IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】効率良く事業戦略を練られる!東京システムハウスのBizMakeを徹底解説

更新日:2021年07月01日

商品紹介

BizMakeの考案者は東京システムハウスというITサービス関連の企業です。BizMakeはビジネスの構想を練り、それらを整理し共有することでプレゼンテーションのサポートをします。随時アップデートが行われており、より充実したWebサービを提供しています。

企業成長につながるBizMakeの機能などを紹介していきます

企業成長を促していくためにビジネス構想はかかせませんが、BizMakeならオンライン業務でも効率的にアイディアの整理やシェアが可能です。 リモートワークが普及しつつある今、チームでアイデアをシェアしたり、議論したりする場が減りつつあります。オンラインでビジネス構想を進めようとすると、音声によるやりとりだけではなかなか議論が進まないこともあるでしょう。 BizMakeは、ビジネスフレームやホワイトボードなどアイデアを可視化するツールを兼ね備えているため、チーム内でのアイデア共有が容易になり、効率よく事業戦略を練られます。今回は、このBizMakeの機能について解説します。

【PR】BizMakeは戦略のDX 戦略設計をシンプルにコラボレーションを簡単にオンラインで。

BizMakeは、シンプルなビジネスフレームワークツールと使い勝手の良いコミュニケーションツールで、オンラインでのコラボレーションを容易にします。 分析やマーケティング戦略をまとめ、ビジネス戦略を練るには、ビジネスフレームの活用が有効です。また、実りある議論をするには、それらを誰にでもわかる状態にしておく必要があります。 BizMakeなら、使いやすいビジネスフレームと可視化できるコミュニケーションツールが備わっているため、オンラインでの会議やチームとのやりとりがスムーズになり、ビジネスの戦略設計に役立ちます。

【PR】BizMakeは厳選フレームワーク

BizMakeには厳選された20種類のビジネスフレームワークが用意されており、効率の良いビジネス構想が可能です。 例えば、ジョブ理論、ペルソナキャンパス、STP分析、カスタマージャーニーなどがあります。これらのフレームワークは情報を可視化し、限られた時間で要点を捉えた構想を可能にしてくれます。

【PR】BizMakeはホワイトボード同時編集・コラボレーション

BizMakeにはホワイトボード機能があり、オンライン上でアイデアを可視化しながらチームと共有できます。 リモートワークでアイデアを出しながら議論を進めるのはなかなか難しいものです。しかし、アイデアや発言を記録に残し、それを見ながら議論を進めれば、ビジネスアイデアは成熟します。 BizMakeのホワイトボード機能なら、オンライン会議ツールと併用できるため、議論を可視化し、目の前の画面だけを見て議論に専念できます。画面に付箋を貼るようにアイデアを整理できるので、デザインや使い方もシンプルです。 アイデアを効率的にチームと共有できるので、オンラインでも有益なディスカッションとなるでしょう。

BizMakeは必要最低限な機能で戦略のDXができる

シンプルでわかりやすい設計のBizMakeなら、必要最低限の機能で戦略のDXが可能となります。 オンライン上のミーティングやディスカッションで重要なことの一つは、いかに短時間でわかりやすく相手に伝えられるかということです。離れているからこそ、アイデアを可視化して効率的に伝えることがビジネス構想をスムーズに進めることにつながるでしょう。 オンラインで戦略的に企業成長を進めたい方は、BizMakeの活用を検討してはいかがでしょうか。

初回公開日:2021年05月19日

記載されている内容は2021年05月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング