特におすすめの転職サイトです。 エンジニア転職の場合、技術のミスマッチが起こりやすいですが、企業がユーザーの詳細な技術情報を元にオファーを送る制度もあるため、マッチング精度が高いです。 業界最大規模の利用者数を誇ってもいるため、転職先の企業の幅も広がります。「エンジニア転職」の場合のまさに定番となっているサイトで、「TechStars」と併用しておくべき転職サイトです。

比較対象6:TechStars Agent

比較対象6:TechStars Agent

IT・Web業界のエンジニアに特化した転職エージェント。 上記のGreenと並行して使えば、IT系の求人はほぼ全て網羅できるでしょう。普通の転職エージェントと違い、IT・Webエンジニアの技術を熟知しているので、転職者の能力を正確に把握し、マッチング度の高い職場を紹介してくれます。相談にものってくれるので、初めての転職の場合にも安心です。 自分のスキルの市場価値や、転職市場の動向、口コミサイトには上がらない企業の内情など、普通では手に入らないような情報を収集できます。 転職が初めての方、転職を失敗した経験があり不安だという方におすすめです。エージェントを複数使って様子を見たい場合、選択肢の1つに入れておきたいエージェントです。

比較対象7:MidWorks

比較対象7:MidWorks

近年は非常にフリーランスエンジニアになりたい方が増えています。ただ、いざ会社を辞めて独立しようとすると「保険」「確定申告」などの保障やバックオフィス周りなどの面倒が発生します。 上記をまるっとサポートして、案件も提供してしまうといった非常に魅力的なサービスとなっています。 フリーランスとして高い案件を受注すれば、正社員よりも収入が上がります。しかし、社員と較べて案件受注数と給料の不安定性、保険や税金処理など、不安なことも多い。しかし、正社員時と同等以上の保障で給与も上がるといった方が多く発生しています。 フリーランスと正社員の間をとった「Midworks」は、給料の安定性や保険や税処理などをサポートするサービス。転職サイトや転職エージェントとは少し違いますが、会社に勤める以外の選択肢として「独立」を1度考えてみると、今後の人生の選択肢も広がります

エンジニア向け転職エージェント比較表

おすすめのエンジニア向け転職エージェントを表で比較してみました。

エージェント名求人数対象地域雇用形態スカウト
レバテックキャリア非公開関東・関西・福岡正社員
マイナビエージェントIT約4500全国正社員×
メイテックネクスト非公開全国正社員
Geekly約2000全国正社員
typeエージェント非公開関東圏正社員/契約社員×
Green約1,4000全国正社員/契約社員
Techstars Agent約3,000関東正社員
Midworks約5,000関東個人事業主/正社員/契約社員×

※2018年12月現在

エンジニアにおすすめの転職エージェントランキング

転職エージェントは「サポート」と「マッチ度」が高い転職方法。IT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェントを、4つの評価軸に照らしてランキング形式でご紹介します。

転職エージェント1位:レバテックキャリア

転職エージェント1位:レバテックキャリア
評価項目評価
総合評価 ★★★★★
求人の数★★★★☆
求人の質  ★★★★★
コンサルの質★★★★★

ITエンジニアに特化した「レバテックキャリア」は、社内講習を行い、エージェントがWeb・IT知識をしっかり身につけているので、企業とのマッチング度が高く、選考通過率も高いと評判です。 変化の速い技術職であるIT業界の中で、常に知識を陳腐化させない努力をしていて、最新のプログラミング言語やツールなどの専門知識を日々吸収しています。 こうして得た知識を基に、担当者が直接複数企業を訪問して、求められる技術力や人柄といった一般的な求人情報から、ソフトウェアの種類やバージョンなどの実際に現場で使われている細かい情報まで聞き出します。 このようにITに関する知識は豊富に持つキャリアカウンセラーが担当についてくれるサポートの厚さ「レバテックキャリア」の特徴です。 ※対象地域:関東(1都3県)、関西(大阪兵庫京都)、福岡

転職エージェント2位:マイナビエージェント×IT

転職エージェント2位:マイナビエージェント×IT
評価項目評価
総合評価 ★★★★☆
求人の数 ★★★★★
求人の質 ★★★★★
コンサルの質★★★★☆

マイナビエージェントIT」は、「マイナビ」での実績から、大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーションにより、求人票に記載されていない情報を数多く提供しています。 また、平日に時間のとれない忙しいエンジニアのために、土曜日にもキャリア相談会を開催しています。

転職エージェント3位:メイテックネクスト

転職エージェント3位:メイテックネクスト
評価項目評価
総合評価★★★★☆
求人の数★★★★☆
求人の質★★★★☆
コンサルの質★★★★★

ITエンジニアの求人が豊富なメイテックネクストは、幅広くITの知識をもつエンジニア転職のプロがサポートしてくれます。 各企業をイメージした模擬面接を実施できるのは、メイテックネクストならではです。内情を踏まえてアドバイスしてくれるので、選考に通過しやすいのもポイントです。 土・日・祝日や平日の20時以降に対応も可能なので、仕事をしながらでもスムーズに転職活動を進めたい方におすすめです。

転職エージェント4位:ギークリー

転職エージェント4位:ギークリー
評価項目評価
総合評価  ★★★★☆
求人の数★★★★☆
求人の質 ★★★★☆
コンサルの質★★★★☆

エンジニア特化型転職エージェントといえば、「ギークリー」がおすすめです。 エンジニアに特化しているため、キャリアコンサルタントのサポートスキルも高く、頼りになります。一番の特徴は、対応の速さ。精鋭コンサルが即レスポンスで対応するため、早く転職したい方にはおすすめです!

転職エージェント5位:type転職エージェント

転職エージェント5位:type転職エージェント
評価項目評価基準
総合評価★★★★☆
求人の数★★★★☆
求人の質★★★☆☆
コンサルの質★★★★☆

type転職エージェント」では企業応募から内定までの各プロセスを、プロのアドバイザーががっちりサポートにつくことで安心して転職まで進めることができます。 また、「type転職エージェント」では業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが求人の詳細だけではなく、今後の キャリアプランも提案するというサポートが特徴でもあります。 経済や業界動向等マクロなことから細かな企業情報までを含めた 幅広い知識や情報に基づいた考え方をもって、あなたの気付いていない可能性、 あなたのキャリアの可能性を広げる求人を紹介してもらえます。

転職エージェントランキング6位以降

doda

doda」は、日本最大級の規模と実績のある転職エージェントです。非公開求人も多く、紹介される求人数の幅も大きいため、自分の転職先を広げるきっかけを作ってくれます。

ワークポート

転職エージェントランキング6位以降

ワークポート」は、リクルート社が発表している、転職エージェントランキングでは「転職決定人数部門」において第1位を獲得しているほど、企業と転職者のマッチング力に定評があります。 良質な未公開求人が多いと評判です。

エンジニアファクトリー

転職エージェントランキング6位以降

「エンジニアファクトリー」は、一般的な転職エージェントと比較して、転職者1人に対して約2倍の時間をかけて、信頼関係の構築・キャリアの提案をしてくれます。 必ずしも転職をすすめるのではなく、もしご自身が考えているキャリアにおいて、転職が必要そうでないならそう勧め、今は転職せずにもう少しスキルを上げてから転職をすべき場合はそうアドバイスしてくれます フリーランスについても提案し、1人で考えるよりも多用なキャリアの選択肢を教えてくれます。

テクノプロキャリア

転職エージェントランキング6位以降

テクノプロキャリア」は、非公開求人にも強く、上場企業や大手企業の求人を多く紹介してくれます。大手から大手、ベンチャーから大手、というキャリアを考えている方にオススメの転職エージェントです。

エンジニアにおすすめの転職サイトランキング

エンジニアの転職サイトは数多くあります。転職活動の際には、複数のサイトに登録するのが般的です。同じ業界の転職サイトであっても、「転職サイトA」と「転職サイトB」では掲載している企業が変わります。 複数サイトに登録しておくことで、企業の種類や幅を広げることが可能です。

転職サイト1位:Green

転職サイト1位:Green
評価項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数★★★★★
求人の質 ★★★★☆
年収アップ★★★★☆
マッチ度★★★★☆

IT業界・エンジニア職に強い転職サイト。職種だけでなく、「残業が少ない職場」や「社員の平均年齢が若い職場」など、職場の条件別にも求人情報を検索できます。「現状よりも良い環境で働きたい」と考えている場合は、ぜひ使ってみたいシステムですね。

転職サイト2位:TechStars

転職サイト2位:TechStars
評価項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数★★★☆☆
求人の質★★★★☆
年収アップ★★★★★
マッチ度★★★★★

Techstarsは「Webエンジニア特化の転職サービス」です。簡単診断であなたに合った企業をリコメンドしてくれる診断機能やその企業とどれくらいマッチングしているのかを確かめるためのマッチング精度診断などがあります。 また、登録しているエンジニアに対して、企業がオファーを送りますが、月に送れる数に制限をかけているため、企業が慎重に選んだオファーがあなたに届きます。 過去に平均80万以上UPしている実績もあるため、年収UPも見込めます。 ただ、厳選しているため求人数という点で言うと他サービスと比べると多くないのがデメリットです。 自分から企業に応募する転職サービスではないため、「すぐに転職したい」という方には不向きですが、「年収が上がるなら転職したいかも」「新しい技術学べるなら少し話聞いてみたい」という、長期的に転職を考えているエンジニアにおすすめです。

転職サイト3位:fork well jobs

転職サイト3位:fork well jobs
評価項目評価
総合評価 ★★★★★  
求人数★★★★☆
求人の質★★★★☆
年収アップ★★★☆☆
マッチ度★★★★☆

「エンジニア目線」をテーマにした転職サイトです。プログラミング言語やスキル別に求人情報を検索できるので、得意分野を活かした転職を考えている方におすすめです。

転職サイトランキング4位以降

@type

転職サイトランキング4位以降

転職サイトの中でもエンジニアの求人に強く、業界の中でも最大級のエンジニアの求人数です。自分のスキルや希望条件の詳細な情報から、ピッタリな求人をおすすめしてくれます。 転職力を診断するサービスもあるので、ぜひ自分のスキルから年収の目安を調べてみてください。

マイナビ転職エンジニア求人サーチ

新卒やアルバイトなど、さまざまな形態の求人情報を扱う大手サイト「マイナビ」の、IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトです。大手ならではの豊富なコネクションに期待できそうです。 また、エンジニア転職向けのコラムなども充実しているので、転職活動に関する情報収集にも活用できそうです。

paiza

転職サイトランキング4位以降

エンジニア職に特化した求人情報を紹介している転職サイト。このサイトの最大の特徴は、得意な言語を使ってコードを入力するフォームがwebサイト上設置されている点です。 腕試しに使えるだけでなく、入力したコードを使って、自己PRをすることができる仕組みになっています。「エンジニアとして、技術力でアピールしたい」という方におすすめです。

FAbank

転職サイトランキング4位以降

エンジニア職を中心に、webやゲーム業界などに特化した求人情報を扱っている転職サイトです。 お祝い金制度があり、対象の求人情報に応募して採用されると、お祝い金を受け取ることができるそうです。転職活動や入社後の準備のサポートとしては、嬉しい制度ですね。

Ruby転職ナビ

転職サイトランキング4位以降

エンジニア職の中でも特に、Ruby分野に特化した求人情報を扱っている転職サイトです。「これまで培ってきたRubyの知識や技術を活かした転職がしたい」という方や、「新たにRuby分野に挑戦したい」という方におすすめです。

Find Job!

webに関連した求人情報を扱っている転職サイトです。職務経歴書や履歴書の添削サポートなども行っています。

フォスターキャリア

ITエンジニア向け転職サイトです。非公開の求人情報などがある為、他の転職サイトでは見かけない企業や好条件の求人情報が期待できるかもしれません。

モノづくりエンジニア向けの転職サイトランキング

ランキング1位:パソナテック

ランキング1位:パソナテック

大手企業や注目の成長企業を中心とした求人数が常時2000件と大量案件があるのが特徴。希望のワークスタイルに合わせた働き方を選ぶことができます

ランキング2位:メイテックネクスト

ランキング2位:メイテックネクスト

「ものづくり系エンジニア」向けの転職サイト。キャリア診断による求人紹介もあるので、より自分に合った企業へ応募できそうですね。

ランキング3位:エンジニアピット

正社員雇用で、トヨタ自動車や三菱重工など大企業から中小企業まで、全国の製造メーカーの仕事があります。 転職サイトと違い、派遣サービスになりますが、エンジニア以外の職種からの転職も多数在籍し、製造系エンジニアとして活躍したい方におすすめです。

エンジニア転職サイト番外編

ここからは、転職サイトの紹介ではありませんが、派遣サイトとエンジニアの独立支援とフリーランス支援をしているサイトを紹介します。

【独立/フリーランス支援】レバテックフリーランス

【独立/フリーランス支援】レバテックフリーランス

独立/フリーランスであればエンジニアとしてのあなたのスキルが給与に直接反映されます。 レバテックフリーランスはIT業界に特化した業務委託、常駐フリーランス専門のエージェントです。IT業界に特化しているため独自案件が多く、また、エージェントはエンジニアへの理解度がとても深いことで有名です。 案件数が多いため、あなたのレベル感に合わせて案件受注も可能、また成長に繋げるために少しレベルの高い案件を受注することもできます。 加えて、案件の単価がとても高いことでも有名です。理由としては、企業の担当者と直接交渉しており、またレバテックフリーランスへのマージンを低くすることで高単価を実現しています。その為、参画者の平均年収は800万円超えです。

【派遣から正社員も夢じゃない】パソナ

【派遣から正社員も夢じゃない】パソナ

派遣の働き方は雇用主はパソナになり勤務先が派遣先という形になります。 パソナはIT特化というわけではありませんがITの案件もあり、最初は派遣でも働いた結果次第では正社員雇用も行なっております。また、正社員の転職支援も行なっています。

こんな人にピッタリ!
  • 自分の時間も大切にしたい
  • 着実にしっかりと成長をしていきたい
  • 給料をあげたい
  • たくさんの職場で新しい出会いが欲しい
  • 自慢できる職場で働きたい

エンジニア転職ならレバテックキャリアがおすすめ

エンジニア転職ならレバテックキャリアがおすすめ

いかがだったでしょうか。どの転職サイトも、「IT業界・エンジニア職に特化している」という特徴がありますが、それぞれ運営方針や力を入れている部分、強みなどが異なります。 転職サイトは、求人数が多すぎて自分にあったものがどれがいいのか探すまでに手間がかかると言われていますが、レバテックキャリアの非公開求人数は業界最大級です。現場のプロダクトマネージャーや人事担当者などの繋がりからダイレクトに求人を得るため、他のエージェントでは提供できない高収入の求人などを扱っています。 エンジニアに特化したキャリアコンサルタントだからこそ、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。レバテックキャリアで転職し、今より働きやすい環境と高収入を手に入れて有意義な生活を送りませんか? ※対象地域:関東(1都3県)、関西(大阪兵庫京都)、福岡

▽総合型の転職エージェントランキングはこちら おすすめの転職エージェント比較ランキング|女性・IT・第二新卒

この記事のまとめ
  • 転職にはエージェント・サイト・知り合い経由の3つの転職方法がある
  • 企業の選択肢を広げ、自分に合った職場を選ぶために「求人数」と「求人とのマッチ度」が重要
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使うと理想の職場に出会いやすい

「転職サイト1つ」に登録して選択を広げ、「転職エージェント2つ」を利用して質の高い求人を紹介してもらうのが、理想の条件の職場に出会うための王道。※「転職エージェント」は、担当するエージェントに左右されるので2つ以上の利用を推奨 ITエンジニアの転職サイトなら「Green」、転職エージェントなら「レバテックキャリア」と「マイナビエージェントIT」が定番。 転職回数を増やさないためにも、正しい転職方法【転職サイト1つ、転職エージェント2つ】を忘れないようにしましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング