おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」29選と特徴・強み

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントを29個ランキング形式でご紹介します。IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職方法には主に3つの方法がある

転職を考えた際には3つの方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

①「転職エージェント」にサポートされて転職

サポート度:★★★★★
求人数  :★★★☆☆
マッチ度 :★★★★☆

「転職エージェント」では求人数は「転職サイト」ほど多くないものの、エージェントと呼ばれるサポーターが無料で相談に乗って、あなたにピッタリな求人を紹介してくれます。企業との年収交渉や面倒なやりとりもすべて対応してくれます。

ただエージェントに依存するため、質の低いエージェントに当たると自分が転職したい要素とは的外れな求人を紹介されることもあります。本記事で紹介しているサービスでは安心ですが、悪徳なエージェント(自社の利己主義に走っている)もいるため注意が必要です。

②「転職サイト」で選考に応募して転職

サポート度:★★★☆☆
求人数  :★★★★★
マッチ度 :★★☆☆☆

「転職サイト」のメリットとは、豊富な求人数にあります。求人数が多いということは、それだけ自分の転職先としての幅にも広がりが生まれます。ただ、求人数が多すぎて自分にあったものがどれがいいのか探すまでに大きな手間がかかることがあります。サイトによっては多くのメールが来てしまうためにスパム化してしまう可能性もあります。

③「知り合い」の繋がりで転職

サポート度:★★★★☆
求人数  :★☆☆☆☆
マッチ度 :★★★★★

知り合いでの転職では、条件交渉がしやすかったり、あなたに対する評価を知り合いが事前に企業に伝えているので、選考通過率が高くなります。

一方で知り合いベースなので、転職サイトなどと比べると、企業の選択肢が狭いことがデメリットです。また一度内定が出てしまうと、友人経由のためにやっぱり断ろうとしても、関係性が気になり、断りづらくなってしまうケースがあるので注意が必要です。

IT・Webエンジニア・SE・プログラマーが登録する定番「転職エージェント」と「転職サイト」

転職を考え始めたエンジニアがよく利用する転職方法は「転職サイト」と「転職エージェント」です。

「転職サイト」は求人数に強く、サポートには弱い。「転職エージェント」は求人数に弱く、サポートに強い。2つを同時に利用することで、初めての転職活動でも効率的に情報収集と選考通過を行うことができます。転職活動を行う際には、「転職サイト」「転職エージェント」どちらも併用して両方のメリットを活かすことが大切です。

特に、企業選びの可能性を広げるために、まずは求人数の多い、業界大手の転職サービスに登録することが望ましいです。もしまだ登録してないという方は、定番の「転職―エージェント」「転職サイト」に登録しておきましょう。

【転職サイト】TechStars

エンジニア・SEのみに特化した転職サービスです。

他の求人サイトと違い、求職者が企業を探すのではなく、企業が求職者を探しにいく新しい転職の形。登録してオファーが来るのを待つだけなので、「そのうち転職しようと考えている」「何処に転職していいかわからない」「転職活動が面倒くさい」という方におすすめ。

また登録しているとエンジニア特化のエージェントが中にいるため、通常のエージェントではわからないような内容も専門性を持ってサポートしてくれます。企業側の登録にもかなり厳しいハードルを設けているために優良求人しかない形になっています。

エンジニア転職の場合、技術のミスマッチが起こりやすいですが、企業がユーザーの詳細な技術情報を元にオファーを送るため、マッチング精度が高いです。他のサービスと較べて、企業が送れるオファー数を制限しているため、企業側の「とらえずオファー送ってみよう」という無駄なメールの通知に対応しないですみます。

本サービスで今までに転職した方は平均で年収が約120万円上がっているそうです。

【転職エージェント】レバテックキャリア

IT・Web業界のエンジニアに特化した転職エージェント。上記のTechstarsと並行で使えばIT系の求人はほぼ全て網羅できるかと思います。普通の転職エージェントと違い、IT・Webエンジニアの技術を熟知しているので、転職者の能力を正確に把握し、マッチング度の高い職場を紹介してくれます。相談にものってくれるので、初めての転職の場合にも安心。

自分のスキルの市場価値や、転職市場の動向、口コミサイトには上がらない企業の内情など、普通では手に入らないような情報を収集できます。

転職が初めての方、転職を失敗した経験があり不安だという方におすすめです。

【独立(フリーランス)という選択】新しい働き方:MidWorks

近年は非常にフリーランスエンジニアになりたい方が増えています。ただ、いざ会社を辞めて独立しようとすると「保険」「確定申告」などの保障やバックオフィス周りなどの面倒が発生します。

上記をまるっとサポートして、案件も提供してしまうといった非常に魅力的なサービスとなっています。

フリーランスとして高い案件を受注すれば、正社員よりも収入が上がります。しかし、社員と較べて案件受注数と給料の不安定性、保険や税金処理など、不安なことも多い。しかし、正社員時と同等以上の保障で給与も上がるといった方が多く発生しています。

フリーランスと正社員の間をとった「Midwokrs」は、給料の安定性や保険や税処理などをサポートするサービス。転職サイトや転職エージェントとは少し違いますが、会社に勤める以外の選択肢として「独立」を1度考えてみると、今後の人生の選択肢も広がります。

IT・Webエンジニアにおすすめの「転職エージェント」ランキング

転職エージェントは「サポート」と「マッチ度」が高い転職方法。IT・Webエンジニアにおすすめの転職エージェントを、4つの評価軸に照らしてランキング形式でご紹介します。

エージェントランキング1位:レバテックキャリア

総合評価  :★★★★★
求人の数  :★★★★☆
求人の質  :★★★★☆
コンサルの質:★★★★☆

ITエンジニアに特化したレバテックキャリア。社内講習を行い、エージェントがWeb・IT知識をしっかり身につけているので、企業とのマッチング度が高く、選考通過率も高いと評判です。

エージェントランキング2位:アールストーン

総合評価  :★★★★☆
求人の数  :★★★☆☆
求人の質  :★★★★☆
コンサルの質:★★★★★

質の高いマッチングを実現した転職エージェントに贈られる「グッドエージェント賞(リクルートキャリア社)」にて、金賞を受賞したエージェントがいる「アールストーン」。転職者との相談をじっくり行ってくれると評判です。

初めて転職をする方にとって、心強い見方になってくれます。

エージェントランキング3位:ギークリー

総合評価  :★★★★☆
求人の数  :★★★★☆
求人の質  :★★★★☆
コンサルの質:★★★★☆

エンジニア特化型転職エージェントといえば、「ギークリー」。
エンジニアに特化しているため、キャリアコンサルタントのサポートスキルも高く、頼りになります。一番の特徴は、対応の速さ。
精鋭コンサルが即レスポンスで対応するため、早く転職したい方にはおすすめです!

エージェントランキング4位以降

IT・Webエンジニアにおすすめの「転職サイト」ランキング

エンジニアの転職サイトは数多くあります。転職活動の際には、複数のサイトに登録するのが一般的です。同じ業界の転職サイトであっても、「転職サイトA」と「転職サイトB」では掲載している企業が変わります。複数サイトに登録しておくことで、企業の種類や幅を広げることが可能です。

転職サイトランキング1位:TechStars

総合評価 :★★★★★
求人数  :★★★☆☆
求人の質 :★★★★★
年収アップ:★★★★☆
マッチ度 :★★★★☆

登録しているエンジニアに対して、企業がオファーを送りますが、月に送れる数に制限をかけているため、企業が慎重に選んだオファーがあなたに届きます。

自分から企業に応募する転職サービスではないため、「すぐに転職したい」という方には不向きですが、「年収が上がるなら転職したいかも」「新しい技術学べるなら少し話聞いてみたい」という、長期的に転職を考えているエンジニアにおすすめです。

転職サイトランキング2位:fork well jobs

総合評価 :★★★★★
求人数  :★★★★☆
求人の質 :★★★★☆
年収アップ:★★★☆☆
マッチ度 :★★★★☆

「エンジニア目線」をテーマにした転職サイトです。プログラミング言語やスキル別に求人情報を検索できるので、得意分野を活かした転職を考えている方におすすめです。

転職サイトランキング3位:Green

総合評価 :★★★★☆
求人数  :★★★★☆
求人の質 :★★★★☆
年収アップ:★★★☆☆
マッチ度 :★★★☆☆

IT業界・エンジニア職に強い転職サイト。職種だけでなく、「残業が少ない職場」や「社員の平均年齢が若い職場」など、職場の条件別にも求人情報を検索できます。「現状よりも良い環境で働きたい」と考えている場合は、ぜひ使ってみたいシステムですね。

転職サイトランキング4位以降

「モノづくりエンジニア」「ハード系エンジニア」におすすめ転職サイトランキング

ランキング1位:パソナテック

大手企業や注目の成長企業を中心とした求人数が常時2000件と大量案件があるのが特徴。希望のワークスタイルに合わせた働き方を選ぶことができます。

ランキング2位:メイテックネクスト

記事番号:1163/アイテムID:31937の画像

「ものづくり系エンジニア」向けの転職サイト。キャリア診断による求人紹介もあるので、より自分に合った企業へ応募できそうですね。

ランキング3位:オールエンジニア

エンジニア向けの求人情報が豊富な転職サイトです。エンジニアや技術者向けの求人情報が、常に10万件以上掲載されています。この情報量は、IT業界転職サイトの中でも最大級と言えるでしょう。

ランキング4位以降

転職サイトの特徴を活かしてよりクオリティの高い転職活動を!

いかがでしたでしょうか?どの転職サイトも、「IT業界・エンジニア職に特化している」という特徴がありますが、それぞれ運営方針や力を入れている部分、強みなどが異なります。それぞれのサイトの個性を上手く利用して、よりスムーズで価値のある転職活動をしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事