IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「いと」と読む女の子の名前に使える漢字一覧と意味|男の子にも人気

更新日:2022年11月21日

名前

生まれてくる赤ちゃんに「いと」と読む名前を考えているという方は、さまざまな漢字があるため、どのような漢字にしようか迷ってしまうことはあるでしょう。本記事では、「いと」と読む名前に使用できる漢字について紹介します。ぜひ名付けの参考にしてください。

「いとって名前はどんな漢字があるんだろう?」 「いとって名前は男の子にも合う?」 「名付けで漢字を決める時に注意した方がいいことって?」 このように、赤ちゃんの名付けに悩む保護者の方は多いのではないでしょうか。 本記事では、「いと」と読む名前について紹介していきます。この記事を読むことで、さまざまな「いと」と読む漢字の知識が入ってくるでしょう。 女の子と男の子、それぞれおすすめの漢字や、組み合わせで人気の高いものなどピックアップしています。また、名前を付ける時の注意点も解説しているため、事前に把握しておくことをおすすめします。 赤ちゃんの名前はこの世に生まれてきて最初のプレゼントです。一生懸命知恵を絞って、これから生まれてくる赤ちゃんにぴったりな名前を考えていきましょう。

名前に使える「いと」と読む漢字一覧

まず、名前に使える「いと」と読む漢字一覧を紹介します。「いと」という読みを漢字にする場合、一文字にするか二文字にするか悩む方も多いのではないでしょうか。 ここでは、一文字の「いと」と二文字「いと」でおすすめの字を取り上げていくため、ぜひ参考にしてみてください。

一文字で「いと」と読む漢字

一文字の場合は、シンプルな見た目から、字の形の美しさや意味がダイレクトに伝わる魅力があるでしょう。一文字で「いと」と読む漢字には、糸・愛・最・文・弦・綸・系、などがあります。 名前で使用されることが珍しい「最」「系」は、個性的な印象が光るでしょう。「最」は、この上なく、もっとも、全て、という意味から「一番すぐれている人に」「才能豊かな人に」などの願いを込められます。 「系」は、つらなる、継承する、繋ぐ、という意味から「技術など何か大きな力を手にして、それを後世に伝えていける人に」という願いを込められるでしょう。

二文字で「いと」と読む漢字

二文字の場合は、二つの漢字を使用できるため、表現の幅が広がります。ただ、バランスを意識する必要も出てくるでしょう。たとえば、二文字とも画数が多い字などは堅苦しい印象を与えてしまいます。 二文字で「いと」と読む漢字には、伊都・衣音・衣兎・依采・維音・泉登・椅采・結糸・已兎、などがあります。

「いと」と読む女の子の人気・定番の名前

「いと」と読む女の子の人気があったり、定番と言われたりする名前は、糸・伊都・衣都などです。 「糸」の場合は、「いと」と聞いてすぐに連想される名称という理由が考えられるでしょう。「伊都」や「衣都」は、「伊」「衣」は「い」、「都」「と」と読みやすく、読み間違いが少ない名前にしたいという保護者の願いが感じられます。

「いと」と読む女の子の名前に使われる人気の漢字と意味

続いては、「いと」と読む女の子の名前に使われる人気の漢字と意味について紹介していきます。漢字の意味や、込められる願いなどを取り上げていきます。 「いと」と読む字で、女の子の名前に使われるイメージのあるものを知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

「伊」は、神の声を聞く聖職者という意味があります。神と人々の間を取り持っていた役割ということから、この字を名付けに使うことで「周りの人と調和のとれる人々を導く人に」「人々を導いていける良い指導者に」などの思いが込められるでしょう。 ただ、「伊藤」や「伊達」など「伊」が入る名字の場合は被ってしまうため、違う「い」の字を使うことをおすすめします。

「衣」は、衣服や衣装などを思い浮かべることも多いのではないでしょうか。この字は、服そのものや、包むものという意味を持っています。 そのため、「衣」を名付けに使用することで、「人の心に寄り添いどんな人にも優しく接する人に」という願いが込められるでしょう。

次のページ:
初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング