IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

二音の男の子の名前どれにする?三音のものや名付けのポイントも紹介

更新日:2022年11月21日

名前

男の子の名前を決める際、音数を二音にするか三音にするか迷う方もいるでしょう。本記事では、二音が人気な理由から、男の子の名前を付ける時のポイントなどを紹介します。男の子の名前をどれにしようか迷っている方は、是非チェックしてみて下さい。

「男の子に二音の名前を付けたいけど、思いつかない」 「二音の漢字と意味も知りたい」 「二音・三音では印象は変わるの?」 このように、子供に二音の名前を付けたいと考えていても、イメージに合った二音の名前が見つからないという方もいるのではないでしょうか。 本記事では、二音の名前が人気な理由から、それぞれのイメージに合った二音の名前について、「漢字」「読み方」「意味」を紹介するとともに、三音、四音の名前と二音の名前との比較をしています。 この記事を読めば、二音以外の名前との違いについて把握でき、「漢字」「読み方」「意味」まで知れるため、より素敵な二音の名前を贈れることでしょう。 人生初めてのプレゼントとして、素敵な二音の名前を男の子に付けたいという方は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

二音の名前が人気の理由

三音、四音の名前と比べて、二音の名前は響きが良く、覚えやすいのが特徴です。 特に海外の方にとっては、三音、四音の名前よりも二音の名前の方が、音数が短く発音しやすいと言われています。 たとえば、「さら」「めい」「れお」など、海外でも通用するような二音の名前は、日本国内外、老若男女を問わず覚えやすい名前と言えるでしょう。 二音の名前は三音以上の名前と比べて響きが良く、男の子の二音の名前の場合、爽やかで、凛とした印象を与えると言われています。女の子の二音の名前の場合は、上品で可愛らしい印象を与えるでしょう。 また、二音の名前には「はる」「そら」「るか」など男の子っぽい名前でありながら、女の子に付けても違和感のない名前も多く、中性的な印象がある点でも人気になっています。

漢字一文字で二音・三音の男の子の名前

名前を決める場合、二音・三音などの音数だけではなく、漢字の文字数でも大きく印象が変わります。漢字の文字数によっても字面の印象がかなり変わるため、音の響きと同じくらいに漢字にこだわる方も多いでしょう。 漢字一文字の名前は、見た目のシンプルさや古風なイメージから、男の子、女の子関係なく今も昔も人気があります。 男の子の場合、親が良かれと思って付けた名前でも、古風な漢字一文字の名前を嫌がることもあるでしょう。 しかし、大人になるにつれて自分の名前の意味を知り、徐々に漢字一文字へのイメージが変わっていくことも多いため、漢字一文字で二音・三音の名前は男の子におすすめです。 ここからは、漢字一文字で二音・三音の読み方を持つ男の子の名前について、イメージや漢字に焦点を当てながら紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

かっこいいイメージの名前

漢字一文字の名前は古風な雰囲気があり、かっこいいイメージがあるため、男の子の名前としてとても人気があります。若い世代のみならず、年配の方でも読み方がわかりやすいものが多いのが特徴と言えるでしょう。 同じ漢字一文字の男の子の名前でも、二音と三音では印象が異なります。二音の方が覚えやすく、爽やかな名前が多い一方、三音は覚えにくい反面、同じ読みの名前が少ないため、自分の好みで選べるでしょう。 ここでは、漢字一文字の中でも特に男の子に合う、かっこいいイメージの名前について、二音・三音それぞれ4つずつ紹介していきます。

漢字読み方意味
れんはす、はすの実
りく高く平らな大地、大きな丘
そう疾風、急に吹く強い風
かずなごやか、和らげる、日本
はやと、しゅんハヤブサ
しょうかける、飛びめぐる
いつき、たつき木、植物の総称
きょう帝都、高い、京都

珍しい漢字を使った名前

漢字一文字の名前の中でも、珍しい漢字を使った名前は、唯一無二の特別感があるため、男の子・女の子問わずとても人気があります。 珍しい漢字は、読み方も珍しい場合が多く、漢字、読み方ともに他の名前とは被りづらいため、子供の名前の特別感が欲しい方は、珍しい漢字一文字で二音・三音の名前にするのがおすすめです。 ただし、あまりにも難しすぎる漢字を使うと、読める人の方が少なくなってしまうため、避けた方が無難でしょう。 以下で、男の子に合う珍しい漢字を使った二音、三音の名前を紹介します。

漢字読み方意味
はく雪のような色
がく音楽、こころよい
せんぴかりとする、瞬間的に光る
ぜん天子がおこなうまつり、地をまつった儀式
かおる良い匂いを発する
たすく助ける、補助する
あきら、さとしよあけ、あけがた
みやび奥ゆかしい、魅力にあふれていること

季節感のある名前

日本語には、漢字一文字だけで季節を感じられる漢字が多く、子供の生まれた季節を大事にしたい方や自然などが好きな方にはおすすめの名付け方法でしょう。 季節感のある二音の男の子の名前には、様々な種類があります。 たとえば、「春」「夏」「秋」「冬」それぞれの季節に関連する二音の名前や、「山」「海」「川」「木」「花」など、自然に関連した二音の名前などもあるため、自分の好きな季節や花などから選ぶのも素敵でしょう。 また、男の子の生まれた日に合わせ、「誕生花」から花の名前を入れても季節を感じられます。 ここでは、季節を感じられる漢字一文字で、二音・三音で読む男の子の名前を紹介していきます。

漢字読み方意味
はる、よう日の光
あざみキク科アザミ属の多年草の総称。
かい、うみ広範囲に水をたたえている部分
あおいアオイ科の植物の総称
ゆう日の暮れがた
ふう、かえでカエデ科の落葉高木の総称
げん奥深くて明かりの及ばない所の色
しゅう、ひいらぎモクセイ科の常緑小高木
りょうすずしい、潔い、心が美しい、汚れがなく美しい
あつしあつい、人情が厚い、熱心、思いやりがある
みのる穀物の茎の先にある花や実をつける部分

中性的な名前

次のページ:漢字二文字で二音の男の子の名前
初回公開日:2022年07月26日

記載されている内容は2022年07月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング