IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「コンセント」に関連した記事

記事一覧

LANコンセントを自作する方法・LANケーブルの取り付け方

LANコンセントを自作する方法・LANケーブルの取り付け方

もし、1ギガの光回線を引いているのなら、有線LANで接続しないともったいない。とはいえ、家の中で有線LANが使える場所は限られてしまいます。それならLANコンセントを自作して、自分の好きな場所に高速のLAN回線を引いてみてはいかがでしょうか。

作者名 |muzina630

コンセントの修理の費用や時間|ゆるい/ショート/破損・資格

コンセントの修理の費用や時間|ゆるい/ショート/破損・資格

コンセントがグラグラと緩んだり、簡単に抜けてしまって困ってたりしていませんか。コンセントのプラグの刃が曲がってしまったりして上手く差し込めない抜けないことはありません。コンセントの修理はどこまで行ってもいいのかや、修理の方法、修理の費用を紹介します。

作者名 |nameless

アウトレットの意味や特徴|中古/ブランド/コンセント・意味の違い

アウトレットの意味や特徴|中古/ブランド/コンセント・意味の違い

「アウトレット」と聞くと、まず何を思い浮かべますか。実はアウトレットモール以外にもたくさん意味があります。またアウトレットとセールを同じ意味と思っていませんか。実は全く意味が異なります。本当はよく分かっていない「アウトレット」の意味、ここで一度整理しましょう。

作者名 |ruby

海外コンセントの形状|C/BF・海外コンセントを変換方法

海外コンセントの形状|C/BF・海外コンセントを変換方法

旅行や留学、出張などで海外に行くときに、必須の持ち物であるデジカメやスマホ、パソコンなど。海外でも日本と同じようにそのまま充電できるのでしょうか。ここでは、海外のコンセントにはどんなタイプがあるのか、日本の電化製品はどうやって海外で使うのかをご紹介します。

作者名 |VanNoa

コンセントの種類と形状|3相200V/単相200V

コンセントの種類と形状|3相200V/単相200V

今日本で使われているコンセントの形状は1つではありません。よく見かけるコンセントは単相100Vのコンセントです。200Vのコンセントは、違う形をしています。さらに、外国で使われているコンセントは違う形をしています。ここでは、コンセントの形状について紹介します

作者名 |muzina630

コンセントで火花がでる原因|雷/漏電/タコ足/ほこり・対処法

コンセントで火花がでる原因|雷/漏電/タコ足/ほこり・対処法

コンセントにプラグを差した際、火花がでたことはありませんか。コンセントから火花がでる原因は何でしょうか。コンセントから火花がでる時は、どのように対処したらいいのでしょうか。コンセントから火花がでる原因や対処法、コンセントの火花を予防する方法をご紹介します。

作者名 |こばやしきよ

シンガポールのコンセント情報・各ホテルでのコンセントの形状

シンガポールのコンセント情報・各ホテルでのコンセントの形状

日本からシンガポールへ行く時、荷物の中に少なくとも一つは電化製品が入っているでしょう。日本の電化製品をそのままシンガポールのコンセントで使用するためには必要なものがあることをご存知でしょうか。シンガポールのコンセントや電圧、必要なものについてご紹介します。

作者名 |rinasaki

中国のコンセント情報・中国の地域別でのコンセントの形状

中国のコンセント情報・中国の地域別でのコンセントの形状

中国は私たち日本人にとってビジネスでも観光でもパートナーとして不可欠な国の1つです。現地に渡航・滞在するに際し気になるのがコンセントの形状や電圧にまつわる事情です。今回は中国でビジネスや観光で滞在する予定のある方向けに中国のコンセント事情をご紹介します。

作者名 |ナオティ

香港のコンセント情報・iphoneを香港で充電する方法と注意点

香港のコンセント情報・iphoneを香港で充電する方法と注意点

香港へ行くとなったときに、あなたはどんな電化製品を持って行きますか?デジカメやヘアアイロンなど様々な電化製品が思い浮かぶと思いますが、一番充電する機会が多いのがiPhoneではないでしょうか。今回は、そんなiPhoneを香港で充電する方法についてご紹介します。

作者名 |弓元 一馬

タイのコンセント情報・タイのホテルのコンセントの形状

タイのコンセント情報・タイのホテルのコンセントの形状

日本の電化製品はタイのホテルのコンセントでそのまま使えるの?スマートフォンやカメラの充電器、女子の必須アイテムであるドライヤーやヘアアイロンは?日本とタイのコンセントや電圧の違い、電化製品を使う際の注意点をご紹介します。

作者名 |rinasaki

アース付きコンセントとは|アースの必要な機器8選

アース付きコンセントとは|アースの必要な機器8選

コンセントにおいて意外と扱いに困ってしまうのが、アースの有無です。気に入った家電を購入した結果、アース付きのコンセントが必要になってしまうと、困ってしまうという状況になることがよくあります。そこで、今回はアース付きコンセントの疑問を色々と紹介します。

作者名 |takezou

イタリアと周辺国のコンセントタイプ・必要なコネクタ

イタリアと周辺国のコンセントタイプ・必要なコネクタ

その陽気な風土と美食で世界中の観光客を魅了し続けるイタリア、気になるのは現地のコンセント事情ですよね。こちらの記事ではイタリアのコンセント事情のいろはを詳しくご紹介します。安心で快適なイタリア旅行の参考にぜひご活用ください。

作者名 |Hayden

グアム主要ホテル(ヒルトンやシェラトン)のコンセントタイプ

グアム主要ホテル(ヒルトンやシェラトン)のコンセントタイプ

グアム旅行にいって、コンセントのタイプが違っていて困ったことはないですか。せっかく持って行った電化製品が使えなかったりしたら悲しいですね。そこで、グアムのコンセント事情を紹介いたします。参考にして頂いて万全の準備でグアム旅行を楽しんでください。

作者名 |totoro

ハワイのコンセントタイプ・主要ホテルのコンセントタイプ

ハワイのコンセントタイプ・主要ホテルのコンセントタイプ

人気海外旅行地ハワイ。ハワイ旅行に日本から電化製品を持って行くとき、コンセントはそのまま使えるの?スマートフォンやカメラの充電器、女子の必須アイテムであるドライヤーやヘアアイロンは?ハワイのコンセントと電化製品を使う時に気を付ける点をご紹介します。

作者名 |rinasaki

アメリカのコンセント情報|形状/規格/アース・地域別

アメリカのコンセント情報|形状/規格/アース・地域別

アメリカのコンセントは日本と同じAタイプが主流です。電圧は日本が100Vに対し、アメリカは110Vか120Vと高いので、変圧器が必要になります。最近の電化製品であれば、110V以上の電圧に対応しているものもあるのでご確認ください。

作者名 |w-m

マレーシアのコンセント情報・地域別でのコンセントの形状

マレーシアのコンセント情報・地域別でのコンセントの形状

コンセントの形が国によって違うって知っていますか?コンセントだけでなく、電圧や電気の周波数も国によってそれぞれ異なっているんです。日本の電化製品をそのまま持って行ってもマレーシアでは使えません。マレーシアで日本の電化製品を使うにはどうしたらいいかご紹介します。

作者名 |ちびたま

台北や台湾のコンセント事情|WiFiが無料で使えるスポットご紹介

台北や台湾のコンセント事情|WiFiが無料で使えるスポットご紹介

日本で普通に使っている電化製品でも、海外に行くとコンセントや送電されている電気の規格が違うため、そのまま利用することができない場合があります。台北の場合、規格や形状、送電規格はどのようになっているのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

作者名 |ヨウザン

オーストラリアのコンセントタイプ・変換アダプタの購入方法

オーストラリアのコンセントタイプ・変換アダプタの購入方法

電化製品のプラグを差し込むコンセント。その形状は国によって異なることをご存知ですか?この記事ではオーストラリアのコンセントに対応する変換アダプタの種類や買い方、値段について紹介します。オーストラリアはもちろん、海外に行く予定のある人はぜひ読んでみてください。

作者名 |pomSan