IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントの選び方とは?大手総合/特化型/地元企業型の違い

ビジネスマナー

転職エージェントを知っていますか?転職をする時に耳にする人が多いのではないでしょうか。しかし、実際にはどんな仕事をしているのか、気になる人もいるはずです。気になるメリット・デメリットを交えながら、転職エージェントについて紹介します。

更新日時:

転職エージェントってなに?

転職市場で最近よく耳にするようになった転職エージェントですが、どんなものなのか知らない人も多いでしょう。転職エージェントとは一体なにをしているのか、いまいちピンと来ない方も多いはずです。転職エージェントの利用は有料なのか、また、利用にあたっての手続きは面倒なのか、といった不安もあるはずです。 それでも、転職エージェントを利用してみたい、と思う人は多いのではないでしょうか。転職エージェントとは、無料で利用できる職業紹介斡旋会社のことです。求人・求職を探している人をバックアップし、各種のサポートサービスをもって転職を支援します。 転職エージェントは、紹介する就職先企業から人材紹介料を得ているので、無料で利用できる仕組みになっています。エージェントが紹介した人材が優秀であればあるほど信用度が上がり、「次の社員もあの転職エージェントが紹介した人をとろうか」と、特定のエージェントをリピートする企業もあります。 各転職エージェントには、キャリアアドバイザーや専属のコンシェルジュなどがいます。転職者のカウンセリングをおこない、転職者のキャリアや能力と企業のマッチングをおこないます。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトとは求人・求職情報を発信し採用企業と転職者の仲介をしている会社です。では、転職サイトと転職エージェントにどのような違いがあるのでしょうか。転職サイトも転職エージェントもどちらも無料で登録・利用することが出来ます。どちらの場合も、大手になれば全国区の求人を持つので転職者に有益な情報を提供してくれます。 対して転職エージェントとは求人・求職情報を発信・支援するサービスを利用者に提供しています。具体的には、転職者のこれまでのキャリアを踏まえて今後のライフプランをカウンセリングし、キャリアアップを目指せるよう支援してくれます。履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、企業面接の練習や講習会など、幅広いサポートで転職者を支援してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントの選び方は?

転職エージェントとはどのようなものか、全体像が見えてきたのではないでしょうか。次に、転職エージェントの選び方をご紹介します。 そもそも転職エージェントは、求人数が多い総合職大手と、専門分野に強い会社にわかれています。また転職エージェントは企業求人を紹介するだけでなく、ハローワークや転職サイトなどに載っていない求人を豊富にそろえています。大手は非公開求人の範囲が広い一方、専門的分野に強いエージェントは専門職の非公開求人を有している場合があります。 複数の転職エージェントを掛け持ちすることも可能です。しかし、各大手エージェントが保有している求人数は非常に多いので、各エージェント同士で同じ求人を保有している場合も少なくありません。だから、転職エージェントを選ぶ際は大手ともう一社、つまり自分の専門的分野など、大手会社と専門に強い会社を選択しましょう。今後のキャリアアップを考えるならば、有効なエージェントを見極めなければなりません。

非公開求人ってなに?

詳しい情報を公開していない求人のことを非公開求人と言います。求人を非公開にする理由は、応募数の過剰な増加を防いだり、求人内容によって新しくチャレンジする事業をライバル企業に知られないためなど、様々なものが挙げられます。様々な理由により公開されない求人も、転職エージェントならば紹介してもらえることがあります。

登録時の注意点

社会人としては当然ですが経歴を詐称してはいけません。先にも紹介した通り、転職エージェントとは転職者を後押ししてくれる存在です。決して経歴などに嘘をつかないよう、堂々と利用に臨みましょう。自分のキャリアに自信がないときは、担当アドバイザーやコンシェルジュを通して正直に相談しましょう。 また、転職エージェントには面接の練習や履歴書添削のサービスもあり、会社によっては一カ月以上にわたる転職サポートをしてくれる場合もあります。 また、登録の際には転職エージェントの支店が自分の地元にあるかどうか確認してください。全国展開しているエージェントではネット経由によるサポートをしてくれるところもあります。しかし、対面でのサポートを受けたい場合は必ずその転職エージェントの所在地を確認しましょう。

登録後の流れ

転職エージェントとは、基本的にインターネットで簡単に登録することが出来ます。各エージェントのサイトに飛び、登録フォームに氏名・住所など必要事項を登録すると、エージェント側から電話連絡もしくはメール連絡が来ます。電話やメールは、必要最低限のカウンセリングや転職者のキャリアや要望などをヒアリングし、今後の予定を立てるために行われます。 最初の顔合わせでは、電話によるヒアリングをさらに発展させていきます。転職以前の仕事はどんなものであったか、あなたの長所はどんなところか、キャリアやスキルに合った企業はどういったものがあるかなど、本格的な転職活動のスタートとなります。 初日から求人を紹介してくれるエージェントもあれば、最初の顔合わせ後は宿題を出すエージェントもあり、サポートの仕方は様々です。宿題の内容はエージェントによって違いがあります。例えば、最初から履歴書や職務経歴書、自己PR文を書いてくるように宿題を出すエージェントもいます。

転職エージェントのメリットとデメリット

転職者に企業を仲介し利益を得る転職エージェントですが、利用にあたってメリットとデメリットが存在します。転職エージェントの存在が自分に有効になるよう、転職エージェントとはどんなメリットやデメリットがあるかを理解したうえで利用を始めましょう。

転職エージェントとはメリットがたくさんある

転職エージェントを利用する一番のメリットは、多くの求人情報を所有しているエージェントに求人探しを任せられるので、転職者が一人で膨大な数の求人を選別するという手間が無いことでしょう。 また、転職エージェントとは採用側企業から利益を得ているので企業側との交流があります。そのため、企業がどのような人材を求めているのかも知っています。運が良ければ、企業側の人事担当者の意向をよく知っているエージェントにサポートしてもらえることもあります。 さらに、担当アドバイザーという第三者から客観的に転職者のキャリアやスキルを見てもらうことが出来るので、自分では思ってもいなかった業界を紹介され、キャリアアップにつながる場合もあります。

デメリットもある

転職エージェントは求人を選んでくれるうえに、面倒で苦手な書類の添削アドバイスもしてくれて、さらに面接練習までしてもらえる便利なサービスだ、と思う方が多いでしょう。しかし、転職エージェントの利用にはデメリットもあります。 実は、先ほどからご紹介している【担当アドバイザー】がまさにデメリットとメリットの境目となります。 転職エージェントとは、転職者の転職をサポートする会社であり、そのサポートは担当のアドバイザーが行います。担当してもらうアドバイザーによって実力に幅があるので、それぞれ得意・不得意や経験の差などが存在します。特に、大手エージェントほど担当のアタリ・ハズレが存在します。自分の行きたい業界に詳しくない、担当者の経験不足でアドバイスが役に立たないといったこともクチコミなどで見受けられます。 また、担当者も優秀な人材を企業に紹介し採用させ利益を得なければならないので、成績の悪い担当者にあたると無理な転職を進められます。逆に、応援どころか転職をあきらめるように誘導してくる担当者も存在します。担当者だけでなくエージェント自体が自分には合わない、といったこともあります。 転職エージェントとは転職者と企業のよりよいマッチングの為に存在します。キャリアアップにつながらない転職エージェントとは距離を置いた方が無難でしょう。転職者は一つの転職エージェントにこだわらず、色々な転職エージェントを利用するのも良い手かもしれません。

大手総合転職エージェントって?

転職エージェントとはどのようなものか、メリット・デメリットを交えてご紹介してきました。次は実際に利用できる転職エージェントとはどんなものかご紹介します。

大手総合転職エージェントとは

大手総合転職エージェントとは営業・販売・サービス業など一般的な職種の求人を広範囲で渡って紹介している会社のことです。インターネット上でのサービスも充実しているので、大手のうちどこか一社だけでも登録するのがおすすめです。

リクルートエージェント

名前を知っている転職エージェントとは。と聞かれれば、多くの人がリクルートエージェントと答えるでしょう。転職成功実績ナンバーワンのリクルートエージェントでは、公開・非公開を合わせた保有求人は10万件の豊富さを誇っています。非公開求人数は保有求人の75%以上、書類作成のサポートから面接対策までを徹底サポートします。名実ともに大手総合転職エージェントと言える会社です。 リクルートエージェントは土日も営業しているので、平日は働きながら次の転職先を見つけることが出来ます。また全国の求人を扱っているので、都心部からIターン・Uターンで転職したいと思っている人にもおすすめです。 ただし、最大手と言っても過言ではない転職エージェントなので、担当者のアタリ・ハズレが存在するエージェントとも言えます。また、大手ゆえに求人数は多いですが、その分利用している転職者も多数存在しているため、条件のよい求人はリクルートエージェント内の転職者同士で取り合いになってしまうこともり、注意が必要です。

マイナビエージェント

マイナビ転職エージェントとは業界専任のアドバイザーが転職をサポートしてくれる転職エージェントです。保有求人中約80%が非公開求人という、求人独占率の高さを誇っています。マイナビエージェントも「知っている転職エージェントとは?」と聞かれれば、必ず名前が挙がる大手総合転職エージェントです。 マイナビエージェントには各業界専任のキャリアアドバイザーが存在するので、転職者のスキルにあった会社企業を紹介してくれます。特に20代と第二新卒のサポートに力を入れている転職エージェントなので、初めての転職で不安だという人におすすめです。 また、マイナビエージェントは時間をかけて条件にマッチングする転職先を探す傾向があるので、「いますぐ転職したい!」という人には若干不向きな面もあります。時間をかけて自分を活かせる職場を探したい、そんな余裕のある人とは相性がいいでしょう。

DODA

DODA転職エージェントとはスカウト制度がある転職エージェントです。年間18,000人以上の転職成功をサポートしており、保有求人の80~90%が非公開求人という独占率を誇っています。またこちらの転職エージェントはインターネット登録をすることで転職者専用のHP管理画面を持てます。そのため、履歴書無しで求人にエントリーすることも可能となっています。 マイナビエージェントでは、各種セミナーも多数開催しています。また、転職者の人柄や価値観、キャリアの志向などを推薦文に添えて企業に勧めてくれます。デメリットとしては、大手総合転職エージェントによくあることですが、担当者によっては専門性の高い業種は苦手な場合があります。DODAは一般職の求人を探す人向きの転職エージェントとなっています。

パソナキャリア

パソナキャリア転職エージェントとは取り扱い求人の約40%が業界技術系求人なことが特徴的な会社です。転職成功者の男女比率を見ると、7:3で男性の方が多くなっていることから、パナソキャリアは男性向けの求人が多くなっていることがわかります。パソナキャリア独自の求人が多いというクチコミもあるほどです。もちろん一般職の求人も多数存在しています。 ちなみに転職に成功した人にはパソナキャリア社員の手作りシューズキーパーがプレゼントされます。しかし、デメリットとしてパソナキャリアはもともと人材派遣の会社であったため担当アドバイザーのサポートやカバー力が弱いとも言われています。

ウーマンキャリア

女性の雇用に特化した転職エージェントとはどこかにないかとお探しの方におすすめなのがウーマンキャリアです。パソナキャリアの姉妹エージェントとして、女性向け管理職や「リケジョ」向け求人などを豊富にそろえています。女性が働きやすいよう企業とのミスマッチがないようにサポートしてくれる転職エージェントです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ転職エージェントとは20代の方など、若い未経験者の転職に強い転職エージェントです。転職エージェントとはどんなものかいまいちよくわからない、どうやって正社員求人を見つければいいかわからないなど、転職初心者にも優しいエージェントです。 書類審査通過率91.4%、内定率80.4%と高い実績がある転職エージェントですが、残念ながら支店が東京にしか存在しないため、関東圏外の利用者にはおすすめできません。逆に東京に通いやすい隣県のかたにはおすすめの転職エージェントとなっています。

type転職エージェント

type転職エージェントとは年収をあげたい、平均給与が欲しいという人に最適な転職求人を紹介・支援してくれる転職エージェントです。 type転職エージェントは、転職者の71%が年収をUPしていると大々的に宣伝しており、国内エージェントの中でも長い歴史とノウハウを持っています。 キャリアアドバイザーも一人一人に専任でつき、そのアドバイザー自身が転職経験者として利用者の立場に沿ったサポートをしてくれます。業界歴が長い type転職エージェントですが、他の転職エージェントとは異なりなぜか利用者が少ないので穴場のようなエージェントとなっています。 デメリットとしては東京・神奈川・埼玉・千葉 にしか支店がないことです。関東を拠点に仕事を探しているかたで他の転職エージェントで満足できない人は、一度登録してみることをおすすめします。

spring転職エージェント

spring転職エージェントとは世界60か国に支店がある外資系人材派遣が運営する転職エージェントです。医療やMRなどのメディカル系の求人も抱える会社です。個別相談やキャリアセミナーなども各地で開催しています。担当コンサルタントはそれぞれの得意分野に精通しており、手厚いサポート力が魅力です。 転職エージェントとはいえ人材派遣から派生した外資系企業なので、国内求人の数が他の大手エージェントに比べて少ないというデメリットがあります。

特化型転職エージェントって?

特化型転職エージェントとは、総合転職エージェントとは異なり専門業種分野に特化した転職エージェントです。総合転職エージェントとは異なり、利用者を限定しているエージェントもあるなど、独自性が強い会社もあります。

ランスタッド

ランスタッド転職エージェントとは正社員にこだわらず、バイト・短期・派遣など、幅広いニーズに対応している会社です。通常の製造系転職エージェントとは違った一面を持っており、早期退職者を対象にした就職支援サービスに力を入れています。障がい者雇用にも特化しています。 リクナビNEXT転職エージェントランキング2016年秋では、コンサルタント個人部門総合ランキング第1位のコンサルタントが在籍するなど、コンサルタントのサポート力が強いのが特徴です。 国内転職エージェントとは違い外資系企業が運営している転職エージェントなので、求人の中にはハイクラスの外資系求人なども存在しています。外資金融系の仕事に興味がある人はおすすめです。デメリットとしては、個人個人のサポートが若干希薄だというクチコミも見られます。とことんサポートしてもらいたい人は、他エージェントと併用するのをおすすめします。

メイテックネクスト

メイテックネクスト転職エージェントとはこれまでの転職エージェントでは専門的な求人内容が薄いと感じる人に向けた会社です。 話をしても自分の専門の業界をよく知らないからイマイチ条件の良い求人に会えない、という人におすすめの製造エンジニア系エージェントです。リクナビNEXTエージェント部門製造系エンジニア支援会社六年連続満足度1位、エンジニア専業転職1位を獲得するなど、製造エンジニア系特化エージェントの最大手となっています。 転職支援コンサルタントは技術出身が多数を占めており、専門性に特化したマッチングを提案してくれます。土曜日曜祝日も対応してくれるので、平日は忙しいエンジニアも利用できます。場合によっては平日夜20時以降も電話対応をしてくれるので、幅広い転職活動ができます。 業界求人常時10.000件以上を保有しており、そのうちの80%が非公開求人という独占率を誇っています。電子・電気・半導体・素材・化成など、専門性に特化したエージェトとなっています。

JACリクルートメント

転職エージェントの選び方とは?大手総合/特化型/地元企業型の違い

JACリクルートメント転職エージェントとは、外資・グローバル系に強い転職エージェントです。特化型転職エージェントと銘打っていますが、特化型の分類としてはハイキャリア求人ゆえの特化型といえます。抱えている求人の中には年収1000万円台の案件もあり、キャリア重視な人向けの転職エージェントです。非常に高水準で在中しているコンサルタントが多く、その質が評判を呼んでいます。 ハイキャリアゆえに、求人数は多いとは言えません。しかし、優秀な人材が能力を持て余してしまうことはまずないでしょう。ハイキャリア案件を扱っているエージェントですので、資格を持っていない方や未経験の転職者には厳しい対応を取るケースもあります。転職してキャリアアップやスキルを身に着けたい人向けではなく、すでにキャリアやスキルがあり、さらに活躍したい人向けでしょう。他転職エージェントとは一線を画していると言っても過言ではありません。

クリーデンス

クリーデンス転職エージェントとは、アパレル系転職エージェントです。ファッション業界求人数が2000件以上あり、アパレル系のデザイナー・パタンナーはもちろん店長や店舗管理業務の仕事を探している人におすすめのエージェントです。 業界の最新トレンドや転職者に有利な採用傾向なども発信しており、アパレル業界に特化したアドバイザーがいます。また、地方住まいの利用者には電話によるカウンセリングも行っています。

WDB.co

WDB.co転職エージェントとは、研究職にむけた人材派遣と転職エージェントの会社です。転職エージェントは使いなくない、という人でも派遣として研究職の仕事ができるようになっています。 就業前には適性保障研修が必須受講となっており、研究職に必要な基礎実験能力の確認や安全衛生確認を行っています。紹介求人の内容としては化学・バイオ・理工学・開発試作など専門性の非常に高い分野があります。しかし、転職エージェントとはいえ本来は人材派遣を主体としているので、転職支援はサポート力の弱い面があります。

ワークポート

ワークポート転職エージェントとは、各専門業界に特化した転職エージェントです。機械・電気・ゲーム・ITなど各専門分野に広範囲で特化しています。 各業界の情報や転職アドバイスのサポートがあり、個人専用の転職支援ツールです。転職コンシェルジュがマンツーマンでキャリアアップを支援します。

地元企業型転職エージェントって?

地元企業型転職エージェントとは、文字通り地元企業に精通した転職エージェントのことです。求人数でいえば大手転職エージェントに引け目を取りますが、地元企業型の転職エージェントは地域企業に根差した就職情報や求人があることが特徴です。 地元経営者から直接求人オーダーがくるなど地域力が売りとなっています。都会から地元に戻るUターン組の獲得などにも力を入れている会社が多いです。

リージョナルキャリア

リージョナルスタイルキャリア転職エージェントとはUターン・Iターンに特化した会社で、北海道・東北・甲信越・関東・東海・関西・四国・中国・九州・沖縄と各地方地域に特化したエージェントとなっています。 大学は関東だったけれど就職は地元で、長年都会で暮らしてきたけれどそろそろ地元に戻ろうという人を応援する大手地方転職推進エージェントです。ほとんどの求人が地元企業からのオーダーによるものとのことで大手転職エージェントにはないコアな求人も存在します。

ジョブキタ

ジョブキタ転職エージェントとは地元ならではのネットワークを活かして北海道の就職・転職をする人を支援する会社です。若い世代だけでなく40代50代の転職も支援しており相談も随時受付中です。正社員だけでなく契約社員や介護職でのパートタイムなども取り扱っています。

ヒューレックス

ヒューレックス転職エージェントとは宮城・仙台を中心に東北に特化したエージェントです。コンサルタントのサポートに力を入れており、専門分野に精通したキャリアアップサポートのプロフェッショナル集団として、仙台・東北での転職を支援してくれます。地元企業と地方創生に取り組んでおり密接な連携で東北での非公開求人情報保有ナンバーワンを誇っています。

にいがた就職応援団キャリア

新潟県内の公開求人件数1000件以上、公開求人件数県内ナンバーワンの転職支援サービスです。転職エージェントとは名乗っていませんが実質県下有数の転職エージェントといえます。 地元だけでなく東京でも面談会を開催しており、サイト上では新潟の魅力を伝えるための地元トリビアを発信するなど新潟の魅力も同時に発信している企業です。

E-CURE

E-CURE転職エージェントとは長野県専門の転職支援会社です。公開求人から社名非公開求人まで長野の地元企業に特化した求人を多数保有しています。北信・東信・中信・南信と長野県を網羅しているエージェントです。 時には転職者の個人情報をふせつつ地元企業の人事や採用者に根回しを行うこともあります。長野の魅力発信はもちろん、どのような地元企業があるのかも自社サイトで発信しています。

パーソネル

パーソネル転職エージェントとは名古屋・岐阜・三重・静岡などの東海を中心に転職支援を行っている会社です。名古屋を中心に20年来地元企業と共に人材を獲得してきた会社で、高いマッチング力により転職者と企業をサポートしてきました。 利益重視の無理な転職は進めず、カウンセリング・ファーストの姿勢で転職を支援してくれます。あくまでも転職者のメリットを優先してくれる転職支援会社です。

コトコト

コトコト転職エージェントとは京都地域に密着した人材紹介会社です。古都で仕事をするという意味のコトコトは、地元企業に特化した意味を含んでおり京都地域の発展に貢献している地元優良企業です。 京都に根付いた転職エージェントらしく求人も大手に出回らないような独占求人案件が多数存在します。また、転職成功後には入社日の調整や給与などの条件交渉も行ってくれます。仕事をしながら転職活動をしている人には円満退社への相談なども受け付けています。

キャプラ転職エージェント

キャプラ転職エージェントとは中国地方(広島・岡山・香川・愛媛)に特化した就職支援会社です。岡山の求人数500件以上、広島の求人800件以上、香川の求人500件以上、愛媛の求人200件以上と、件数だけをみても瀬戸内4県の転職に強いということがうかがえます。 各県の特色の紹介はもちろん、各県の地元企業とタイアップした紹介コラムなど、地元への転職勧誘と地方活性に力を入れている会社です。地元、もしくは瀬戸内で仕事がしてみたいという人におすすめの転職エージェントです。

アソウ・ヒューマニーセンター

アソウ・ヒューマニーセンター転職エージェントとは九州地域の転職を支援する会社です。地元ならではの優良地場求人を取り揃えておりキャリアアドバイザーが転職者のキャリアに合った求人を紹介してくれます。関東・関西でも転職個別相談会を開いています。サイト上では履歴書と職務経歴書のフォーマットが無料でダウンロードできるサービスもあります。

転職を成功さよう!

転職エージェントとはなにか。転職エージェントの選び方や登録の流れ、メリットデメリットをご紹介してきました。転職エージェントにおいて、全国展開している求人数の多い大手転職エージェントは、やはり営業・販売・サービスと幅広い職種の求人に対応しています。一方で、大手の担当コンサルタントは専門的な業界に弱い印象がありました。 特化型転職エージェントは専門性とコンサルタントのサポート力が充実しているのが特徴です。しかし、大手ほどの求人数を保有していないのがトータルでみたデメリットになっています。 地方企業型転職エージェントは地元企業と密接な関係を築いています。県内外から多くの就労者を得るために、公式サイト上で様々な企画コラムの発信もしています。しかし、UターンIターンをする転職者にとっては個別面談の機会が限られてしまうのがデメリットでしょう。 転職エージェントに登録をするのなら、専門性に特化したエージェント1社だけでなく、大手エージェントにも登録するのがベストです。専門的な業種・職種を目指すなら特化型エージェントがおすすめですが、その場合自分自身のキャリアやスキルがどの程度その業界で通用するのかを、事前に調べておくべきです。そうすれば、担当コンサルタントとの認識のずれに悩まずに転職活動を行うことができます。 地方で転職活動をする際には、交通費などの予算などもあらかじめ確保しておきましょう。転職エージェントの利用は無料ですが、地方への採用面接に行く際は転職エージェントによる金銭的支援はありません。都心部から地方へ転職する際には別途費用が掛かることを念頭に置きましょう。 自分の現在状況と今後のライフプランをしっかりと立て、転職エージェントを賢く利用しましょう。

関連タグ

アクセスランキング